目次

志望動機の考え方

イントーンで必要な志望動機とは「その企業のインタンに参加したい理由」です。参加したい理由は十人十色です。しかし志望動機も選択の一部です。ここではエントリーに記入する前に欲望動機の考え方を見ていきましょう。

企業研究をする

「インタンには参加したいけど、これではなかった理由はない」と人もいることでインタンに参加したいというわけではなくにはない。採用担当者が読んで「この人はうんでなくても良いのだろう」と思うような志望動機は選考で落とされています。
 
特に理由がないという人は志望動機を考える前に企業研究をしましょう。企業研究とは文字通り自分の行きたい企業について研究することです。その企業の扱っている商品や事業だけでなく、業界内での立ち位置、業態、資本など多角的に企業を見ていきます。
 
企業研究をしていく中で志望動機のヒントとなるのは、その企業の「企業理念」や「その企業で働く魅力」などがあります。
 
企業理念が自分の価値観に合うかどうか、共感できるものであるかどうかはその企業のインターンに参加したい理由にすることができます。また「その企業で働く魅力」というのはインターンに限らず就活でも志望動機になりえる要素です。
 
このように企業研究をすることによって、その企業の魅力やインターンに参加したいと思える要素を見つけることができます。まだ理由がはっきりせず、その企業について名前程度しか知らないという人はまず企業研究をするところから始めましょう。

自己分析をして自分の経験や考え方、強みなどを整理する

企業研究では企業の魅力から志望動機を考えていきましたが、自己分析では自分の経験や考え方から志望動機を考えていくことができます。
 
自己分析とは、自分がこれまでしてきたことや体験したエピソードを通して自分の力や考え方を探していく方法のことです。自己分析はインターンの志望動機だけでなく、実際の就活でもすることになるので今のうちから練習していきましょう。
 
自己分析では、まず時系列に沿って自分がこれまでしてきたことを紙に並べて書いていきます。時系列に沿って書き出すというのは自分史を作るのと同じ感覚です。
 
自己分析は小中高生の頃から分析することでより自分のことを知ることができますが、実際インターンや就活で聞かれるのは大学入学以降のことが多いので、大学入学後に力を入れてきたことは特に詳しく書き出すようにします。
 
自分史が出来上がったら、今度はそこに書かれたエピソードをひとつひとつ見ていきます。そのエピソードから学んだことや感じたことは何でしょうか。嬉しかったでしょうか悔しかったでしょうか。
 
エピソードの中で生まれた感情や学びは今のあなたを作る要素です。エピソードを具体的に見ていくうちに自分の中にある考え方や強みが見えてくるはずです。
 
自分の考え方や強みを知ると、インターンに行きたい企業と自分の共通点を探すことができます。志望動機を考えるときは自己分析をして自分の持つ経験や考え方、強みを一度整理しましょう。

なぜそのインターンをしたいか、目的を明確にする

企業研究や自己分析を通してその企業のインターンに参加した理由が分かってきた後は、そのインターンに参加する目的を考えていきます。
 
インターンに参加するには目的が必要です。インターンはそもそも就労体験やスキルを身に着けるために参加するものです。その企業のインターンに参加することによってあなたが得たいことは何ですか。
 
企業は学生の成長意欲を求めてインターンの募集をしています。特に学びたいことがない人がいる場合、その人は採用せず他の学ぶ意欲のある学生を選びます。
 
志望動機には「その企業が魅力的だから」「自分の考えや性格に合っていそうだから」の他に「そのインターンによって得たいものがあるから」というものも含まれます。
 
志望動機を考えるときはインターンを通して得られるスキルや経験は何か、あなたがその企業でやりたいことは何かも一緒に考えます。インターンに参加する目的を明確にすることでより深い志望動機を作ることができます。

志望動機に落とし込む

最後にこれまで考えてきた志望動機を文章にまとめていきます。「その企業で働く魅力」「企業と自分の共通点」「インターンに参加することで何を学びたいのか」をそれぞれ自分の言葉にします。
 
エントリーシートに志望動機を書く場合、スペースの9割以上は埋めるようにしましょう。ぎっしり文字が書かれていた方が企業もあなたに関心を持ちます。エントリーシートの記入スペースは罫線のみのものが多いので、下書きをしてから清書するようにしましょう。

志望動機を書く時のポイント

ここまで志望動機の考え方から記入する流れまでを見てきました。この章では志望動機を書く時のポイントをご紹介します。

自分ならではのオリジナルな内容を盛り込む

志望動機には自分にしか書けないオリジナルな内容を盛り込むようにします。
 
エントリーシートを求める企業の多くは大手企業や人気企業です。そのような企業にはインターンに応募者が殺到します。企業の採用担当者は毎日届くたくさんのエントリーシートを限られた時間の中で読んでいます。
 
採用担当者はエントリーシートの隅から隅までを読むことは少ないといわれています。全てに目を通していると時間がかかってしまうからです。そんな採用担当者が必ず目を通す項目のひとつが志望動機です。
 
志望動機が他の応募者と異なる場合、より深く書かれている場合、採用担当者の目に留まりやすくなります。他の応募者と似たような内容になってしまうのは仕方のないことですが、他の応募者よりも深い志望動機を書くことは可能です。
 
他の応募者と差別化を図るのに重要なのが「オリジナルな内容の志望動機」です。このオリジナルな内容というのは、あなたの経験や考え方のことです。

具体的に書く

志望動機は具体的に書いた方が読み手の印象に残ります。読み手というのは採用担当者のことです。
 
志望動機を記入するスペースは限られています。限られた文字数で具体的に書くには、「書くことを絞る」ことがポイントになってきます。
 
絞るといっても志望する理由を1つにするわけではありません。しかし文章としての一貫性を保つためには、あれもこれもと詰め込みすぎないことが大切です。
 
具体的な志望動機にするために、まず冒頭に志望理由を一言で書きます。次にその理由を抱くきっかけになったことを、これまでの経験や出来事を具体的に挙げながら記入していきます。
 
文字数が少なくなってしまう場合や他にも書きたいことがある場合は前述した「志望理由」+「具体的なエピソード」の組み合わせを増やすと良いでしょう。

「なぜその企業のインターンなのか」が伝わるように

志望動機は「その企業でなくてはならない理由」を意識して書きましょう。
 
ひとつの業界には多数の企業が存在しています。他の企業にも当てはまるような漠然とした志望動機では採用担当者に「うちでもなくても良いのではないか」と思われてしまいます。
 
インターンに参加したいという気持ちを伝えるためには、その企業の仕事内容や商品をよく知っておく必要があります。他社と比較したとき、その企業にしかない魅力はないか探してみましょう。
 
志望動機を書くときに「貴社」ではなく企業名を使うとより「その企業のインターンに参加したい」という気持ちが伝わる文章になります。
 
志望動機を書くときは1つだけでなく複数のパターンを考えます。色々な書き方を試して、読み手の心に刺さる文章を作りましょう。

志望動機の例文

志望動機の例文をご紹介します。実際に志望動機を書く時は、参加したいインターンと照らし合わせながら自分の言葉で書くようにしましょう。
 
「私が貴社のインターンシップを志望した理由は、○○という仕事を通して○○を学びたいからです。学生時代に○○○という経験をし、○○という仕事に興味を持ちました。○○が学べるインターンシップを探していたところ、貴社のインターンシップを見つけました。○○という仕事を実際の現場を通して学びたく思い応募いたしました」
 
「大学生になってから○○のアルバイトをしてきました。その過程で○○○という能力をどのようにしたら身に着けられるか考えるようになりました。私は将来○○業界で仕事がしたいと考えています。○○業界の中でも貴社の○○○という事業は他社がチャレンジしたことのないものだと伺いました。貴社の○○事業部でのインターンシップを通して○○という能力を身に着けたいと思い、応募いたしました」

まとめ

今回はインターンの志望動機の考え方と書き方のポイントについてご紹介しました。インターンに参加するためにはしっかりとした志望動機が必要になります。企業研究や自己分析をうまく活用して志望動機を練っていきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る