目次

最終面接から内定の連絡はいつ来る?

面接結果は1週間を目処に電話でメールで連絡が来ることが多いです。面接の合否連絡をして期間は企業によって日程は変わってきます。それで面接結果は3日程度で連絡しますてくれる企業さんもいらっしゃいます。面接の合否結果の連絡は、早くて3 日ほどで電話かメールで連絡が来ることが多いです。郵送での連絡の場合は、1週間程度はかかってしています。

そこで、企業によっても違いますが、面接のときに面接官から連絡の時期を教えていただけない場合は、こちらから「どのような方法でご連絡頂戴いただけますか?」と確認するのを忘れてはいけないです。企業から言われる場合は大体1週間~2週間以内の内には合否の連絡をしてもらえます。

 


連絡が来る時間帯

企業さんにもよりますが、選考人数が多くても採用の場合はの時間帯は「午前中」か「面接した夜」には採用の連絡をしてもらえます。そこで連絡してくる担当者の仕事の量によりますが、学校で内定者が留守電の場合もあるので、採用の場合、面接してから2~3日の「午前中」には内定の連絡が来ると思っていていいでしょう。また、電話する人数が少ない企業さんの場合は、会社が始まった朝一番に電話がもらえる時もあります。

 

または、応募者の面接が全員終わり採用の人が決まっている場合は、採用に限って早いと「面接した夜」に電話をもらえる場合があります。企業さんは、欲しい人材なら他の企業さんに行ってほしくないので早く連絡して人材を確保します。そして、内定者が現在、大学生や就業中であれば、学業に支障がないように夜の電話にかけてきてもらえますが、一般的には朝~昼間の時間帯に1回は連絡をしてもらえます。

 

そこで、スマホが留守番電話になっていれば、それにメッセージを残してもらえます。留守番電話機能がない場合は、1日のうちに複数回、電話をしてもらえます。電話したことを知らせる為にメールをする企業さんもいらっしゃいます。企業としても、採用決めた人には何としてでも連絡を取ろうとしてくれますので、連絡を待っている側も気にしていれば、普通なら1日のうちで着信には築くことができます。

 

最終面接からどのくらいの期間で来る?

面接の合否結果については「早ければ3日以内、遅くとも1週間位」の期間が一般的とみなされます。これは企業さん側が選考する期間に余裕を持ちたいために、欲しい人材が複数名いた場合や、まだ面接を実施していない応募者がいる時は、最後の応募者の面接が終了するまでが選考期間と決めている場合があります。

 

そこへ自分への報告を早くするためにも、履歴書に書きました電話番号は必ず電話が取れやすいのを書くのをおススメします。実家に住んでいて家庭電話とスマホがある場合は、両方を記載した上で、本人希望記入欄に、スマホの方に連絡してほしいことを記載します。そうすることで、面接してくれました担当者から直接電話がくる場合と、人事の担当者からくる場合もございます。担当している部署の多忙さもございますので、必ずいついつに連絡が来るということはありませんが、応募者がたくさんいる場合、基本的に採用者したい人を優先的に電話していきます。

ですから、不採用の場合は、電話、メールがなかなか連絡は来ないです。1週間経っても、連絡が来ないこともしばしばあります。連絡がない場合は、不合格となったと感じましょう。


電話かメールどちらで来る?

面接の結果の連絡が電話できていない時はメールをチェックします。最終面接を受けて、合否の連絡が電話でこないだけで不合格と思ってはいけないです。なぜならメールで合否の連絡が入っていないか確認をします。また、就職サイトを通して応募した場合は、そちらのメッセージなどの所も確認をしときます。合否の連絡に対する返事が遅いと、もしも面接に合格していても、期限が過ぎていると選考に進めなくなってしまいます。大抵の場合、電話で連絡をしてくれますが、あくまで連絡の仕方は電話だけとは限りません。

 

そして面接の結果はどれくらいで教えてもらえるかと言いますと、企業側の選考のやり方や事情によって、面接の結果は、最低1週間でお知らせしてもらえます。そして、面接してほしい人材の場合は、なるべく早めに連絡をしてくれます。

 

 

連絡が遅い場合はこちらから確認してもいいのか?

企業さんが何日までに連絡しますと言っても無連絡の場合は、こちらからかけても問題はないです。

企業さんに連絡する場合は、面接をいつ受けて、結果の連絡をどのくらい待ったのかを伝えて結果を聞くのをおススメします。

もし、まだ他の人の面接が終わっていない場合は、この時点で待てるか判断します。このまま不採用だったら、そのまま連絡してくれない企業もないわけではありませんが、あまりに連絡が来ない場合は諦めて他を探します。

そして通常は、面接してから3日以内、遅くとも1週間以内にはもらえるので、たとえ連絡がなくても応募した人の判断で、他の企業さんを探した方がいいです。


内定連絡をもらったらすべきこと

メールの場合はすぐに返信する

内定がもらえたら、採用担当者にメールをします。先日は内定のご連絡ありがとうございます。御社で働かせていただきたく、これから宜しくお願いいたします」というような言葉が言えるといいでしょう。内定がもらえたら連絡の期日は大体3日位までにはします。そして最低でも1週間以内には返事を返します。

 

感謝の気持ちを伝える

就活で内定を頂いたら、お世話になった企業さんの担当者にお礼を伝えます。就活のお礼状などには、感謝の気持ちと今後の抱負を盛り込んで書きます。採用してもらったことに対するお礼や、面接などの選考に時間をとってもらったことへのお礼など、感謝の気持ちを自分の言葉で表します。採用のお礼状は長く書くことは必要ないです。簡潔かつ丁寧な書き方にします。


内定承諾の意思を伝える

内定の承諾をメールで企業さんに伝える際は、選考結果の連絡できたメールからタイトルを変えずに返信するのがいいです。タイトルを変えた方が丁寧に見えますが、企業さんからしてみるとタイトルを変えられると、メールを見つけるのに時間がかかってしまいます。なので、内定の承諾を伝えるメールは、タイトルを変える必要はないです。

 

そこで、Reを付けて返信するのがビジネスマナーになりますが、「Re:」で返信していく方が逆によい印象をもたれます。ただし、来たメールから返信すると、「Re:」がたくさんついてしまうので、後の「Re:」は消して、最初の「Re:」だけにします。

 

内定を保留する場合の注意点・ポイント


内定の保留をお願いする場合、連絡をもらってから3日以内、遅くても1週間以内に企業さんに連絡をします。採用担当者は時間などをかけて面接してくれたので、御社を第一志望で選んだ人に入ってもらいたいと期待を内定者に託しています。

企業は採用活動においては、一定の保留があることを想定して採用活動をやっておりますので、保留の期限をしっかり教えた上で、3日~1週間程度といった範囲なら特に問題はなく、担当者に嫌なイメージを持たれる心配がなくなります。

 

内定を辞退する場合の注意点・ポイント

もし内定の受諾を悩んでいる時は、いつまでに回答できるのかを確かめておきます。できれば1週間以内に連絡するのがいいです。


内定を辞退する際には、企業さんに謝罪の言葉をしっかりと伝わるようにしなければいけないです。このとき、内定辞退の理由は簡潔に分かりやすく言うのがいいです。細かく言ってしまうと言い訳を言ってるように思われてしまいます。


内容としましてはこれまでの採用活動の感謝、迷惑をかけたことを踏まえて書きます。
またこれらの連絡は、電話でするのがいいでしょう。これまでお世話になってきました採用担当者に辞退の連絡をすることは、心が痛くなります。けれどもメールで辞退の連絡を入れると印象が悪く思われて非常識だと思われてしまいます。よって理由がない限りは、電話で辞退の連絡を入れた方が印象がいいです。


電話のタイミングは、会社のお昼時間はダメです。相手に迷惑にならない時間にするのがベストです。もしも内定に関する書類を提出している場合は、採用担当者の指示に従って手続きをします。

 

まとめ

最終面接が終わって1週間が経っても連絡が来ない場合は、自分から企業さんに電話して丁寧な言葉で聞いてみます。そうすると丁寧に選考の進み具合や結果を教えてもらえます。もしも、内定が決まっていても保留したい場合は、企業さんには、3日以内には連絡をいれます。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る