目次

超基本!エントリーシートの書き方

手書きで丁寧に

エントリーシートは基本的に手書きで書くことになりますので丁寧な字を心がけましょう。
 
「そんなこと誰も知ってるよ!」と思った人もいますよ。しかし実業インターンシップに応募する時は複数の企業にエントリーシートを提出する人が多いはず。たくさんの書類を書いているとつな手を抜きたくなってしまったのが人間です。
 
インターンシップを募集している企業の中にはWEB上でエントリーシートを提出できるところもあります。しかし一部を除いてほとんどの企業が手書きするようにと指定してきます。特に指定がない場合もエントリーシートはワープロではなく手書きで書くようにしましょう。

黒ボールペンで書き、修正液は使わない

エントリーシートを書き損じてしまった場合、修正液などを使用して訂正ことは避けるようにしましょう。エントリーシートで誤字脱字をした時は修正ではなく一から書き直すのが一般的です。これはインターンシップだけでなく、実際の就活でも同じですので注意するようにしてください。
 
誤字脱字のあるエントリーシートは採用担当者に悪い印象を与えてしまう可能性があります。エントリーシートは鉛筆で下書きをしてからボールペンなどで清書すると良いでしょう。下書きは誤字脱字を防ぐだけでなく誤った表現などを見つけることができます。

エントリ-シートは「企業へのラブレター」

エントリーシートというのはあなたの熱意を企業に示すために書くものです。自分をアピールし、相手に好意があることを伝えるという点でエントリーシートは企業へのラブレターともいえます。あなたはどんなラブレターをもらったら嬉しく思いますか。丁寧に書かれたものでしょうか。心のこもった言葉でしょうか。
 
あなたの気持ちを採用担当者に伝えるのがエントリーシートの役割です。ラブレターと同じように、エントリーシートも受け取る人の気持ちを考えながら書きましょう。

基本情報の書き方

エントリーシートの基本情報とは、氏名や住所、学歴などの個人情報のことです。ここで間違えてしまうと嘘の情報を記載していることになってしまい、最悪の場合参加の取り消しにつながります。基本情報は正確に記入していきましょう。
 
エントリーシートには記入日を書く欄があります。特に指定がない場合は和暦と西暦どちらでも構いません。記入する日付はエントリーシートを手渡す、または郵送する日にしましょう。
 
氏名は大きくはっきりと書きましょう。氏名が小さくて弱々しい字だったら読んだ人は「この人は元気がないんだな」と思ってしまいます。また氏名の漢字は戸籍に載っているものを使用するのが一般的です。氏名は正確に書いてください。
 
住所は現在住んでいる住所と帰省先の住所を書く欄に分かれています。現在住んでいる住所と帰省先が同じ場合は2つの欄に同じことを繰り返し書きます。欄が並んでいる場合は「同上」と書き添えるだけでもOKです。住所も氏名と同様に戸籍に載っている正確なものを書くようにしましょう。
 
エントリーシートの基本情報は戸籍に載っているものを書くようにします。もしも選考の途中で住所が変わるなどした場合はすぐに採用担当者に連絡しましょう。

学歴・職歴の書き方

学歴

学歴は特に指定がない場合は高校卒業から書きます。企業によっては中学校からそれぞれ欄が指定されていることがあるので、その場合は欄に沿って記入していきましょう。最終学歴は卒業見込みまで含めて書くようにしてください。最終学歴の下に「以上」と書き添えることを忘れずに。

職歴

「職歴にアルバイトのことを書いてもいいの?」という疑問を持っている人がいるはず。エントリーシートの職歴の欄にはアルバイトのことは書かないのが基本です。アルバイトしか経験がない場合は職歴の項目の下に「なし 以上」と書き添えるだけで大丈夫です。
 
「学校の先輩の仕事を手伝った」「NPOで職員として働いていた」という人は職歴の欄にそのことを書いても良いでしょう。職歴というのはお給料をもらって正式に働いた記録のことですのでボランティアの場合は記入を控えるようにしましょう。

自己PRの考え方

基本情報の次に書かなくてはいけないのが自己PRの項目です。応募の殺到する企業では送られてくるエントリーシートをじっくり読む時間がありません。そのため多くの企業がエントリーシートに書かれている重要な部分だけ読んで合否を決めています。その重要な部分の一つが自己PR文なのです。ここでは自己PRの基本的な考え方を見ていきましょう。

自分史などで経験を洗い出す

自己PRの内容を考える前にしなければならないのが自己分析です。「自己分析って具体的には何をすれば良いの?」と思う人も多いはず。自己分析は言い換えれば「これまでの自分を振り返ってみる」ということです。
 
自己分析は、自己PRとなる経験を掘り出すのにも最適な方法です。これまでの学生生活の中であなたが力を注いできたことは何でしょう。人によって異なるはずです。学業に専念したという人もいればアルバイトやサークルに時間を費やしたという人もいるでしょう。そうした経験から身に着けたスキルや学びが自己PRにつながるのです。
 
まずは自分史を紙に書き出してみましょう。時系列に沿って今まで経験してきたことを洗い出していきます。大学生になってからでも良いですが、小中学生の頃から振り返ってみると自分の意外な一面や無意識にしていたことなど思わぬ発見があります。自分史に書き出す経験は細かいことでも構いません。できるだけたくさん書き出しましょう。
 

その経験で思ったこと・得たことを書き出す

これまでの経験をひと通り書き出せたら今度はひとつひとつの経験をより詳しく見ていきます。その経験を通して思ったこと、学んだことを思い返してみましょう。経験する前と後でどのような変化がありましたか。失敗や挫折した経験の場合、どのように乗り越えましたか。これまでの経験から自分をアピールできそうなポイントを探していきましょう。

自分の強みを裏打ちするエピソードを具体化する

自己PRになりそうな経験が見つかったら今度は何故その経験が自己PRにつながるかを考えていきましょう。
 
自分のしてきたことを振り返る中で「自分は人に話しかけるのが好きなんだな」「集中して黙々と作業できるタイプだ」など、自分の性格や特性が分かったはずです。しかしまだこの段階では自己PRにはなりません。なぜなら自己PRにはアピールポイントの根拠が必要だからです。
 
根拠となるのは具体的なエピソードです。「人に話しかけるのが好き」という人はなぜそのように感じたのか、どのようなエピソードからそう思ったのか振り返ってください。アルバイトでの接客経験が豊富な人、周りを巻き込んでイベントを企画することが得意という人もいるでしょう。根拠となるエピソードは独自性の強いものほど印象に残ります。

自己PRにまとめる

最後にこれまで見てきた「アピールポイント」と「その根拠となるエピソード」を自己PRにまとめていきます。これで自己PRの構成は完璧です。

自己PRの書き方のポイント

結論は最初に書く

自己PRをエントリーシートに書く時は結論が頭にくるようにします。結論というのは「自分のアピールポイント・強み」の部分です。「私は○○という経験を通して××の力を身に着けました」「私は○○が得意です。なぜならー」というように伝えたいことを冒頭に書くことで読んだ人がすぐに内容を把握できるようにします。

エピソードは具体的に

アピールの根拠となるエピソードはなるべく具体的に書きましょう。アルバイトなら週に何日か、どのような仕事をしていたのかなど、アルバイトをしているところを読み手が想像できるように詳しく記入します。具体的に書くことによって読み手により強い印象を残すことができるためです。

経験から得たこと・考えたことを盛り込む

エピソードの前後で変化したことやその経験を通して学んだことを文章に盛り込みましょう。基本的に人は経験を通して無意識のうちに考え方を変えたり、学んだりしています。経験から得たこと、考えたことが盛り込まれていると、経験を通して成長していけるということを読み手にアピールできます。

その強みがどうインターンで使えるかを書く

最後に自分のアピールポイントが参加するインターンシップのどのような場面で生かせるのかを書きます。これが書かれているかによって合否が変わるといっても過言ではないですので、実際に参加している自分を想像しながら具体的に使える場面について書きましょう。

志望動機の考え方

自己PRと同じくらい重要な項目が志望動機です。志望動機とは「この仕事がしてみたい」「こんな経験がしたい」といったインターンシップに参加したい理由のことです。しかし志望動機にも自己PRと同様、合格につながる考え方があります。

その企業がどんな人物を求めているか知る

志望動機を考える際は自分の気持ちだけでなく企業が何を考えているのかを想像する必要があります。というのも、企業は志望動機が自社を選んだ理由として納得のできる人に参加してほしいと考えているからです。自分がやってみたいことだけでなくその企業がどのような理由で来る人を歓迎しているのか想像するようにしましょう。

インターンの内容を知る

インターンの内容に合った志望動機は企業に評価されます。「このインターンを通して○○のスキルを磨きたい」「○○業界のしくみを知りたい」という志望動機なら企業に業界への関心や成長意欲を示すことができます。その企業のインターンシップに参加することによって、どのようなことができるようになるのか考えてみましょう。

なぜそのインターンがしたいのか目的を明確にする

志望動機は自己PRと同様、冒頭でシンプルにまとめる必要があります。志望動機の冒頭に持ってくるのは「そのインターンに参加したい理由」です。これまで考えてきた「企業の求める人物像」「インターンシップの内容」「そのインターンシップを通してどのように成長したいのか」をもとに一番シンプルで明確な理由を書くようにします。一文に凝縮された思いは読み手の心に突き刺さります。

志望動機にまとめる

最後にこれまで考えてきた志望動機を文章化します。ひとつひとつの理由はシンプルでも文章にまとめると濃い内容となります。記入する欄に書ききれないこともあるので志望動機も下書きをしてから記入するようにしましょう。

志望動機の書き方のポイント

「なぜその企業なのか」目的を明確にする

自分の書いた志望動機を読み返した時、どこか漠然とした文章になっていませんか。なっていたとしたら要注意です。特に同じ業界の他社にも当てはまるような志望動機の場合、インターンシップの採用担当者に「うちでなくても良いのではないか」と思われてしまいます。何故その企業のインターンに参加したいのか、他社と差別化を図りながら書く必要があります。

自分の経験・目標とインターンの内容をつなげる

自分の経験とインターンシップを通して学びたいことを結びつけて書くようにすると、より深みのある志望動機になります。企業は成長意欲があり軸を持っている人を欲しがっています。自分の過去と未来を結びつけて考えているということは一貫性があるということで良い評価につながります。

まとめ

エントリーシートの基本的な書き方についてご紹介しました。インターンシップだけでなく実際の就活でも書くことになるエントリーシート。記入する上での基本的な考え方は一緒ですので就活の練習のためにもインターンシップのエントリーシートは濃くて深いものを目指しましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る