目次

最終学歴とは?

最終学歴は「最も高い水準の教育の経歴」のことを言います。多くの方が最終学歴は最後の学歴であると認識していますが、それは間違いです。確かに最後の学歴となる場合がほとんどですが、大学を卒業してから専門学校に進んだ場合の最終学歴が「専門卒」ではない「大卒」となるように、学んだ順番は関係しません。

 

また、最終学歴は「大学院・大学・専門・高校・中学校・小学校」と同様の順番でききましたが「短大・高等専門学校・専門学校」は、同列で扱われます。関係がないため、同列の学校を複数卒業した場合は直近の学歴を最終学歴としておいて良いです。

学歴欄・最終学歴の書き方

 高校卒業以降を書くのが基本

履歴書の学歴欄には「高校の卒業」から書き始めるのが基本ですが、「空白が目立つから」などの理由で中学校や小学校から書き始めても間違いではありません。基本はあくまでも基本ですので、状況に合わせて工夫するようにしてください。

 

 在学中の場合は「卒業見込み」

履歴書を提出する時点に在学中であった場合は、学校名の後に「卒業見込み」と記入しましょう。変に「卒業」などと手を加えてしまったのでは正確な情報といえませんので、在学中の場合は「卒業見込み」と正しい情報を記入してください。

 

 卒業している場合は「卒業」

学校を卒業している場合は、単純に学校名の後に「卒業」と付け加えます。注意点としては、小学校から大学までは「卒業」で間違いありませんが、大学院に関しては「卒業」と付け加えるのは間違いですので、その点には気をつけておきましょう。

 

 大学院の場合は卒業ではなく「修了」

大学院を卒業した場合は、学校名の後ろに「修了」と記入します。その際、学部や学科専門コースを記入することや、修士課程を卒業したのか博士課程を卒業したのかについても忘れずに記入するようにしてください。

 

また、博士課程を取得したものの、博士論文が通っていない状態で卒業した場合は「修了」と記入するのではなく「単位取得退学」もしくは「単位取得満期退学」と記入しましょう。学歴欄の1行に収めきれないときは、ただ「退学」と記入することも可能です。

 

加えて、大学と大学院では教育の水準が異なっているため、卒業した大学の大学院に進んだ場合も「○○大学 大学院○○研究科○○専攻 修士課程 入学」といったように「入学」したことも学歴として記入してください。

 

学校によっては「修士課程」を「博士前期課程」と表記するのが正しい書き方である学校もありますので、その点にも注意して記入するようにしましょう。

こんな場合の最終学歴はどうなるの?

 中退した場合

学校を中退した場合は、学校名の後に「中退」と付け加えてください。中退した学校は最終学歴としては認められませんが、学歴の空白期間を埋める目的として中退した事実も記入するようにしましょう。

 

 大学卒業後に専門学校に行きなおした場合

上記でも触れましたが、大学と専門学校では大学の方が高い水準の教育ですので、最終学歴は「大卒」となります。くり返しになりますが、最終学歴には学んだ時期を考慮せず「最も高い水準の教育の経歴」が当てはまるため、水準の低い教育を最終学歴としてしまわないよう十分に注意しておきましょう。

 

 留学先で卒業した場合

留学先で卒業した場合は、学位を取得しているのであれば最終学歴として認められます。最終学歴は学校の卒業や修了をその基準としていますので、大学在学中に留学して学位を取得した場合も、最終学歴は留学先の学校ということになります。

 

ただし、一部の単位を取得する目的でする短期留学や語学留学といったケースは最終学歴として認められないため、短期留学や語学留学を最終学歴として伝えてしまわないよう気をつけておいてください。

 

 大学を2つ卒業した場合

大学を2つ卒業した場合は同じ水準の教育を受けたことになりますので、後に卒業した方を最終学歴としておきましょう。もしも前に卒業した大学の方が採用で有利に働くというのであれば、そちらを最終学歴としても問題ありません。

まとめ

最終学歴の意味が最後の学歴ではなく「最も高い水準の教育を受けた経歴」であると初めて知った方も多いのではないでしょうか。履歴書では、言葉の意味を少し間違えているだけでもマイナスの印象を与えてしまいます。少しでもマイナスの印象をなくしてプラスの印象を与えるためにも、履歴書を準備する際には、言葉の意味なども調べておくようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る