目次

私立高校・大学の場合の学歴欄の書き方

履修書の学歴に私立の高校名や私立の大学名を記入することは「私立○○高等学校」「私立○○大学○○学部○○学科」とした表記で記入してください。前に「学校法人」や「○○学園」などと付随する場合は、それらの名称を「私立」と記入しましょう。

 

「学校法人」や「○○学園」となった名前は法人の名前であるため、履歴書の学歴に記入する必要はありません。間違えて付いたまま記入しないよう、気をつけておいてください。また、学校名に「私立」と記入することは、同名の学校がある場合には区別するためのもので、同一の学校名が存在しない場合は、記入する必要のないものです。

 

しかし、学校名に「私立」と記入された履歴書は、何も付けられていない学校名が記入された履歴書に比べて、採用担当者に丁寧な印象を与えられます。履歴書が丁寧に作られているかどうかは、審査の判断材料となる部分であるため、少しでも良い印象を与えられるよう、私立の学校の場合はしっかりと区別する表記を記入しましょう。

こんな場合はどうすればいいの?

 学校名が変わった

学校名が変わった場合には、入学時の学校名または卒業時の学校名を記入し、その後ろにかっこ書きで現在の学校名を記入しましょう。この時に注意しておかなければいけないのは、卒業後に学校名が変わった場合です。

 

学校名が変わったことを知らずに前の学校名を記入してしまうと、よく確認をしない雑な性格という印象を与えてしまいかねません。そのため、卒業した学校名を書く際は現在も名前が変わっていないかどうか、確認してから記入するようにしてください。

 

 学部・学科がなくなった

学部・学科がなくなった場合は、入学時の学部・学科名または卒業時の学部・学科名を記入しましょう。注意点としては、学校名のようにかっこ書きで現在の学部・学科名を記入する必要はない点です。学校名が表面的な名前であるのに対し、学部・学科名は学んだことを表す内面的な名前です。

 

なくなった学部・学科名ではなく、現在の学部・学科名を記入してしまったのでは、多かれ少なかれ学んだ内容が違うものとして伝わってしまいます。そのため、学部・学科名を記入する際は、入学時または卒業時の、自身が学んだ学部・学科名を記入し、現在の名前は記入しないように注意しましょう。

学歴欄を書くときの注意点

 学校名は正式名称で

学校名の表記には正式名称を使用するのが常識です。応募する企業と同一県内にある学校だからという理由や、誰もが知っている有名な学校だからといった理由で、略称を使用することは避けておいてください。

 

略称が使用された学校名では、履歴書を見た採用担当者に良い印象を与えられません。学校名に旧字が使われている場合や正式名称とは違った一般的な表記がある場合にも、正しい学校名が書かれた資料を基に正式名称を記入するようにしましょう。

 

 履歴書全体で和暦か西暦か統一する

履歴書では、学歴欄や資格欄、または自己PR欄などで日付を記入する箇所が多くあります。日付が統一されていない履歴書は、見た目が悪く雑な印象を与えてしまいます。ですので、履歴書の日付を記入するときには、和暦か西暦のどちらかに統一しましょう。

まとめ

履歴書では、ちょっとした違いで丁寧な印象を与えるか、雑な印象を与えるかの差が出てきます。この記事で紹介したポイントは、履歴書という書類でなければ許容されるものですが、履歴書を作成する以上、些細なところにもきちんと配慮することが大切です。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る