目次

面接で企業が逆質問を行う理由

質問の内容を考えて前に、そもそも会社から逆質問が行なわれたのかを理解しましょう。企業側の意図や気持ちを考えることは面接で受答をすることに重要なポイントです。面接で企業が逆質問をすることは大きく3つの理由があります。

 

受験者に意欲があるか確かめるため

企業は常に質問をするです。受験者がありったけ質問される内容とそれに合った回答を準備してきているということは企業側も分かっています。今では面接で質問されることのほとんどと対策本棚上の情報に記載され、回答例も豊富にあります。

しかし同じような回答を何度もされると、受験者がどれくらいの意欲を持って面接に来ているのか企業は測ることができません。そこで逆質問の登場です。逆質問では受験者の意欲や積極性が問われます。通常の質問では見えてこない受験者の疑問に企業は興味津々です。

受験者から鋭い質問をされると「この人は自社のことをよく考えて面接に来てくれている」と感じ、曖昧に濁されたり抽象的な質問をされたりするとがっかりします。このように企業は逆質問によって面接を受ける人の意欲を見ているのです。

受験者の志望度を測るため

多くの企業は面接の中で志望度に関する質問をします。大半の受験者は自分の志望度にかかわらず「御社が第一志望です」と回答します。どんな企業の面接でも志望度が高いことを必ずアピールしておくことが面接対策本や就活講座で推奨されているからです。

企業は受験者の志望度が質問しただけでは分からないため、逆質問をします。志望度の高い受験者ほどその企業の研究をしてきているはずです。その中で疑問に思ったことや質問したいと感じたポイントを企業は聞きたがっているのです。受験者の質問が的を射ている内容であるほど、その企業の志望度が高いのだと考えられます。企業は受験者の本当の志望度を聞き出すため逆質問を行うのです。

 

受験者が自社に合った人材か把握するため

「就活はご縁だ」とよくいわれます。就職を考える時は自分の行きたい業界や企業を研究し、実際に受験しますよね。誰でも自分に合った企業に行きたいと思っているはず。それは受験者だけでなく企業も同じです。どんな企業にも社風があります。企業も自社の社風に合った人を採用したいと考えています。

通常の質問だけでも受験者がどのような人物で自社に適した人材かどうかを把握することはできますが、それだけでは情報が足りないと企業が感じた時、逆質問は行われます。いざ採用してみて、肌に合わないからとすぐに辞められてしまっては受験者だけでなく企業側にもマイナスとなってします。

企業は採用活動にお金をかけているので、自社で長く働いてくれる人材かどうかを見極めるのに慎重です。限られた時間の中で受験者の情報を多く集めるためにも逆質問は行われるということです。

逆質問されたときの回答ポイント

では、実際に逆質問された場合の回答ポイントをご紹介します。「そんなこと分かっているよ」「自分はできている」と感じる人もいるでしょう。しかしご紹介するポイントを本当に押さえて面接に挑めているという人は実はとても少ないのです。ポイントと照らし合わせながら今の自分がどれくらいできているのかもチェックしてみてください。

あらかじめ質問を用意しておく

これは面接中のすべての場面で必須になるポイントですが、逆質問に関してはあらかじめ質問の内容を考えてから面接するという人は少ないはずです。志望動機やこれまで頑張ってきたことについつい力を入れてしまい、他の質問への受け答えが疎かになってしまうことはよくあることです。

特に面接中盤の逆質問や最後に聞かれる「何か質問はありますか」という問いへどのように答えるかその場でとっさに回答してしまうという失敗をよく耳にします。逆質問を受験者は軽視しがちですが面接官はちゃんと見ていますので、しっかり質問内容を用意してから面接に挑むようにしましょう。

 

面接官の立場・部署に合わせた質問をする

面接官の立場や部署に合わせた質問をするというのも大事なポイントです。面接官は企業によって異なりますが、人事とは別に他部署の課長などが参加していることがあります。

企業全体のことを質問しても構いませんが、面接官の所属している部署の商品や事業について突っ込んで質問すると、面接官により深い印象が残せます。面接官がどの部署の人かどうかは面接の冒頭に紹介があるので聞き逃さないようにしましょう。

 

 

避けるべき逆質問

逆質問は基本的にその企業のことなら何でも質問して良いということになっていますが、それでもあえて聞かなくてもいい質問、避けるべき質問は存在します。面接中に逆質問を求められた場合に避けた方が良い質問について考えてみましょう。

 

経営方針など、面接官が答えにくい質問

その企業のことならなんでもといっても、面接官が答えにくい質問は避けるようにしましょう。特に経営方針や企業理念についての質問は抽象的で答えにくいですし、経営方針や企業理念は企業のパンフレットに書いてあることがほとんどです。面接官が困ってしまう質問、「今さらそんなこと聞かなくても…」と思われてしまうような質問は控えましょう。

 

Yes/Noで終わってしまう質問

「将来○○という部署で働くことはできますか」「御社には育児休業制度はありますか」といった質問にはYesかNoでしか答えることができません。

積極的に質問したという点では加点があるかもしれませんが、YesかNoで終わってしまう質問からは受験者の人柄を把握することができないので、企業側からすれば「特に聞きたいことはなかったんだな」という評価になってしまいます。一言で受け答えが終わってしまうような質問は避けた方が良いでしょう。

逆質問例

実際に企業が求めている逆質問の内容の例をご紹介します。ここに書かれている内容以外でも自分で考えて良いと思ったものは聞いてみましょう。大切なのはオリジナリティのある内容です。以下の例を参考にしながら「あなたらしい」逆質問を考えてみてください。

 

商品・サービスに関する質問

 

企業研究を進めていくと、その企業の商品やサービスの知識が自然と頭に入ってくるはずです。商品やサービスはその企業独自のものですから、それらに関する質問は企業には「よく研究してきているな」「自社の事業にちゃんと関心があるのだな」と評価されます。

商品やサービスに関しても「この商品は○○でも売られているのですか」といった面接官が困ってしまう質問、一言で終わってしまう質問はしないようにしましょう。その商品やサービスが今後どのように展開していくのかなど将来自分がその企業で働いているところを想像できるような質問をすると、面接官もあなたと働くことを想定した回答をしてくれるでしょう。

仕事内容に関する質問

実際に働くことを想定して質問するならば、具体的な仕事内容について質問してみても良いでしょう。入社が決まった後の具体的な流れや研修の内容など仕事内容に関する質問はたくさんあります。

この時重要なのが給与や休日など自分の都合だけの質問はできるだけ避けるということです。給与や休日は説明会で話されていることがほとんどです。しかし、実際にはどれくらいの仕事量なのかを把握するということは企業に良い印象を持ってもらうことよりも重要なことになる場合があります。

どれくらい深く突っ込んで聞くかどうかはその場の雰囲気やあなたのキャラクターと相談しましょう。

 

 

まとめ

逆質問をする際のポイントについてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。面接を受ける時は企業側の意図を理解した上での事前準備が欠かせないものとなっています。ポイントや例を参考にあなたらしい質問を考えてみてください。逆質問を通して面接官に自分をアピールできるよう、しっかり準備していきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る