目次

志望動機の書き方

企業を志望する理由を考え、考えていることを詳細に表現することは簡単なことではありません。内容を何か何かで盛り込みますとしてしまい、文章にまったくなくても読み手である企業の担当者にとって読みづらい文章になっています。そのため、履歴書で志望動機を書くときは、最低限の伝えたいことのポイントを抑えて文章を書きましょう。それで、その志望動機を読んだこと誰が直接会ってもっと話を聴いてみたいと思うことを意識しましょう。

 

志望する理由を詳細に伝えられないことで、企業から評価をしてもらえないことを心配する必要はありません。だれなら、履歴書の志望動機が評価のポイントになるのは、第一次面接の前だからです。この段階では、企業は少しでも優秀な人材と接待を考えています。

それのために、少しでも魅力を感じることが出来ますので、企業はその人材と直接会うための機会を設定するようにします。履歴では、その会うためのキッカケになるような内容でさえあれば十分詳しい志望動機は、企業の担当者と直接顔を合わせた時に話せるように準備しておきましょう。

 

志望動機を一言で最初に書く

 志望動機は端的に一文字で表現しています。文章を読んで最初に結論が書いてある方が読む手は内容を把握しやすです。履歴書の志望動機の最初の一文目が企業に対しての履歴書内での一貫してアピー​​ルしたいことと言っても過言ではありません。

 自分がその企業を志望している理由は、すべてその一言に集約しているものとして扱います。軸を定めることで、企業もその人が言いたいことを理解してやります。

 

理論的な欲望動機を説明する

 一言で志望動機を書いた後は、明らかな説明を書いてきます。これを説明するために、その志望動機に至った背景を明確にすることです。企業は、漠然とした欲望動機は評価してくれません。志望動機まで至った考えのプロトコルを重要視しています。このプロセスを評価してもらうためには、過去の経験を上手く盛り込みましょう。

 過去に直面した問題に対して、どのような取り組みを行って、どんな結果を得たかを並べて書き留めようとしている。系列の流れを持って説明される志望動機を書くことで、読み手に向ける説得力を持てせることが出来ます。

 

志望動機と自分の経験・考察を結びつける

 注意することは、過去の経験と志望動機は関連づけられていなければならないことです。企業としては、双方にとってよりよい関係を築くことが出来る人材を採用したいと考えています。そのため、その人の志望動機になっている根拠が明確になっている方が、評価を高く行いやすいです。

 この根拠となるものは、実体験として経験していれば説得力をますことが出来ます。就職活動を行う上で、すべての就職活動性が企業側の過去の事業実績や現状の企業実績などを調べるはずです。それは、企業が掲げている企業理念などに対して、その企業が理念を達成することが出来るか否かのプロセスを踏んでいるかを判断したいと考えているからです。

 就職活動を行っている学生が企業の過去を調べるように、企業側も学生の過去の経験を知ろうとします。これによって、その企業で働くことが出来るかを判断しています。

志望動機を書く時のポイント

 企業は求める人材像を設定しており、就活生にこれを開示しています。この求める人材像を基にして、企業ごとに志望動機を書くのは大事なことです。しかし、ただ求める人材像をそのままに志望動機を書くだけでは企業からは評価されません。まずは、企業が求める人材像を設定している意味を考えておきましょう。

 企業は、ただ優秀な人材だけを求めているわけではありません。自社の掲げている企業理念を達成するために同じ方向性を向いて働くことが出来る人材を採用したいと考えています。そのため、企業が目指していることに共感し、苦楽を共に過ごせると判断されることで企業からの高い評価を得ることが出来ます。また、この企業理念の達成には、短期ではなく中長期的な目標が掲げられます。企業が、長く一緒に働いてくれる人材を重視しているのは、長期的に掲げる企業理念を達成したいためです。

 

 そのような条件を踏まえた上で、求める人材像を意識しましょう。ほとんどの企業は、新卒採用する人材がすぐに活躍することを期待していません。企業として中長期的な目標を達成する上での、成長する見込みで人材を確保しています。成長する見込みを就活生の志望動機で判断します。企業が掲げる目先の求める人材像だけで志望動機を書かないようにしましょう。最も大切なことは、自分なりの志望動機を書くことです。自分なりの志望動機の中で、求める人材像を意識しましょう。

 

履歴書を書き進める上で、自身が書く志望動機と企業理念や求める人材像が結びつかない可能性もあります。その時は、その企業に応募するべきか見直しましょう。志望動機と企業理念が同じ方向を向いているか否かは、その企業で活躍できる可能性は低いです。なぜなら、その企業で働く社員のすべてが企業理念への共感を持ったうえで入社しているからです。共感出来ていない状態で入社出来たとしても、その職場で働き続けることは難しくなってしまいます。

NGな志望動機とは?

 企業が新卒採用を行うのは、企業理念を達成するためにさらなる成長を目指しているためです。反対に言えば、現状の事業規模以上の発展を目指していない企業は、積極的に新卒採用を行いません。

 このことから、その企業の現環境を羨むような志望動機を書いている人材は、企業にとって事業を成長させる可能性を高めると判断することは難しいです。そのため、福利厚生などを始めとする待遇面は志望動機として書くことはおススメ出来ません。この福利厚生などの待遇面は、企業として成長するために付随する副産物として考えておきましょう。企業に集まる人々は一つの組織として、企業理念という目標に向かっているものと考えましょう。

 

企業からの待遇面を志望動機にしてしまっては、どれだけ頭を捻ったとしても企業の発展につながるような志望動機を書くことは出来ないでしょう。こちらの個人的な願望や希望ありきでの志望動機になってしまいます。

それを避けるためにも、志望動機は個人の将来的な目標と企業理念が一致するものでなければなりません。

 

 内容面以外に関しても、志望動機を書くにあたり注意しなければならないことがあります。それは、履歴書を書く読み手がいることです。志望動機は、履歴書の中でも最大のアピールポイントなり得ます。そのため、ついつい内容をたくさん盛り込みたくなります。しかし、たくさん書こうとするあまり過剰に内容を詰め込もうとすると、文字が小さくなりすぎてしまいます。当然のことですが、履歴書を見た時に企業の担当者はたくさん書いてあることを評価しません。書いてある内容を評価します。

 評価を行う上で、内容が評価される時に文字が小さいことは不利に働きます。なぜなら、小さい文字を読むことは、大きな文字より読みづらく内容も理解しづらいためです。企業の担当者は、多くの履歴書に目を通しています。そのため、要点がまとまっており、なおかつ内容が簡潔であるほど、評価もしやすいです。

 

 もちろん、最も重要視されるのは志望動機の内容が優れていることです。しかし、簡潔に要点がまとめることが出来る能力は、社会人の能力として評価されます。冗長で読みづらい文章は、文字も小さくなりやすく、内容も的を射ません。履歴書が果たすべき役割は、この人に会って話をしてみたいと思わせることです。必ずしも最高の評価を得る必要はありません。

例文

私は、ITの力を駆使し、日本発の世界的に利用されるようなサービスを生み出したいと考えています。数十年前に、日本産の車が世界を席巻し、今でも日本の車は世界中で愛されています。しかし、IT化が身近になった現在では、日本発のIT系サービスは日本限定になっているのが現状だと考えています。

実際に、私は過去に海外へ数度行っていますが、日本のIT系のサービスをわざわざ利用することはありませんでした。そもそも、日本にいたとしても、私たちが日常的に頻繁に利用するサービス自体が海外で産まれたものばかりです。

 

しかし、日本がこれからわか​​る海外への影響力をもてたには、世界的に愛されるような存在感のあるサービスが必要不可欠です。そのようなサービスを生み出す可能性が残されているのは、 ITを利用する以外にはありません。

そのため、貴社が掲げる企業理念を聴いた時に、同上これは問題意識を感じている人がいることに感銘しました。私も同じ目標の基に、より良い社会を創ることを目指したいです。 、企業の一員としては一つの目標に向かって努力する中で、個人としても今までの目標を模索したいと考えています。

まとめ

 新卒採用は、能力重視で採用が行なわれることは少ないです。なにか、学生の時点で優しくていたしても、社会人として見た時に、その差は微々たるものからです。新卒採用は、入社後の長い目で見た成長の伸びしを期待できるかどうかが採用に大きな影響を及ぼします。

 

 この伸びしを判断するために、企業にとって欲望動機が最優先して項目です。志望動機では、それがその時の姿を垣間見ることが出来ますから。将来の姿をイメージすることが出来、なおかつ社の経営理念とマッチする人材を企業は求めています。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る