目次

面接結果の連絡が来るまでに一般的にかかる期間

まずは面接を行った後から、その結果が届く期間についてです。この連絡の期間ですが、正直に答えると企業によって千差万別です。さらに言えば、同じ企業でもその時の選考がどの程度の進行具合によっても連絡が来る期間が異なると考えておくべきです。

連絡が来るまでの期間が疎らな理由は、大きく分けて二種類の面接が存在するためです。この二種類のうちの一つは絶対評価的な面接です。

 

面接を希望する学生は大多数います。その中から、企業の面接担当者は企業側が設定している求める人材像を満たしている就活生を選び出します。そして、その条件を満たしている就活生とさらに面接を重ねることで、より適した人材を企業側は選び出していきます。

この二つの面接の内、一つ目の絶対評価的な面接では、企業側が設定している条件に適していると判断されれば、問題なく通過することが出来ます。極端にいえば、10人受けて10人とも面接を通過できる可能性すらあると言えます。そのため、企業側も事前に計画した通りに物事を進めることが可能です。

 

しかし、その後に行われる面接は相対評価で行われる可能性が高いです。絞った候補者からさらに企業に適した人材を選びだすことを目的とした面接では、最終的に内定や内々定まで視野に入れています。企業側は、内定の枠にある程度目安となる人数を設定しているので、他の候補者と比較されます。こういった比較を行うといった条件化では、社内でも意志決定に時間を要します。そのため、相対評価が必要となる面接の選考結果の連絡が遅くなってしまいます。

例外として、相対評価を行うことで一般的に時間を要する場合がある一方で、社長や経営者層のメンバーによって新卒採用権の最終決定権が一任されている場合には、最終面接後すぐにその場で内定を与えるような企業も存在します。

 

面接後の結果が分かる連絡の期間は企業によって異なります。また、選考の時期や進行具合によっても、変化することを頭に入れておきましょう。この連絡の期間を確かなものにするのは、選考時に企業側の採用担当者に面接の結果がいつまでに出るのかを逐一確認しておきましょう。

 

連絡はメールか電話どちらでくるか

次に紹介するのは、面接の結果がどのような手段を用いて企業側から連絡されるかについてです。現在、想定される連絡手段は、メールか電話です。また一部企業や業界では自宅へ面接結果が郵送される場合もあります。

 

インターネットが発達し、誰もがパソコンやスマートフォンを持っている昨今では、メールで結果が送られてくることが最も多いです。電話ではなく、メールが好まれる理由は、記録として残ることです。メールとして記録に残ることによって、電話が繋がらないような事態や、再度の確認といった就活生側からの連絡の不手際をなくすことが出来るからです。

 

しかし、最終面接後などの大事な連絡時は、電話にて連絡が来る場合もあります。その理由は、内定や内々定を出している以上、企業側はその人が内定承諾してくれることを期待しています。そのため、メールではなく、直接合格者と対話を行うことの出来る電話を用います。

連絡手段についても、正直な所では連絡手段についても企業や担当者によって、ケースバイケースでしかありません。同じ企業でもメールで連絡する人もいれば、電話をしてくる担当者もいるでしょう。どうしても連絡手段が気になる場合は、説明会や企業の新卒採用HPなどで、事前にどのような手段で連絡するのか企業ごとに確認しておくのが得策でしょう。

 

 最後に郵送といった手段で結果を伝える企業についてです。この手段は業務の都合上、社内や取引先と紙媒体でのやり取りを行っている可能性があります。あくまで可能性ではありますが、このような面接の連絡先の一端から、日常の業務を推測できる可能性もあります。このような些細なことも注目してみることで企業のことを知る機会になるかもしれません。

採用の場合は、選考結果連絡が早く来る

面接の合否や採用不採用といった結果によって、企業からの連絡が早く来るかどうかについてですが、これはいい結果である方が、早く連絡が来る可能性が高いと言えます。

まずは、面接を通過した場合ですが、当然ですが、こちらがさらなる選考を望むことで次なる面接が行われることになります。次の面接が行われるということは、企業側は新たな面接の日程を組むために、面接官のスケジュールを確保しなければなりません。そして、面接官のスケジュールを踏まえた上で、就活生との日程をすり合わせる作業が発生します。企業側の担当者は日常的な業務に加えて、面接を行っているため、面接の時間を確保するのは、容易ではないです。そのため、合格者には出来るだけ早く結果を通達し、次の面接の日取りをなるべく早く決めようと考えています。

 

最終面接まで終了し、内定の通達を行う場合も、合格者に早く連絡が来ます。企業側が内定を出す以上、合格者には出来るだけ自社に来てもらう必要があります。そのため、少しでも早く連絡を行うことで、その後の合格者とのコミュニケーションを円滑に行いたいと企業側の担当者は考えています。企業側からしても、合格の連絡が遅くなることで、合格者がほかの企業の選考を進めてしまうことは防ぎたいと考えています。

 

残酷な現実かもしれませんが、企業側からしても次の選考に進む学生や、内定を通知した学生を優先した上で連絡を行っています。企業にとっても、採用は企業を成長させるための最良の手段です。選考結果の連絡の優劣からもこの重要性を再確認しておきましょう。

結果連絡が遅い場合に考えられること

多くの企業の場合、説明会や新卒採用のHPなどで、選考結果の連絡を通達するおおよその目安となる期間を掲載していることが多いです。そのため、万が一企業側からその期間が過ぎても連絡がない場合に、考えられることは二通りあります。

 

一つ目は、不採用という結果になっている場合です。上述したように、企業側も新卒採用に用いること出来るが人材の資源が限られるので、どうしてもいい結果になった就活生に優先して連絡を行っています。そのため、不合格である就活生への連絡が遅れてしまっている場合です。受け入れがたいことではありますが、連絡が来るはずの時期を過ぎてしまっていたら、不採用であることを覚悟した方がいいでしょう。

 

二つ目に考えられることは、想定外の応募数などがあった場合です。ある程度一律の時期に大量の学生との面接を行い、一斉に結果を通知しようとする場合、すべての面接の結果が分かるまで連絡を行うことが出来ずに、連絡が遅れてしまうケースです。企業から連絡が遅れている場合、こちらから出来ることは限られています。採用と不採用のどちらの結果になってもいいように準備を行っておきましょう。

連絡が遅い場合は問い合わせてもいいの

仮に、企業側が提示している期間内に連絡がなかった場合、担当者に連絡してもいいのかどうかは気になるところでしょう。結論としては、連絡することは問題ないです。しかし、上述したように連絡が遅れている場合は、かなり高い確率で不合格になっている場合です。企業側も合格者への連絡は念入りに確認した上で、それぞれの合格者に連絡を行います。担当者の連絡ミスといった事態は、起こり辛いと考えておきましょう。

 

そもそも、企業への問い合わせを行うことは問題ありませんが、本当の所では推奨は出来ません。特によほどの急を要さない限りこちらから連絡を行うことはしない方がいいです。  

しかし、その企業以外に面接での選考が佳境であり、どうしてもすぐに面接の結果をしらなければいけないような事態も想定されます。

具体的な例として、第二希望とする企業から内定を貰い、内定の受諾期間が近づいており、なおかつ第一希望の企業から期間が過ぎても返事が一向に来ない時などです。このような急を要する事態の中で、連絡のなかった第一希望の企業を優先するために、第二希望の企業からの内定に断りを入れた結果、第一希望の企業も後日不採用となった場合は、人生を左右されるような一大事です。就職活動では、このような切羽詰まった緊急の場合も起こり得ます。そのようなときは、理由を伝えた上で遠慮なく問い合わせを行いましょう。

 

企業からの連絡が遅れている場合に、こちらから問い合わせを行う上で一点だけ注意することがあります。それは、連絡が遅れている場合に限り、連絡を行うべきであることです。いくら緊急の場合といえども、基本的には企業側の選考結果のスケジュールの上で選考を受けていることを忘れないようにしましょう。くれぐれも選考結果の通知が来る日にちよりも前にこちらから問い合わせないようにしましょう。

連絡が来た場合の対処法

次の選考に進みたい場合

最後に、企業からの連絡が届いた後に、就活生がどのような対応を行うべきかをお伝えします。まずは、無事に面接を通過し、次の選考に進むことを希望する場合です。

面接通過に関する連絡が届いた後に、次の選考を望む場合は、なるべく早く企業の担当者に返事を行いましょう。合格している場合は、次なる面接の日程が提示されます。この返事を早く行わなければ、別の合格者によって日程が埋まってしまう可能性が生じるためです。そのため、自分にとって都合のいい面接の日時を確保するためにも、担当者への早めの連絡が鍵です。

また、どれだけ連絡が遅くなるとしても一営業日以内には返事をしましょう。こちらからの返事が遅れしまうことで、それ以降の選考の進行具合がどんどん遅くなってしまいます。さらに、面接の日程が遅い時期になってしまうことによって、就職活動自体が後ろ倒しになってしまう危険性があります。

 

 内定承諾したい場合

次に最終選考まで終了し、内定を貰うことが出来た後に行うべき内定承諾についてです。企業から内定が提示された後は、企業が行う対応は多種多様です。すぐに入社するか否かの判断を求める企業もあれば、しばらく時間を置いた上で返事をしてくれればよいと期限を設ける企業もあります。

もし、就職活動を終えてすぐに内定承諾の決断が出来る場合は、その旨を企業側に伝えましょう。その後は、内定承諾に関する書類のやり取りなどが発生するので、適宜対応すれば問題ないです。

 

内定を保留したい場合

仮に、内定を保留することを検討している場合は、正直に内定を保留したいと考えている理由を含めた上で、企業側に説明する必要があります。内定を承諾することは、今後の長い将来を決めることと同義です。じっくり悩まなければ決めることが出来ないかもしれません。

内定承諾の決断が難しいことについては企業側も多少は理解を示してくれるはずです。そのため、内定を保留したい理由は、誠意を持って伝えましょう。

また、ただ待ってもらうだけでなく、いつまでに返事を行うことが出来るも企業に約束しましょう。企業側にも採用活動を行っている中での事情があります。それを引き延ばしてもらう以上、お互いにベストになるように交渉することが望まれます。

 

まれにこちらの決断の状況に関わらず、内定承諾の決断を迫る企業もあります。そのような企業の場合は、その時に自分が置かれている条件で判断するしかありません。この条件になったら、無理にすべての判断を自分一人で行わずに、第三者的な社会人に相談して客観的なアドバイスを求めるなど、頭を整理することを試みるのも一つの手です。

 

不採用通知には返信は不要

 仕方のないことですが、不採用通知が企業から届くこともあります。その時は、特にこちらから返事をする必要はありません。不採用通知が来るということは、お互いにとっていい出会いではなかったということです。仮に、お互いにいいと思える企業で働くことが出来ない環境では、活躍することは望めません。

ミスマッチだったことが分かった後に、こちらから伝えることはありません。悪い出会いのことは、次なる活躍できる可能性がある環境を求めて次の一歩を踏み出すために、結果を確認し次第、すぐに忘れるのが秘訣です。

 

 内定辞退したい場合

 万が一ですが、内定を受諾した後に内定を辞退することもあるかもしれません。これは、就職活動を通して、企業との信頼関係を一瞬で崩壊させることに繋がります。出来る限り、内定辞退は避けるように、内定受諾前にじっくり考えましょう。

 しかし、何かしらの理由で、内定を辞退しなければいけない状況になることもゼロではありません。もし、内定を辞退することになった場合は、出来る限りすぐに企業の担当者に連絡を行いましょう。

 くれぐれも音信不通になったり、そのままフェードアウトになったりしてはいけません。企業は採用を行うためにコストを払っています。そのことを忘れずに、内定辞退をしなければいけなくなったら、すぐに連絡を行いましょう。

まとめ

どのようなことにも言えることですが、面接の連絡に関してもインターネットの発達によって、簡単に行うことが出来るようになりました。そのため、便利で時には簡単すぎるほど、しかし、一通のメールといえど、企業とやり取りを行っていることを意識する必要があります。企業と連絡を行う際には、どのような時でも迅速かつ丁寧に対応しましょう。

 

企業は、採用基準として一緒に働きたいかどうかを重視している傾向にあります。そのためにも、連絡をした後にすぐに返事を行うような人物を評価してくれます。こういった小さな気配りを忘れずに行えるようになりましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る