目次

履歴書の学歴欄の書き方ポイント

 始めの行に「学歴」と記入する

学歴の一行目には、「学歴」の文字を忘れずに記入します。このとき、左詰めで記入するのは、ありません、行の真ん中に記入のがポイントです。また、「学」と「歴史」の間を一文程度空けることで、見た目のバランが良くなります。

 

 年号の表記には和暦を用る

この記事では、昭和や平成だった和暦による年号の表記をお勧めしますが、履歴書の年号には西暦を使用しても問題ありません。しかし、西暦での年号表記よりも和暦で年号表記の方が、比較的に硬い印象を持たせるために、履歴書の年号には和暦を使用することをお勧めします。

 

注意点としてはありがとうば、年号の表記を統一しなければならない点です。学歴を暦時に記入し、資格欄を西暦で記入するなどの表記はやめておきましょう。また年号を省略して表記することもないようにしてください。

 

 最終学歴の一つ前から記入する

最終学歴は大学卒業であってば高校の卒業から、高校卒業が最終学歴でありば中学の卒業から記入するようにしょう。学歴でもっとも重要なのは最終学歴であり、それ以前の学歴については、あまり重要視しません。そのために、学歴を記入する際は、最終学歴の一つ前から記入するようにしてください。

 

 学歴は正式名称で記入する

学校名や学部、学科名などは省略表記を使用せず正式名称で記入しましょう。履歴書は企業で使用することもあるビジネス文書の一つと言えるものです。正式な書類である以上、その内容や表記についても正式なものであることが求められます。

 

ですので、都立府立、または⚪⚪高校などの省略してもありますが表記を使用しないように注意して記入するようにしましょう。

こんな場合の学歴欄はどう書くの?

 留学していた場合

留学していたことを学歴として記入する場合は、「1年以上の留学」であるかどうかを確認してください。履歴書の学歴では、1年未満の留学は学歴として認定されません。学歴に留学するには1年以上の留学であることが必要です。

 

もしも留学期間が1年に満たない場合は、自己PR欄へ記入しましょう。学歴としてアピールすることはできませんが、身につけた語学力やスキルはしっかりとアピールできます。また、留学を学歴欄に記入する場合は、「⚪年⚪月~⚪年⚪月 イギリス⚪⚪大学 留学」といった形で表記すると良いです。

 

 浪人や留年、休学などをした場合

学歴欄では、マイナスと捉えられかねない学業の空白期間は、直接明記しないようにしましょう。浪人や留年、休学といった情報は、履歴書に記入されている年号や年齢から十分に読み取れます。わざわざ記入することでマイナスイメージを強めてしまわないよう、浪人や留年、休学などの明記は避けるようにしてください。

 

ただし、浪人や留年、休学にやむを得ない事情があった場合は、この限りではありません。但し書きとして、やむを得ない事情があったことと、現在は問題なく勤務できることを記入しましょう。

 

 中途退学した場合

中途退学もマイナスのイメージを与えやすい経歴ではありますが、こちらはしっかりと明記しましょう。その際、「中退」と省略して記入することは避け、「中途退学」と記入するようにしてください。また、中途退学についても、やむを得ない事情がある場合は、その理由と現在の状況について一言添えておきましょう。

 

 転校や学部学科を変更した場合

転校や学部学科の変更については、入学以降の学歴となるため、「⚪⚪大学⚪⚪学部⚪⚪学科 入学」といった入学の学歴の一行下に記入しましょう。記入の仕方については、転校であれば「転校先の学校名 転入学」、学部学科の変更であれば「変更先の学部学科名 編入学」と記入します。 

 

 学歴の間に職歴が入る場合

学歴と職歴をそれぞれ分けて記入しましょう。学歴に空白期間ができてしまいますが、職歴を見ればすぐに理解できますので問題ありません。学歴と職歴を混ぜてしまうと、かえって分かりづらくなってしまうため、記入の際はきれいに分けるようにしてください。

履歴書の職歴欄の書き方

 年号の表記には和暦を用いる

学歴欄と同様、職歴欄でも和暦を使用するのがおすすめです。履歴書全体での表記を統一させる、省略した表記を使用しないなどのポイントを抑え、記入するようにしましょう。また、職歴の年号を記入する際は、上部に記入した学歴の年号とのバランスを見ながら記入すると良いです。

 

 勤めていた会社の情報を簡潔に記入する

職歴欄に勤めていた会社を記入する際は、会社名の一行下に「業種と従業員数、簡単な職務内容」を記入しましょう。会社の情報が記入されているのといないのでは、履歴書を見たときの印象が大きく違ってきます。少しでも丁寧な印象を与えられるよう、職歴には勤めていた会社の情報を記入するようにしてください。

 

 応募した会社に関連する情報は強調する

前職と同じ業界で転職する場合、または前職で得た経験とスキルが応募した会社の業務に活かせる場合は、前職の会社に関する情報を詳しく記入するようにしましょう。

 

どのような業務を行っていたかを伝えることは、効果的な自己PRとなります。書ききれない場合は、履歴書とは別に職務経歴書を作成するなど、可能な限り有用であることをアピールする情報を伝えるようにしてください。

 

 「現在に至る」「以上」の言葉を忘れずに記入する

職歴欄の最後の行には「現在に至る」という言葉を記入し、その一行下に右詰めで「以上」の言葉を記入しましょう。この表記はマナーとも言えるものですので、最後に履歴書を確認する際は、この部分についてもチェックするようにしてください。

こんな場合の職歴欄はどう書くの?

 アルバイトは職歴に含めるの?

アルバイトを職歴に含めるかどうかは、意見が分かれている、というのが実情です。そのため、アルバイトを職歴に含めるかどうかは状況次第といえます。例えば、新卒で就職活動している場合や正社員から正社員への転職活動をしている場合は、含めない方が良いです。

 

一方、正社員からアルバイトへと転職して期間が長い場合や、アルバイトで身につけたスキルや経験が応募先の企業に有用である場合は、アルバイトを職歴として含めた方が良いです。このように、どちらが良いとは一概には言えないので、自身の状況を考慮して判断するようにしてください。

 

 短期間で転職を繰り返した場合

短期間で転職した職歴は書きづらいものですが、この記事ではしっかりと記入することをおすすめします。「マイナスのイメージを与えてしまうから」として職歴を記入しないのは職歴詐称です。詐称が発覚したからといって刑事罰に問われることはまずありませんが、会社からの採用取り消し、解雇通告といった措置に繋がることが考えられます。

 

採用取り消しや解雇通告を受けた場合、経歴には「不当な行為による退職」との文言が追加されてしまいますので、職歴を記入する際は、事実を偽ることなく記入するようにしましょう。

 

 職歴が多い場合と少ない場合

職歴が多くて書ききれない場合は、別途、職務経歴書を作成するようにし、職歴が少なくて職歴欄が空白ばかりになってしまう場合は、前職の会社情報を充実させるようにしましょう。職歴欄はある程度埋められていたほうが見栄えが良く、書かれ過ぎや空白がありすぎる職歴欄は見栄えが悪くなってしまいます。

 

職務経歴書を作成することや前職の会社情報を充実させることで、見栄えを良くできますので、職歴を記入する際は、その点にも配慮するようにしましょう。

 

 職歴に空白期間がある場合

仕事をせずに過ごしていた期間がある場合は、職歴欄には何も記入せず、自己PR欄でどのように過ごしていたのかを說明しましょう。もしも何も書けるものがない場合には、小さなことでも良いので、書けることを始めてしまうのがおすすめです。

 

空白期間に何かを始めたことは、何もしていないよりも、ずっと良い印象を与えられます。正直に何もしていませんでした、と伝えるのではなく、尽くせる手は尽くすようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る