目次

履歴書を送る場合の封筒の書き方<縦書き>

 表面

履歴書を入れる封筒には、上に郵便番号、右に住所、真ん中に宛名、左下に「履歴書中」と記入します。左下の「履歴書中」は赤ペンで記入し、同じく赤ペンで四角く囲ってください。また、「履歴書中」を囲む枠は封筒の端と目立つように、定規を使用して書類様にしましょう。

 

全体的なバランを考える、小さなすぎず大きなすぎない文字で記入することと、文字の間隔を合わせることを意識すると、より良い見た目に整えられます。鉛筆で文字の枠を薄く下書きしてくださいで、サイズと間隔の両方を揃えたりします。

 

 裏面

裏面には、左下に自分の郵便番号、住所、氏名、学校名・学部名・学科名、左上に郵送した日付、履歴書などの書類を入れた後に「〆」や割り印などを記入、押印します。裏面は表面よりも小さいサイズの文字で記入しますが、見づらくなってしまわないように、一つひとつの文字をしっかりと書きましょう。

 

左上の日付については、郵送先の企業が履歴書の確認を怠った場合などに、発送したことの証明として記入するものなので、あまり大きな文字では書かず自身の住所や氏名などよりも若干小さく書くようにしてください。

履歴書を送る場合の封筒の書き方<横書き>

 表面

上から順に、郵便番号、住所、宛名、右下に「履歴書在中」と記入します。住所が長い場合は、都道府県名と市町村名を並べて記入し、その1行下に番地、さらに1行下に建物名と記入すると、読みやすく見た目の良いバランスで記入できます。

 

右下の「履歴書在中」については、縦書きと同様に赤ペンで記入し、四角く枠で囲みます。このときに注意する必要があるのが、縦書きが左下に書くのに対して横書きは右下に書くという点です。うっかり間違えることもありえますので、封筒を準備する際はよく確認してから記入するようにしましょう。

 

 裏面

裏面は表面の「履歴書在中」と同様に、縦書きの場合とは反対側の右下に自分の郵便番号、住所、氏名、学校名・学部名・学科名を記入し、履歴書を入れた後に「〆」のマークか割り印を記入、押印します。発送の日付については縦書きの場合と同じく、左上に記入してください。

 

裏面の記入では、縦書きの場合と反対になるところと、そうではないところがあるため、封筒を準備する際には十分に注意する必要があります。鉛筆で下書きをしておくことで間違いを防げますので、下書きをしてからボールペンで記入するようにしましょう。

宛名の書き方

 会社・部署宛てに送る場合

会社宛てに送る場合は、会社名の下に敬称の「御中」を記入します。部署宛てに送る場合は、会社名の隣に部署名や科名を記入して、敬称の「御中」を下に付けます。まれに会社名や部署名に「様」や「殿」などの敬称を付ける方がいますが、それは間違いです。

 

「組織内の方」という意味を持つ「御中」を使用するのが正しい敬称の付け方ですので、宛名を記入する際には注意しておきましょう。また、会社名や部署名に付ける敬称は、1文字分離して記入することで見栄えが良くなるため、宛名を書くときには文字のバランスも意識しておくと良いです。

 

 個人宛に送る場合

個人宛に送る場合は、会社名、部署名、名前と、3行に分けて記入します。敬称には「様」を使用し「御中」を付ける場合と同様、1文字分離して記入してください。その際に気をつけておきたいのは、敬称に「様」を使用した場合は会社名や部署名に「御中」と付けない点です。

 

会社名や部署名に「御中」と付けたうえで個人名に「様」を付ける書き方は、二重敬称といってマナー違反になります。履歴書を確認する前に「常識知らず」というレッテルを貼られてしまわないよう、十分に注意してください。

 

加えて、宛名に「採用担当者」と記入したい場合は、敬称には「様」を使用します。個人名は分からないが、担当者がいることだけは知っているという場合に使用しますので、分からないことを理由に会社宛や部署宛てに送ってしまうのではなく、しっかりと担当者宛てに送るようにしましょう。

送る前に最終チェックすべきポイント

最終チェックすべきポイントは3つです。それぞれのポイントは些細なものかもしれませんが、間違えたときの代償は大きいものですので、しっかりと確認するようにしましょう。

 

まず1つ目のチェックポイントは「誤字」です。住所や宛名で間違えている漢字があるかどうか、最後によく確認してください。会社名や氏名などで旧字を使っているケースがありますので、どちらが正確な文字なのか、集めた資料と見比べるようにしましょう。

 

2つ目のチェックポイントは「情報の誤り」です。郵便番号や住所、会社名など、間違えていないかどうかを、よくチェックしてください。会社の法人種別を「(株)」などと省略表記することや、「株式会社~」とするところを「~株式会社」と記入することも間違いですので、送り先の情報を記入する際は十分に注意して記入しましょう。

 

3つ目のチェックポイントは「〆マークと切手」です。「〆マークと切手」は「履歴書を封筒に入れて封をする」「切手を買いに外に出る」など、封筒を準備するうえで一手間かかるポイントです。一手間かかる分、忘れがちなポイントですので発送する前には、忘れずに書き入れたかどうか、貼り付けたかどうかを確かめるようにしておいてください。

まとめ

履歴書用の封筒には、守らなければいけない書き方があります。それぞれ定められた書き方を守ることで好印象を与えることはできないかもしれませんが、悪印象を与えてしまうことはありません。余計な悪印象を与えてしまわないためにも、この記事を参考に履歴書用の封筒を準備しましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る