目次

面接で志望動機が聞かれる理由

履歴書やエントリーシートでは記入しなければならないのは志望動機の欄です。それもそもそも企業は面接で志望動機を聞いてくれるのですか。企業は受験者が自社に本当に入社したいと思っているのかを一番に見ています。なになら志望動機を聞けば受験者が本気で入社したいと考えているか判断することからです。

受験者の中には特に理由もなく就活の「保険」や「持ち駒」としてその企業を受験している人もいます。そのことは企業も十分理解しています。他社よりも自社に入社してくれる人を採用したいというのが企業の考えです。志望動機の内容によって自社に入ってくれそうかどうかはある程度判断することができます。そのため企業は何よりも志望動機を重要視しているのです。

受験者数が多ければ多いほど企業の人事はたくさん届くエントリーシートを読まなければなりません。全ての項目にじっくり目を通す時間が十分にないという企業がほとんどです。そんな中、企業はどのように効率良くたくさんのエントリーシートをさばいているのでしょうか。それは、エントリーシートの一番最初にある志望動機の項目を読んで数を絞っているのです。志望動機が自社に適したものだと感じられた場合はぜひ面接に進んでほしいと企業は感じます。反対に志望動機が的外れなものだった場合そのエントリーシートはもう読まれることはありません。エントリーシートの次の項目を読んでもらえるかは志望動機しだいということです。

就職活動がうまくいくかどうかは志望動機にかかっていると言っても過言ではありません。企業が志望動機を聞く理由を考慮した上で対策していきましょう。

良い志望動機のポイント

志望動機には評価されるものとされないものがあるとお伝えしましたが、企業にとって良い志望動機とはどのようなものなのでしょうか。「この人にはぜひ入社してもらいたい」と思ってもらえる志望動機のポイントをご紹介します。

求める人材と合っている

企業が一番求めているのは自社に適した人材です。就職活動はご縁が大切といわれていますが企業にとってもそれは同じです。今自分たちの会社がどのような状況で、どのような人に来てほしいかは企業によって異なります。たとえば、ものづくりを任せられる人に入社してほしいと思った時、ものづくりがしたい人とものを売りたい人がいた場合どちらを採用するでしょうか。
 
言うまでもなく、ものづくりがしたい人ですよね。このように企業と受験者の間でしてほしいこととしたいことが一致していると採用される確率が高くなります。受験する企業が求める人物像に自分は当てはまっているか考えながら志望動機を練るようにしましょう。
 

「その会社」に入りたい理由が明確

 
どの企業を受験しようか考えた時、そこには「この会社でこんなことがしたい」「この会社なら自分の得意なことができる」といった入社したい理由が隠れています。ひとつの業界の中にはたくさんの企業があります。数ある中から選ばれた企業は一体どのような理由で受験したのだろうと受験者に興味を持ちます。この時、志望動機の内容に他社よりも自社に入りたいと思う明確な理由がある場合、企業はなるほどと納得します。
 
反対に他社であっても良いような内容になっている場合、「うちでなくても良いのではないか」という疑問が企業側に芽生えます。面接でその点を深く聞いてもらえれば良いですが、限られた時間の中では「この人はうちでなくても良いのだ」と解釈され次のステップに進めない可能性があります。志望動機を考えるときは他社ではなくその会社に入りたい明確な理由を自分に問いかけるようにしましょう。
 
この時、志望動機の内容に他社よりも自社に入れたいと思う明確な理由がある場合、企業はなるほど納得します。反対に他社であっても良いような内容になっている場合、「うんでなくて良いのではない」と疑問が企業側面接でその点を深く聞いても良いですが、限られた時間の中で「この人はうちでなくても良いのだ」と解釈され次のステップに進めない可能性がありますあります。志望動機を えるときは他社ではなくその会社に入りたい明確な理由を自分に問いかけるようにしましょう。
 

入社したら貢献できることが含まれている

 
入社後どのようなことで活躍できるかが具体的になっている志望動機は企業からプラスに評価されます。受験者の多くは入社したい理由を志望動機にしていますが、その中でも入社後のことを見据えている人は少ないものです。今までしたことのないことに挑戦するのですから入社後のことを考えられないというのは仕方のないことかもしれませんが、ここで想像力を働かせられるかどうかで他の受験者と差別化を図ることができます。入社後、自分がどのような部署でどんな仕事をしているのか想像してみてください。志望動機はすでに入社した気持ちになって考えることがポイントです。
 
 

NGな志望動機とは

ここまでは企業からプラスに評価される志望動機の考え方についてお伝えしてきましたが、反対に企業がNGを出す志望動機とはどのようなものでしょうか。企業から「この人はちょっと…」と思われてしまう志望動機について見ていきましょう。
 

あいまい・漠然としていて「志望している理由」が伝わらない

 
エントリーシートの段階で落ちてしまう人の多くは、志望動機が漠然としていて自分の思いを企業に伝えきれていない人です。他社と比較したときにその企業でなくても良さそうな漠然としたものやそもそも何故志望しているのか分からないといった曖昧な志望動機は企業にはじかれやすくなります。
 
「どこでも良いからとりあえず就職したい」「不安だから受けておきたい」と考えている人は志望動機が浅い表面的な内容になってしまいがちです。企業は「とりあえず入社したい」という人よりも「なにがなんでもここに入りたい」という人を採用したいと考えています。他の受験者も言っていそうなありきたりな内容のものやうちでなくても良いだろうと思われかねないような漠然とした志望動機は避けるようにしましょう。
 

待遇面のみを強調

 
就職活動を始めて受験する企業を選ぶ時に判断基準となるものの一つが企業の待遇や福利厚生ですよね。たしかに待遇面は受験するかどうかを決めるのに重要なことですし、志望する理由になるという人もいるでしょう。しかし、待遇面ばかりを強調した志望動機は企業にはあまり好まれません。受験者にとって大切なことと企業にとって大切なことは違うからです。自分の考えを持つことは大事なことですが企業が何を求めているのかを忘れてはいけません。
 
もしもあなたが企業で採用する立場にいるとしたら、自分の都合ばかりを押し付けてくる受験者のことをどう感じるでしょうか。あまりプラスの印象は持ちませんよね。他の受験者で自社に適していると思える人が現れたら待遇面ばかりを強調してくる人は迷わずに落としてしまうはずです。待遇面を企業選びの基準にすることは大切ですが、企業にそのことをアピールしすぎるのは印象があまり良くないので避けましょう。

志望動機例

志望動機を考える際に必要なポイントは「企業の求める人物像に合っていること」「その会社に入りたい理由が明確であること」「入社後のことが含まれていること」の3つであるということをお伝えしてきました。ここからは具体的な志望動機の例を見ていきましょう。あくまでも例ですので実際の志望動機は自分で考えるようにしてくださいね。
 

飲食店の場合

 
「私は現在都内にある居酒屋で週に3日アルバイトをしています。働く中で店員の演出や対応によってお客様が心地よく過ごしていただける場になるかどうかが決まるということが分かり、どうしたらよりお客様にとって快適な空間を作れるか考えるようになりました。貴社は飲食業界の中でもお客様のことを考えた空間を作り出すことに重点を置いている会社であると伺いました。お客様のことを第一に考えている会社で空間をデザインする仕事がしたいと思い、貴社を志望致しました」
 

電気メーカーの場合

 
「貴社の主要事業である半導体事業は国内シェアの4割を占めています。私は工業系の学部で電子機器の製作について学んできました。半導体は電子機器の中にあるため日の目を見ることは少ないですが、今日製造されている電子機器には半導体が必要不可欠です。私は貴社の半導体が精密で信頼のおける製品であることを広く知ってほしいと考えています。貴社に入社し、これまで学んできた電子機器の知識を生かしながら多くの人に必要とされる半導体事業部を目指したいと思い、志望致しました」

まとめ

企業が志望動機を聞く理由と志望動機を考える際のポイントについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。志望動機は自分が入社したいと思う理由について具体的に述べられていれば評価されます。自分がしたいことと企業がしてほしいことの共通点を探してうまく就職活動を進めていきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る