目次

面接で短所が聞かれる理由

面接で短所が聞けられる理由。それはあなたがちゃんと自己分析をしているのか確認するためです。
 
面接官は短所を聞いたからといって、それを理由に落とそうと考えていません。どんなに優秀な人でも一つくらい短い所があります。面接官が見ているのはあなたの「自分を俯瞰する能力」「課題解決能力」です。

短所を聞くことで面接官は何を見ているか

企業に入社した後、必ず待って受け入れるのが失敗や挫折した経験です。社会人として働くのはまずそれですから失敗や挫折があって当然です。しかしそれを乗り越えられるかどうかはその人の能力乗り越えられずに逃げてしまった人や責任を放棄してしまう人もいます。
 
失敗や挫折を乗り越えるためには自分の抱えている課題を把握する能力と解決する能力が必要です。時間に限りがある面接の中でそれらの能力を見るために「短所」が聞かれます。面接官はあなた自身が把握している「弱点」、その弱点に向き合い改善する力を見ています。

表面的な回答だけではダメ

普段から「こういうところ良くないな」となんとなく感じていることがあるはずです。しかしそれを答えるだけでは面接官の知りたい能力はちゃんと伝わりません。
 
たとえば飽きっぽい性格の人が「私の短所は飽きやすさです」と言うだけではその飽きやすさに対する改善策が面接官には分かりません。弱点のみを言葉にすることは簡単です。しかし何も伝わらないまま一言二言で会話が終わってしまいます。

短所をうまく伝えるために

短所をうまく答えるためには自己分析が欠かせません。自己分析ではまず漠然と感じている自分の短所をリストアップしていきます。ここで挙げていく短所は「頑固」「ネガティブ」など抽象的な言葉で構いません。
 
自分の短所が把握できてきたら、今度は何故その短所を思いついたのか理由を考えてみてください。思いついた理由はどんどん書き出していきましょう。短所だと思う理由には必ずエピソードがあるはずです。たとえば自分のことを頑固な性格と思っている人はその性格が原因で起こったことについて考えるようにします。
 
「短所だと感じているところ」と「その短所が原因で起こったこと」がまとまったら、「起こったことに対してどのように対処したか」を考えていきます。全く対処できずに失敗に終わったという人もいるでしょうが、その場合は今後の課題として解決策を考えれば大丈夫です。
 
最後にこれまで言語化してきた「短所だと感じているところ」「その短所が原因で起こったこと」「起こったことに対してどのように対処したか」をひとまとまりの文章にします。これで漠然としていたあなたの短所がより明確になったはずです。

短所を答えるときのポイント

ここでは実際に短所を答えるときのポイントをご紹介します。

仕事内容に支障が出にくい

面接で回答する際は、仕事に差し障りのある短所は避けるようにします。たとえばアポイントメントが大切な営業職の面接で「電話を取ることが苦手です」と答えたらどうでしょうか。その仕事の適性がないのではないかと思われてしまいますよね。面接で回答するときは自分の受ける業種や職種にあまり関係ない短所を選びましょう。

具体的なエピソードを話す

短所を答えるときは必ず具体的なエピソードとセットで話すようにします。単純にあなたが短所に感じたというだけでは客観性に欠けた回答になってしまいます。
 
「短所をうまく伝えるために」の章でもお伝えした「短所だと感じているところ」「その短所が原因で起こったこと」「起こったことに対してどのように対処したか」の3点を順に回答していけば面接官の納得のいく回答になります。
 
「その短所が原因で起こったこと」というのがエピソードのことです。このエピソードは具体的である方が面接官の印象に残りやすくなります。エピソードを語るときは5W1Hを心がけるようにすると良いでしょう。

ポジティブな言葉を選ぶ

いくら短所を話すといってもネガティブな面ばかりを強調する必要はありません。ネガティブに語りすぎてしまうと「この人は落ち込むだけでそれ以上は考えないんだ」と思われてしまいます。
 
短所を答えるときは、短所を変えていこうする前向きな姿勢をアピールする必要があります。短所に対して今後どのような対策を取っていくかポジティブな言葉で話をまとめるようにしましょう。

長所の裏返しを使うのも◎

短所があまりない、なかなか見つからないという人は長所だと思うところを短所になるように言い換えてみてください。
 
長所と短所は紙一重です。どんな長所も考え方しだいで短所になります。たとえば「人の気持ちを汲み取れる」というのは言い換えれば「気弱な性格」になります。「こだわりの強い人」は「短気な人」ともいえます。
 
このように長所と短所を行き来することで、プラスにも解釈できる短所を答えることができます。

NGな答え方

ここまでは良い回答をするポイントについてご紹介してきましたが、短所の質問にはNGな答え方があります。以下に挙げるものは面接官から「それを言っちゃお終いでしょう」と思われてしまう回答パターンです。

「短所はありません」はNG

「自分には短所なんてない」とどんなに思っていたとしても、「短所はありません」とだけは答えないようにしましょう。このセリフは短所がないと思っている人の他にも、短所を答えたらマイナスに思われてしまう考えている人も言ってしまいがちです。
 
短所が全くない人間なんていません。面接官だって短所は持っています。それなのに「短所はない」と言われたら面接官はどう思うでしょうか。「この人は自分のことを客観的に見ることができない」「特に深く考えずに生きている人」と捉えられてしまうはずです。
 
短所を尋ねられたらどんな些細なことでも良いので必ず回答するようにしましょう。短所についてだけでなく面接官の質問に「特にありません」と答えることはその分自己アピールする機会を失っていることになります。面接官の質問にはできる限り聞かれていることに沿って答えることが常識です。

「時間にルーズ」など社会人としての資質を短所にする

それが本当のことだとしても「時間にルーズ」「よく寝坊する」といった社会人としての資質に関する短所を答えるのは控えましょう。
 
たとえば寝坊をよくする人が「学生生活では寝坊をして授業に遅れることがよくありましたが、これからは遅れないようにしたいと思います」と言ったらどうでしょうか。面接官の「そんなこと当たり前でしょ」という心の突っ込みが聞こえてきませんか。
 
社会人として当たり前にしなければいけないことができないというのは、たしかに短所といえるでしょう。しかし面接の席でそれをアピールしても何の評価にもなりません。常識として考えられることを短所にするのはやめましょう。

求める人材と反対の短所

企業が求めている人物像と正反対の短所は答えないようにしましょう。ネガティブな人が「今後は前向きになれるよう努力します」と答えたとしても、その企業が明るくて元気な人を採用したいと考えている場合、他の明るくて元気そうな人を採用します。企業のほしい人材と反するような短所はアピールしない方が良いです。

回答例

ここからは具体的な回答例を見ていきます。自分の短所を答える際の参考にしてください。

マイペース

「私の短所はマイペースなところです。人に合わせて活動することが苦手なため、行動するときはいつも一人になってしまいます。しかしマイペースな分人の意見に流されるようなことはなく、自分で考えて行動することができます。今後は周りの人のペースも考えながら、自分のペースも大切にしていければと考えています」

頑固

「私はとても頑固な性格です。学校では学祭の実行委員をしていましたが、段取りで納得がいかないことがあるとすぐに意見してしまいます。この性格が原因で周りの人と喧嘩をしてしまうこともあります。しかしそれは学祭を成功させたいという気持ちが強かったからです。今後は周りの人の意見も柔軟に取り入れながら自分の信念を大切にしていきたいです」

まとめ

今回は面接で短所が聞かれる理由と答え方のポイントをご紹介しました。「短所を聞かれるといつも困ってしまう」という人も、一度慣れてしまえば難しいことではありませんので答える練習は欠かさないようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る