目次

履歴書写真が重要な理由

履歴書にある唯一見た目の情報である写真は、応募者を審査する企業にとって重要な判断材料となるものです。写真と実を見比べると企業もありば、写真自体に手間がかけられているかを見るとった企業もあることから、履歴書の写真の重要性は高きものであるといえます。

 

特に、接客や営業、販売などを業務の中心としている企業では、自分の存在の見せ方に重点を置いているところで、他の企業よりも履歴書写真を重視する傾向にあります。そのため、履歴書その写真は、本人確認のために利用されるだけでなく、どのような意図をも作りされたのかが審査される、重要なポイントといえます。

履歴書写真のルール

履歴の写真には、基本となるルールがあります。写真の大きさや背景、写真の期限など、守ってくれているのは当然ですねえルルですので「間違えてしまったから撮り直す」なんてことにならないよう、ここでしっかりと確認しておきましょう。

 

 大きなきは4cm×3cm

履歴書の用紙には「4cm×3cmより小さいサイズでも可」などと書かれているものがありますが、履歴書の写真枠の通り、4cm×3cmのサイズの写真を使用するようにしましょう。写真が大きい場合も、履歴書全体で見たときのバランが悪くなってしまった、正確に4cm×3cmの写真にするのが良いです。

 

背景と顔のバランに関しては特に決まらはありませんが、縦の2/3程度に胸から頭の上までを入れてバランシング良くえます。ただし「2/3を顔にした方が良い」と意見や「顔3:背景2が良い」と言って意見もあるため、最終的には自分が納得できるようにすることで撮影するようにしましょう。

 

 3カ月以内に撮影したもの

履歴書を写真には、履歴書を提出する日から数えて、3ヶ月以内に撮影したものを使用するのがルルールです.3ヶ月以上の期間がある写真では、髪の長さが違った眉の形やメイクが違っている場合はあるので、履歴書の写真では3ヶ月以内のものを使用することと決まっています。

 

 背景は水色・白・グレー

水色・白・グレーには、表情が分かりやすい、そうした特徴があるため、履歴書の写真ではこれの色を使用することが推奨されています。ルルとしては少し不明瞭ですが、わざわざ冒険する必要はありませんので、履歴書の写真には水色・白・グレーのいれを使用するようにしましょう。

 

ただし、水色とグレーに関しては、濃い色を使用することを避けてください。濃い水色やグレーは表情を暗く見せてしまうため、使用しないことが好ましいです。

 

 無帽・目線あり

履歴書の写真では、普段から使用しているメガネ以外は何も身に着けないようにしましょう。帽子やサングラスなどはもちろん、小さなピアスやイヤリングなども外してください。余計なものを身に着けている場合とそうでない場合とでは、与える印象に大きな差ができてしまいます。うっかり付けたまま撮影してしまわないよう、気をつけて準備しましょう。

 

目線に関しては、下を向いていたり横を向いていたりしないようにしてください。目線がない写真は「撮り直しの手間を省いた」という印象になってしまいます。企業に対する意欲がない、などと判断されないためにも、撮影の際はしっかりと目線を入れましょう。

好印象な写真にするためのポイント<男性編>

 服装

「黒か紺のスーツ」「白色で無地のシャツ」「主張しすぎないネクタイ」この3つが好印象を与えるためのポイントです。スーツとシャツに関してはそのままですが、ネクタイの色と柄については、落ち着いた印象を与えられる濃い目の青に、細いストライプが入ったものがおすすめです。

 

 髪型

自然色で清潔感のある髪型が良いです。前髪が眉上にある髪型が好ましいですが、どうしても前髪を切りたくない場合は、きれいに分けたり横に流したりするなどして、表情がよく見えるように整えましょう。もしもワックスを使用するのであれば、光を反射しないマッドタイプのワックスを選ぶようにしてください。

 

 表情

表情を作る際は、まっすぐに前を見つめ、軽く口角をあげつつも口元を引き締めるようにしましょう。口角を上げて微笑むのではなく、微笑みの一歩手前あたりが、頼りがいのある印象を与えられる表情です。

 

 姿勢

自然な状態を意識しながら胸を張り、肩が左右対称になる姿勢をとりましょう。このとき、胸を張ることでアゴが上がってしまったり肩に力が入ってしまったりすると、威圧的な印象や頼りない印象を与えてしまいます。なるべく力まず、リラックスした状態で撮影するようにしてください。

好印象な写真にするためのポイント<女性編>

 服装

女性の場合も男性と同様、黒か紺のスーツを選び、インナーには白のブラウスか白のカットソーを着用しましょう。インナーにはフリルやドレープなどの飾りが少ない、シンプルなものを選ぶのがポイントです。また、下着が透けてしまうことを防ぐために、白のキャミソールを着用しておくことも忘れないでください。

 

 髪型

清潔感があり表情が見える髪型が良いです。頬や眉が隠れた髪型は暗い印象を与えてしまうため、髪の長い方は後ろに流したり結んだりして、顔が隠れないようにしましょう。また、髪がはねている状態やボリュームが出過ぎている状態も、あまり良い印象を与えられないので、はねやボリュームが出ないよう整えてから撮影に臨んでください。

 

 メイク

清潔感があり血色が良く見えるナチュラルメイクにしましょう。カメラのフラッシュでぼやけてしまうことがある目元や口元は、少ししっかりめにしておくのがポイントです。アイシャドウにはラメの入っていないものが好ましいですが、どうしても手に入れられない場合は、ラメの小さいものやパール感のあるものを選ぶようにしてください。

 

 表情

男性の場合は微笑まない方が良いですが、女性の場合は微笑んだ表情を作るのが良いです。いざ写真を撮ろうとしたときに、うまく口角が上げられない方もいるため、撮影前には鏡を使って口角を上げる練習をしておきましょう。

 

 姿勢

胸を張りすぎないことと、猫背にならないことを意識して撮影しましょう。背中に棒を一本通した状態をイメージして姿勢を正し、力を抜いたまま両肩を水平にすると、きれいで品のある姿勢が作れます。

こんな履歴書写真はNG

 服装

男性の場合も女性の場合も、よく間違えてしまうのがインナーです。男性の場合ですと、襟にボタンがついたボタンダウンシャツや第1ボタンが2つ付いたドゥエボットーニシャツなど、カジュアルな印象を与えてしまうシャツは履歴書の写真に合いません。

 

女性の場合は、フリルやドレープといった飾りが多いものがNGです。履歴書の写真には無地でシンプルなものが適していますので、シャツを選ぶ際には十分注意するようにしましょう。

 

 髪型

寝癖や無造作ヘアーなど、整えられていない印象を与える髪型はNGです。目や眉が隠れている髪型はもちろんのこと、スーツの襟が隠れてしまっている髪型もおすすめしません。また、明るすぎる髪色も誠実な印象を損ねてしまう可能性があるため、黒やダークブラウンといった自然に近い髪色にしましょう。

 

 表情

勘違いされる方が多い間違いとしては、目に力を入れてしまうことがあげられます。やる気があることを表そうとしてることは伝わりますが、目に力を入れている写真には、威圧的な印象も含まれてしまいます。

 

そのため、履歴書の写真では、目に力を入れるのではなく、ただただまっすぐに見つめることを意識するのがポイントです。また、口元を引き締めようとして口が「への字」になってしまっている写真も多く見受けられます。

 

表情が柔らかく自然であることが良い印象を与えられますので、表情をつくるのが苦手な方は、十分な練習をしてから撮影に臨むようにしましょう。

 

 姿勢

猫背やのけ反った姿勢、肩の高さが左右非対称になっているなど「斜め」の印象を与える姿勢はNGです。背筋はまっすぐ、肩は水平になるように意識しましょう。うまくできない方は、背筋と肩で十字を作るようにイメージして練習してみてください。

写真館で撮影したほうがよい理由

写真館での撮影では、プロのカメラにアドバイスしてもらえたり、光の調整をしてもらえたり、スピード写真よりも質の高い写真を作ることが可能です。写真館によってはメイクをしてもらえるところや、ニキビや目の下のクマなどを、不自然にならないように修正してくれるものもあるので、写真撮影に不安を感じる方には特におすすめです。

スピード写真で撮影するときのポイント

スピード写真を利用する場合、最初に注意するポイントは、撮影する場所と時間です。「次の人が待っているから早く撮ろう」とすると、写真に焦っている雰囲気が出ています焦っている雰囲気は、「頼りない」「落ち着きがない」印象を与えてしまうので、撮影する場所と時間は、人が少ない環境を選ぶようにしましょう。

 

次に注意するポイントは、正面のガラスを拭くことです。よく見かけるば分かりませんが、正面のガラスには手の跡やホコリが付着していることが多々あります。ガラスに付いた手の跡やホコリなどは、写真をぼやけさせたしてしまったので、撮影の前には水分を含んでいないので拭き上げるようにしてください。

 

最後の注意すべきポイントは、レンズの見つめ方です。レンズの表面を見つくように撮りますが、レンズの表面ではない、レンズの奥の方を見つめるようにする、印象の良い自然な視線を作ります。とても小さい違いもなくなりませんが、少しでも企業側に良い印象を与えるためにも、ひらめしてみてください。

まとめ

履歴書の写真は、本人確認のためだけではなく、審査の判断材料として企業に見られます。履歴写真の基本的なルールを守ることはもちろん、服装や表情、姿勢など、印象を左右する部分的に気を配ることが大切です。たかが写真と手を抜かず、しっかりと準備するようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る