目次

面接官はなぜ長所を聞くのか

それもそもそも面接官は就活生に長所を聞くのですが長所を聞くにはそれなりの目的があるのです。長所を答えるとのポイントに説明する前に、まち企業側が長所を尋ねる理由を説明したいと何かが求められているかを理解することが、より良い回答をするための第一歩です。
 

実際の業務で役に立つ強みを持っているか知りたい

面接官は就活生がウチの会社では活躍できる人物かどうかを見極めています長所を聞くと、学生とウチの会社が合っているかどうかを判断するのにも効能は質問なのでよ、長所それに答えるときには、その会社の業務内容を理解してくださいが必要ですありがとうございます。企業研究・業界研究・OB訪問など、その企業の業務内容をよく確認してしまった。だだむむやみに自分の長所を押して付けることではなく、業務内容とリンクした長所を話すことで効果的にアピールすることができます。
 

仕事に対してどのような考え方をしているのか知りたい

たてえ、「協調性があるところが長所です」と面接で話すと、面接官は「この学生は仕事をする上で周りと協力することが大切だと思っているんだ」と思えます長治その人の性格や考え方を表します。したが、周りの友達が思っている自分の性格や特徴、仕事に対して持っている自分の考えなどから長所を導き出しても良いでしょう。
 

自分のことを理解できているか知りたい

自己分析がしっかりできていないと長所は話せません。話せたとしても内容が薄いものになってしまいます。それではアピールになりません。内容の濃い長所を話すためにも自己分析は必要です。そう言われてもなかなか自分の長所を見つけるのは簡単ではありません。家族や友人・先生などに尋ねてみましょう。自分では気づきもしなかったかった新しい発見があるかもしれませんません。

 

長所を回答するときのポイント

自己PRの内容と繋がるように答える

自己PRは「リーダシがあります」と言っていたのに、長所を「私は一歩引いて、周りの意見には傾けることが得意です」などと話したことで一貫性がなく、面接官は混乱してしまいます。これは極端な例かもしませんが、自己PRの内容と繋がるように答えて一貫性を持たせたほうが良いです。

まるで自分の長所をいくつか書き出してみて、その中で一番自信のあるものを自己PRに選びます。
それで、その自己PRを補うようなイメージで長所を選びます。

「リーダシがあります」と自己PRするのであれば、長所は「行動力がある」「人前で話すのが得意」「ポジティブ・前向き」など自分のPRの内容と繋がりがあるものを選びます。
 

求める人材と繋がるように答える

企業にはそれぞれ特色があり、業務内容も違えば、会社の雰囲気・会社の規模なども違ってきます。よかった、求人人材も多種多様になります。企業とは異なります。この求職人材像を調べると、自分の長所と繋げて話すとより強くアピールをすることができます。

求職人材像は企業の採用ホームページに載っていることが多い、また会社説明会でも紹介されることが多いですそれではわからない場合はOB訪問をして実際に社員に会って確かめるのが良いですしょう。
 

理性的なエピソードを盛り込みで話す

「私は体力に自信があります」という長所をアピールするときとは、ただそれを言っただけでは面接官は信じてくれません。しかし、「私は体力に自信があります」学生時代は山岳部に所属し、日本全国の山を走破しました。」と話せば、性性が生まれ、面接官も納得してくれています。

「好奇心旺盛」を長所としてアピー​​ルするときも、ただそれだけを話すのはなく、「授業で貧困について」勉強したのが、実に自分の目でも確かにみたいと思い、アジアの貧困地域を旅してしまった。」と言えば、好奇心旺盛で行動力があることが伝わります。

このように自分で考えて工夫して答えることが大切なのです。

長所別回答例

以上のポイントを踏まえて、いくつか回答例を考えてみました。
長所を話すときは以下のように流れで話すとわかりやすいです。
 
最初に長所を言う①
②具体的なエピソンードを話す
③長門所を実は際の業務でどのように生かしてるいくのかを話す
 
③の実業の業務で自分の長所がどう生かされるのかを付け加えることがポイントです。
 

真面目

私はよく人から真面目だと言われます。自立でも自覚しています。大学時代にTOEICで750点以上を得ることを目標に掲げ、毎日2時間ずつコツコツと勉強しました。一日も欠かされましたずっと勉強を続けた結果、大学3年のことに無事TOEIC750点を達成することができました。このコツコツと物事に取り組む真面目さを貴社に入社しても忘れないようにしたいと思います。
 

長所を話すときの流れをおさえて話すことによって、わかりやすい内容になっています。「TOEICで750点」や「毎日2時間ずつ」というように理論​​的な数字をあげることで、聞いている面接官がイメージしてやり直します。
 

協調性がある

私はチームの仲間と協力してひとつの物事に取り組むことが得意です。学生時代はラグビー部に所属していましたが、メンバーそられがバラバラでチムの結束力が弱く、試合でも結果が出るそれでは、一緒に自主練をして、メンバー全員が参加するパーティーを企画しました、仲を深めていきました。メンバーがお互いを理解することで、試合でも連動が取れるようになりました。チムワークを大切にして貴社で、このラグビーから学んだことを活かしていきたいです。
 
チムワークを大切にしている企業は多いですよ、多くの人がアピールすることで、明らかにエピーソフトを盛り込みで、他人と差別化することが必要です。
 

素直

私の長所は素直さです。所属していた大学のゼミで発表をしたとき、ゼミの先生から多くのダメ出しをされました。最初はショックを受けましたが、よく考えてみると自分が多くのミスをしていることに気づき、先生の言う通りだと思いました。それをミスを訂正し、改めて発表すると今度はOKをもらうことができました。このように自分のミスを素直に認める、改善に繋げられるところが私の長所です。
 
ミスをしてもムキになることなく素直に認めることを話すことで、誠実な印象を面接官に与えることができます。
 

負け嫌い

私は負けず嫌いな性格です。そのための努力を惜しみません。小学校のころから12年間の期間を続けています。部活動が終わった後も一人残って練習をしました。また朝は誰よりもも早く来て朝練をしました。その結果、大学2年のときに県大会で優勝することができました。優勝することができたのも、私が負けず嫌いな性格で、人より多くの練習をしてきたからだと思っています。
 
成果を話すとその長所が活かされたことが伝わり、説得力が増します。
 

気配りができる

雑貨店での接客のアルバイトでは、常にお客様の様子を観覧し、声がけをするように心がけていました。むやみやたらに声をかけるのではなく、それは私の長所です。客が商品を選び終わったたタイイングを見計らって声をかける、商品の情報や使い方などを説明しました。貴社に入社したら、相手のことを考えて行動できるように努力したいと思います。
 
気配りを長所として話すとは面接時の態度にも気を配しましょう。緊張しているのはわかりますが、横柄な態度を取り上げたのは、信じてもらえません。

まとめ

就職活動の面接で最も大切なことは面接官に自分の良さをアピールすることです。そのことでも、長所は最重要な質問のひとときと言います。面接本番は緊張しているため、なかなか上手く答えますしなかったなかなかできません。事前にポイントをおしえて回答を考えておけばそのような事態を防がれることができます。しっかりと準備をして、自信を持って面接に臨むようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る