目次

私服指定の場合はスーツはNG?

企業の説明会見や面接で「私服でお越しください」「服装自由」と言われた場合、スーツを着て行ってはいけないのです。
 
結論から言ってしまって、基本的にはスーツでも問題はありません。
 
私服可の企業では、採用担当者も私服であることが多いですが、就活生は説明会や面接を1日に複数受付がほとんどとんとんです。次の会社がスーツの場合、私服可の企業もスーツで行っている人が多々見れます。
 
採用担当者も就活事情は心得ているので、あなたが悩むほど採用担当者は就活生の服装を見ていません。「この後スーツの用事もある...」という人はスーツでも構いませんので安心してください。
 
しばし、企業の中には私服を指定している企業もあります。言葉によってはニュアンスが違うこともあります。ここからは「私服可」と「私服指定」の違いを見てきましょう。

「私服可」の場合

「私服でも構いません」と言われた場合は、もちゃん私服で行っていません。スーツではいけないのですか?思いつくかしなかったが、「私服可」というのは私服でも構わないなんて意味なのでスーツで行ったことも問題ありません。
 
それで不安な場合は「私服可」「私服でも構いません」という会社の説明会に一度行ってみることをお勧めします。私服の人もいればスーツの人もたくさんさんははずです。みんなの日都合合せて服装を選んでいるので多種多様であることが分かるでしょう。

「私服指定」の場合

「私服指定」の場合、スーツは控えられた方が良いですね。私の場合は、私の場合、私的には、必ず私服で行くようにしましょう。

企業が私服可にする理由は?

それもそもそも企業は説明会面を私服可にするのですか。企業によってはスタンスや意思することは変わりますが、ここでは一般的に企業が私服可にすることについてご紹介します。

就活生への配慮

就活生の中には授業やアルバイトの合間に就職活動をしている人がいます。スーツで外出したくないと人がいることや昨今普及しているクールビズも理由のひとつです。
 
就活生の性質も年々変えています。企業はなるべくさんの就活生に選びを受けてほしいと考えているため、服装も就活生の事情に合わせて必要があります。
 
就活生の多くは1日に複数の企業の説明会に行って、授業やアルバイトのある日に就活をしたり、行動が多化しています。スーツを指定することによって選考を受けてくれる就活生が減る可能性があるわけです。
 
このようなことから、企業が私服可にするのは就活生への配慮であると考えられます。

その企業には私服の人が多かろうか?

そもそもその企業にはスーツを着ている人が少ないという可能性もあります。私服の多い企業はIT系の企業やベンチャー、クリエイティブな職種のある企業がほとんどです。また、取引先やお客様に私服の人が多い企業も普段から私服で働いている可能性があります。
 
説明会や面接に行った時にその企業の人がどのような服装をしているのか観察してみましょう。私服の人が多かったら私服可の理由がはっきりします。
 
私服可の企業はスーツなどの堅苦しい格好を古臭いと考えている可能性があります。そのような企業で就活生だけにスーツを指定するのはおかしな話です。企業もそのように考え、就活生にも私服可ということを示しているのかもしれません。

身だしなみをチェックするためという会社も

出版社や広告代理店などメディア系の企業では私服指定の企業が多いようです。その中には私服を見ることによってその人のセンスや考え方を把握するという企業があります。
 
また、私服を見ることでその就活生にどれくらい常識があるか知ることができます。泥だらけの靴やスウェットといった私服可でも企業に相応しくない服装は面接ではじかれます。
 
このように企業の中には私服によって身だしなみをチェックしている企業もあるので、着ていく私服は常識の範囲内のものである必要があります。

面接におすすめの私服とは?

ここからは面接におすすめの私服をご紹介します。この服装ならよほどのことがない限り面接官に悪い印象は与えない、というものになっています。私服選びに悩んでいる人は要チェックです。

<男性編>

ジャケパンがおすすめ!

ジャケパンというのは「ジャケット」+「パンツ」というスタイルです。一見スーツのようですが、ジャケットとパンツの色を組み合わせることによってオフィス風の私服が出来上がります。ジャケパンという格好は私服とスーツの中間くらいに考えてください。
 
ジャケパンで重要なのは色とサイズです。色はスーツとは違った色で、かつ派手にならないものを選びましょう。サイズは自分の身体にぴったりなものにします。緩すぎてもきつすぎても格好がつきません。しっかり試着してから購入するようにしましょう。

NGな私服はこれ!

企業に伺うのに相応しくない私服も存在します。男性の場合はパーカーやスウェットなど部屋着と間違えるものです。私服といっても企業に伺うのですから外行きの服装にしましょう。
 
また、帽子やアクセサリーなども控えるようにします。帽子やアクセサリーは採用担当者の印象が分かれるからです。これはセンスの問題ではなく一般的な身だしなみの問題です。

<女性編>

オフィスカジュアルがおすすめ!

女性におすすめなのはオフィスカジュアルというスタイルです。オフィスカジュアルと一口に言っても様々な形のものが存在します。基本的にはスーツの時と同じような格好になります。トップスはYシャツかジャケット、ボトムスはスラックスかスカートが多いです。
 
色は明るいものを選びます。ベージュ、白、薄ピンク、水色をトップスにし、紺や茶、黒をボトムスに選ぶと引き締まった印象になります。サイズは自分の身体に合ったものを選びましょう。

NGな私服はこれ!

女性でNGとなるものには企業のオフィスに相応しくない華美な服装、露出の多い服装などがあります。ハイヒールやオフショルダー、ミニスカートなどは控えましょう。TPOに合った服装を心がければ自然とオフィスカジュアルにたどり着くはずです。

私服で行く場合のポイント

私服で説明会や面接に行く場合のポイントをご紹介します。このポイントに当てはまる服装なら基本的には大丈夫ですのでしっかりチェックしてください。

清潔感・フレッシュ感を大切に

企業に伺う際の服装は、清潔感とフレッシュ感のあるものを心がけましょう。これはスーツの場合も同じですが、皺だらけのシャツや汚れた靴で伺ったら、企業の人から非常識だと思われてしまいます。
 
身体に合っていない服装はフレッシュ感に欠損する原因のひつつです。特にダボダボの服はやる気がなさそうに見えるので控えるように、服のサイズにも気を配るようにします。しましょう。
 
身体に気を遣い、TPOをわきまえた服装されていれば清潔感、フレッシュ感を出すことができます。私服でも企業に伺うことを意識して選ぶようにしてください。

明るい色合いで

私服は明るい色のものを選びます。女性ならベージュや紺、白、茶といった色の服が、男性なら白、水色、ベージュ、黒色の服がビジネスシーンで使用されます。
 
明るい色と同様に、赤や黄色などの原色やピンクなど刺激の強い色は避けましょう。派手な色合いの服装は良くない印象を持ちましたが可能ですがあります。
 
どのような色が良いか分からない場合は、一度私服可の説明会に参加し、参加者の服装を観るとヒントになります。「ビジネスカジュアル」「オフィシャルカジュアル」とはいって英語で調べて服装の種類がたくさん出てくるのでそれを参考にしてみても良いでしょう。

まとめ

今回は私服指定の場合の服装についてご紹介しました.TPOに合わせて常識的な偽好なら基本的に悪い考えられることはありません。私服で説明会や面接に行くことは企業に伺うことを意識した服装を選びましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る