目次

就活時のメイクのポイント<肌>

 就活時の肌メイクの仕方を、段々ごとに紹介します。順序良めをすることで、テカリやヨレなどの化粧崩れを抑えることができます。

 

  - ベースメイク

 洗顔をすることで余分な油分を落とし、化粧水や乳液でしっかりと保湿します。

もベタつくような、ティッシュで軽く押さえて良いでしょう。

 

しっかりと保湿をしたらムラにならないように、日焼け止めを顔から首にかけてしっかりと塗り、紫外線対策をします。

 

基礎化粧品で、土台となる素肌を整えることで化粧ノリが良くなります。

 

 日焼け止めでしっかりと塗れたら、化粧下地を塗ります。

化粧下地には、メイクの持ちやノリを良くする役割があるほかにも、毛穴やくすみ等の肌トラブルのカバー、クマや赤み等の肌の色を補正する役割があります。

UV効果のある化粧下地を使う場合は、日焼け止めを塗る必要はありません。

 

 化粧下地には、イエロー系やピンク系、ブルーやグリーン系の物があります。

色によって役割がありますので、使い分けるようにしましょう。

 

【イエロー系】…色黒の方にオススメ

赤みや肌荒れの跡が気になる方は、イエロー系の下地を使うと目立たなくなります。ブルーやグリーン系も赤みをカバーしてくれるのですが、色黒の方には向いていません。

 

 色黒の方は、あまり赤みが目立ちにくいので、肌に近いイエロー系で整えることでくすみも目立たなくなり肌なじみが良くなります。

 

【ブルーやグリーン系】…色白の方にオススメ

 赤みや肌荒れの跡が気になる方は、ブルーやグリーン系の下地を使うと目立たなくなります。赤の反対色がブルーやグリーン系となるため、しっかりとカバーしてくれます。

 

 色白の方が、ブルー系の下地を使うと顔色が悪くなってしまいます。グリーン系にはイエローが混ざっているので、色白の方はグリーン系を使うようにするとより肌なじみが良くなります。

 

【ピンク系】…色白の方にオススメ

くすみや青白い肌が気になる方は、ピンク系の下地を使うと目立たなくなります。ピンク系は、肌を明るく見せる効果があります。ピンク系でもパープル寄りのピンクですと、落ち着いた印象になります。

 

 自分の肌の悩みに合った化粧下地を塗ると顔色がパッと明るくなります。

 

 ‐コンシーラー

 化粧下地を塗っても、赤みやくすみ、目の下のクマが目立つようならコンシーラーを塗ってカバーします。

コンシーラーを塗ることで、ファンデーションの厚塗りを防ぐことができます。

 

 パウダーのファンデーションを使う際は、化粧下地を塗った後にコンシーラーを塗ります。

リキッドファンデーションを使う際は、リキッドファンデーションを塗った後にコンシーラーを塗るようにします。

 

コンシーラーは厚く塗らないように気をつけましょう。厚く塗ってしまうと逆に浮いて目立ってしまいます。

 

 ‐ファンデーション

 ファンデーションは、パウダータイプとリキッドタイプの2種類あります。

どちらも肌の色や質を補正して、綺麗に見せてくれます。塗り方は、顔の中央から外側に向けて、薄く伸ばしていきます。

 

 乾燥肌の人やカバー力を重視したい方は、リキッドタイプがオススメです。パウダーファンデーションは、脂性肌の人や軽い仕上がりにしたい方にオススメです。

 

 就活時は、パウダーファンデーションを使うようにすると良いです。

軽い仕上がりになるだけではなく、緊張からくるテカリも防ぐことができます。

 

  ‐フェイスパウダー

 フェイスパウダーには、パウダー状のものと固形のものと2種類あります。

メイクの仕上げにフェイスパウダーを使うことで、肌を立体的に見せメイクの持ちを良くしてくれます。

 

 ツヤのある仕上がりにしたいのであれば、パールなどが入ってる「ツヤ肌タイプ」の物を選ぶようにします。上品な仕上がりにしたいのであれば、「マット肌タイプ」の物を選ぶようにします。

 

 フェイスパウダーは、ファンデーションに比べ油分が少なく、汗や皮脂を吸収してくれます。そのため、化粧直しの際にはファンデーションを塗るのではなく、フェイスパウダーを付けると良いでしょう。

 

 ファンデーションと同様に、顔の中心から外側に向けて塗っていきます。目の周りなど細かな個所は、パフの端を使って塗っていくようにすると綺麗に仕上がります。

 

 フェイスパウダーにもいくつかの色合いがありますので、自分の肌に合った色を選ぶようにしましょう。

就活時のメイクのポイント<チーク>

 ファンデーションやフェイスパウダーで肌を整えたら、チークを必ず入れましょう。

チークをしないとのっぺりとした顔になってしまい、ぼやけた印象の顔になってしまいます。

 

 ‐色

 チークの色は、ピンク系かオレンジ系のものを選ぶようにします。レッド系など濃い色は避けましょう。

 

ピンク系のチークは、上品で優しい顔立ちになります。オレンジ系のチークは、活発で元気な顔立ちに仕上げてくれます。

 

 面接を受ける会社の社風や志望動機などによって、チークの色を変えてみるのも良いです。

 

 ‐塗り方

 チークには、パウダータイプとリキッドタイプがあります。就活時には、パウダータイプを使うことをオススメします。

 

リキッドタイプだと色味が濃く出てしまうからです。パウダータイプのチークだと頬全体にふんわりと入れることができます。

 

 上手なチークの仕方は、笑った時の頬の一番高い位置からこめかみに向けて、ふんわりと入れるようにすることです。力を入れ過ぎないように、軽くはたくようにすると自然な仕上がりになります。

就活時のメイクのポイント<アイメイク>

 就活時のメイクで一番のポイントとなります。面接官は、必ず目を見て質問をしてきます。ナチュラルで綺麗に仕上げていると印象が良くなります。

 

普段通りのアイメイクの仕方で、就活時のメイクをすると目だけ浮いてしまいます。普段メイクをしている方ほど、苦戦するポイントとなります。

 

 ‐アイシャドウ

 アイシャドウの色は、ラメが入っていないブラウン系のものを使うようにします。ナチュラルメイクの定番カラーでもあり、自然な仕上がりで目を大きく見せてくれます。

 

 濃い色やラメ入りのアイシャドウだと、目の印象が強くなりすぎてしまいます。また、ピンク系の色は避けるようにしましょう。メリハリがなく腫れぼったい印象になってしまいます。

 

 また、ラメの入っていないブラウンだからといって、重ね塗りをして濃くしないようにしましょう。淡い色をアイホール全体に塗ってから、徐々にグラデーションにしていくことで自然に目を大きく見せることができます。

 

 ‐アイライン

 アイラインは、ペンシルを使うようにすると良いでしょう。リキッドタイプのものですと、どうしても濃くなってしまいキツイ印象を与えてしまいます。

 

 ペンシルはリキッドよりも優しい印象に仕上がります。就活時には、ペンシルタイプのアイラインを使うこと良いでしょう。

 

太めにアイライン入れるのではなく、まつ毛の間を埋めるようにすると自然な仕上がりになります。色は、黒色か茶色のどちらかにします。

 

 つり目の方が黒色のアイラインを使うとキツイ印象になってしまいます。アイラインを茶色にすることで、目元をはっきりとさせるだけでなく、優しい印象に仕上げてくれます。

それでも気になるようなら、目じりを下げればより優しい印象になります。

 

 ‐マスカラ  

 ビューラーでまつげを挟んでしっかりと上向きにします。ホットビューラーであげるとより上向きのまつげをキープすることができます。

 

 上向きにしたまつげにマスカラをつけます。マスカラはダマにならないように気をつけながら、根元からまつげを持ちあげるようにつけると良いです。

 まつげが上がっていると、はっきりとした目元になります。

 

 マスカラが乾いてしまってから、重ねづけをすると確実にダマになるので止めましょう。

たまにマスカラの代わりに、つけまつげをしている方がいますがつけまつげは控えましょう。

就活時のメイクのポイント<眉>

 就活時に問わず整えるようにします。就活時の眉毛は、ナチュラルに仕上げましょう。

アイブロウで眉の全てを書くのではなく、パウダータイプの物を合わせて使うと良いでしょう。

 

 ‐色

 就活時の眉の色は、黒色若しくは茶色を選ぶと良いです。色の選び方は、髪の毛の色と同じ色合いのもの、髪の毛の色よりワントーン明るいものにします。

 

 髪の毛の色よりワントーン明るい色で眉を書くと、明るい印象になります。

 

 ‐書き方

 基本はパウダーを使って、眉頭から眉山まで平行になるように眉を書いていきます。眉頭から眉山までパウダーを付けていき、眉山から眉尻にかけて足りない部分をペンシルタイプのもので書き足していきます。

 

 眉毛を書き終えたら、鏡で左右の形と色合いをチェックし全体をブラシや綿棒で馴染ませていきます。

就活時のメイクのポイント<口紅>

 就活時には口紅を塗るようにします。リップクリームのみや口紅を塗らないというのは、良くありません。

 

 面接中は口元にも目線がききます。口紅を塗ることで、血色が良くなり顔色が明るくなります。

 

 - 色

 就活時の口紅の色は、ピンク系やオレンジ系を選ぶようにしましょう。ピンク系やオレンジ系でも、ベージュにベースになっているのに肌馴染みが良くなります。

 

 レッドや濃いピンクなどの派手な色は、就活時には避けようとします。

 

 - 塗り方

 口紅を塗るときには、必ず先にリップクリームで唇に潤いを与えて整えます。リップクリームを塗っていないと、唇がカサつけではなく、皮が捲れてしまった縦にわが目立つしなかったからです。

 

 リップクリームを塗ったら、唇の中央から外側に向かって塗ってきます。唇の奥まで塗るのではなく、鏡で見える範囲に口紅を塗るようにします。

 唇の奥まで描いてしまうと、歯に口紅が付いてしまって恐れがあります。

 

 口紅を塗り終えたら、ティッシュオフしましょう。ティッシュオフすることで、余分な口紅を落として色ムラを無くすことができます。

就活時のメイクのポイント<髪型>

 就活時に必ずと言っていいほど、髪型はチェックされています。

明白な髪色ではない、きちんと手入れがされているのか、奇抜な髪型ではないかなどを見ています。

 

 就活時は地獄に戻っておかしく、地毛に近いブラウンにしておきましょう。

企業によっては、髪色に厳しいとかもあるので事前に調べておけがあります。

 

就活時には、お辞儀をすることが度々あります。その度に髪の毛が顔にかかってしまった、手で押さえていると印象が良くありません。

髪が長い方は、後ろで一つに束ねるハフェップにすると良いでしょう。

まとめ

 就活時の身だしなみは、大変重要なポイントとなります。就活時にメモをするのは、基本です。ナチュラルに仕上がるようにします。普段ノーメイクの方もメイクをされている方も就活時のメイクを練習しますてきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る