目次

インターンシップとは

インターンシップとは、大学生を対象とした企業が開催する職場体験のことを言います。企業が実際に行っている業務に携わり、業界や企業のことについて学べるため、スキルアップや実務の知識を得る場として活用されています。

 

期間は、1日で終わるものから数年にましても、複数社のインターンシップに参加することも、特定のインターンシップに参加し続けることも可能です。また、インターンシップを開催する企業は年々増えていますお、それと比例するように参加者も増加しています。

 

2017年には、大学生の約8割がインターンシップに参加。2社以上のインターンシップに参加している学生は半数以上にも上ります。インターンシップを経験することが当たり前となりつつある今、大学生にとっては注目しておくべき制度といえます。

インターンシップの種類

インターンシップの種類は、開催される期間によって分けられます。短期のものから長期のものまで、それぞれに違った特徴を持っているので、自身の目的に合わせた選択ができます。下記ではインターンシップの期間を3つに分けて紹介していますので、1つずつ、自分にはどれが合うのかを考えながら見ていきましょう。

 

 ワンデー(1day)インターン

ワンデーインターンは、主に大企業が行っている1日だけのインターンシップです。春休みや夏休みなどの参加しやすい期間に開催されることが多いため、休みを利用して複数社のインターンシップに参加することも可能です。

 

内容としては、企業の業務を実際に経験するというよりも、業界や業務の知識、働いている社員などを紹介してもらうなど、説明会としての傾向が強いといえます。1日で終わるインターンシップですので、どの業界に進むのかを決めかねている方や、興味のある業界について知りたい方におすすめです。

 

 短期インターン

短期インターンとは、数日から1週間程度の期間で行われるインターンシップです。企業側から出された課題に対し、ほかの参加者とチームを組んで取り組むのが一般的な内容となっています。チームでの立ち回りや所有しているスキル、解決策を思いつく発想力などをチェックしている企業が多いため、業界や企業の知識を得つつ自己アピールの場としても利用できます。

 

インターンシップ中に実力を認めてもらうことで、面接での審査を有利に進められるので、気になる企業がある方は積極的に参加しておくのが良いです。

 

 長期インターン

近年、開催する企業が増えてきたのが、数ヶ月から数年の期間で行われる長期インターンシップです。長期インターンシップでは、企業の一員として業務に携わるため、実務レベルのスキルを身に付けられます。

 

インターンシップを終える頃には即戦力と言えるスキルが身についていますので、インターンシップに参加した企業の面接を受ける場合も、ほかの企業の面接を受ける場合も、有利に話を進められます。

インターンシップとアルバイトの違い

インターンシップとアルバイトの違いとしてあげられるのは目的の違いです。アルバイトの目的には、労働の対価として得られる「収入」があげられますが、インターンシップの目的には、業界や企業などの知識、実務のスキルなどを得ることがその目的としてあげられます。

 

アルバイトがマニュアル通りの業務を求められる一方、インターンシップでは、自身の考えに基づいて自主的に行動することが求められます。与えられた業務をこなすだけでなく、業務の改善や新しいやり方などを考えることは、インターシップとアルバイトの業務に対する意識の違いといえます。

 

また、インターンシップでは大学生を対象者としているため、時間に対する配慮もアルバイトとは違っているといえます。アルバイトでは、業務の忙しさによって授業を休まなければいけなくなることがあるのに対し、インターンシップでは授業や部活を優先させてくれる企業がほとんどです。

 

学校生活とインターンシップを無理なく両立できるので、アルバイトをするよりも時間的にも精神的にも余裕をもった学生生活が送れます。

インターンシップに参加することのメリット・目的

ここでは、インターンシップに参加することで得られるメリットや目的を紹介します。インターンシップに参加しようと考えている方や、興味があるという方は「どういったメリットが得られるのか」「どういった目的が達成」できるのかを確認してみてください。

 

 業界・企業研究に繋がる

インターンシップでは、企業の中に入って業界の実態や企業の実態を知ることができるため、自身で調べただけでは見つけられなかった新たな発見が得られます。本来であれば立つことのできない企業側からの視点に立てることは、インターンシップに参加することのメリットです。

 

さらには、業界の特徴や業界の中で戦う企業の強みなどを詳しく説明してもらえるので、業界や企業に対する理解が深まることは間違いありません。自身が目指す業界の動向や企業の実情などの知識は、今後のキャリアを考えるうえでも必要な知識といえます。

 

 採用につながる場合も

上記でも触れましたが、インターンシップを人材選考の場として考えている企業は多くあります。実際の業務を通して有用であることを認めてもらえれば、面接を有利に進められることは必然です。ワンデーインターンでは自己アピールをすることは難しいかもしれませんが、短期のインターンシップや長期のインターンシップでは、積極的に自己アピールしていくのが良いといえます。

 

また、企業側の視点から見れば、インターンシップ経験者は新人研修にかける手間暇を減らせるというメリットがあります。コストを抑えつつ実務スキルを有している人材は、一般応募者に比べて魅力的であり、ぜひとも採用したいと考えるのが自然な流れです。

企業がインターンシップを開催する目的

インターンシップを開催する企業が増えていることからも分かるように、インターンシップの開催には企業にとってメリットとなる部分があります。学生側から見たインターンシップと企業側から見たインターンシップにはどのような違いがあるのか、ここでその知識を得ておきましょう。

 

 就活性への知名度UP

インターンシップを開催する目的の1つに、企業の知名度を上げたいという目的があります。少子高齢化の現代社会において、新卒の社員を獲得することは企業にとって死活問題です。事業を拡大するためには人員がいりますし、定年退職する社員の穴を埋めるのにも人員がいります。

 

そういった背景から、多くの人材を獲得するため、インターンシップに知名度の上昇という目的を設定しているのです。また、企業が知名度を上げるためにインターンシップを開催することは、学生にとってもメリットがあります。

 

インターンシップを開催することで知名度を上げたいとする企業は、つまるところ、人材を欲していると考えられます。絶対とは言い切れませんが、インターンシップを開催していない企業よりは、採用されやすい、就職しやすい傾向にあるといえます。

 

就職活動で多くの内定をもらい、そのなかから改めて自身にあった企業に就職したいと考えるのであれば、インターンシップを開催しているかどうかを、内定がもらいやすい企業であるかどうかの判断材料としてみてはいかがでしょうか。



 優秀な学生の囲い込み

インターンシップを開催している企業には、インターンシップを選考の場として考えている企業もあります。企業が実際に行っている業務に取り組む学生をチェックし、その適性や有用性を判断しているのです。

 

なかには、優秀な学生に対し、インターンシップ中にアプローチする企業もあります。自身のスキルアップや業界研究だけを考えるのではなく、自己アピールできる場でもあるということを意識して参加すると良いです。

 

また、インターンシップ中に声をかけられなかったとしても、面接などにおいて優遇してもらえる可能性は大いにあり得ます。事実、インターンシップ組と一般応募組では選考の基準を変えているという企業もあるので、インターンシップには積極的に参加し、自己アピールを行うのがおすすめです。

インターンシップの探し方

ここではインターンシップの探し方について説明します。学校などで説明を受けたことがある方も多いと思いますが、確認の意味を込めて、ここでもう一度見ておきましょう。

 

 大学のキャリアセンター

インターンシップを開催している企業を探す際、まず始めにチェックしておきたいのは大学のキャリアセンターです。大学のキャリアセンターでは、インターンシップという制度を説明するためのパンフレットをもらえたり、直接インターンシップについて説明してくれたりと、インターンシップの利用について手引きしてもらえます。

 

さらには、希望した受け入れ先の企業との仲介も行ってもらえるため、これからインターンシップに参加しようと考えている方は、大学のキャリアセンターに問い合わせることから始めると良いです。

 

 企業のホームページ

インターンシップが開催されているかどうかは、企業のホームページからでも確認できます。気になる企業のホームページをチェックするのも良いですし、業界シェア上位の企業から選ぶのもおすすめです。

 

大手企業が行うワンデーインターンではなく、短期や長期のインターンを探したいというのであれば「企業 データベース」と検索して、気になる業界の企業を調べたり、企業が運営しているSNSを調べたりするのもおすすめする方法です。

 

 就活求人サイト

就活求人サイトには、短期のインターンシップを中心に、幅広い業界のインターンシップ開催情報が集まっています。扱っている開催情報が求人サイトごとに違うため、利用する場合は、複数の求人サイトをチェックしておくのが良いです。インターンシップに関する情報も多く手に入れられるので、しっかりと情報を集めてから取り組みたい方におすすめです。

まとめ

ここまでインターンシップについて見てきましたが、いかがでしたでしょうか。インターンシップは上手に利用することで自身のスキルアップを図れるだけでなく、採用に繋げることも可能な職業体験制度です。インターンシップを経験することが当たり前になりつつある今、その波に乗り遅れてしまわないよう、この記事を参考にインターンシップへの参加を検討してみてください。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る