目次

インターンシップの志望動機の書き方

下調べをする

 
志望動機を書いて上からまったくまずすることは、インターンシップに参加したい企業の下調べをすることです。
 
下調べは主に以下の3点をすると良いですよね。
 
「企業の基本情報」
「企業の業務・仕事内容」
インターンシップの概要」
 
「企業の基本情報」は書類を書く上、実際に参加する上に最低限頭に入れておいたほうが良いと思います。基本情報が間違っていると書類は通りませんでした、参加できてもミスマッチが起きやすそうになってしまいます。
 
「企業の業務・仕事内容」は志望動機を書く上書きでも重要です。業務・仕事内容を理解している以上説得力のある志望動機を書く事ができます。
 
「インターンシップの概要」は多くの学生が見落としがちなところです。そのインターンシップがなんの目的で開催されるのか、企業側の目的も理解しておきましょう。開催期間・開催時期・参加人数・場所などで企業側の目的も大きく変わってきます。会社のことを知って欲しいと思っているのか、それとも採用に直結させようと思っているのか、それによって志望動機に書く内容も変わってきます。


参加の目的・目標を具体化する

 
下調べが済んだら、自分が参加する目的・目標を決めましょう。

「会社のことを理解する」「仕事内容に興味がある」「自分の実力を試してみたい」など様々な目的・目標が考えられます。その際、先ほど挙げた「インターンシップの概要」をしっかりと読んで、自分が参加する目的と企業側の目的が一致するように書くと通過率が上がります。


盛り込みたいことを書き出してみる

 
目的・目標を決めたら、志望動機に盛り込みたいことを書き出してみましょう。下調べした情報に加えて、その企業もしくは業種・仕事に興味を持った経験などがあればそれも書き出します。


まとめる

 
最後に盛り込みたいことをまとめて文章を作ります。就職活動を始めてまもないときは、文章にまとめるのは大変だとは思いますが、とにかく書いてみることです。

何回も書いているうちにだんだん慣れてきて、上手くまとめられるようになります。
 

よい志望動機とは?

自分ならではのオリジナルの内容がある

 
他の学生も同じように下調べをして志望動機を書いてきます。よって、受かるためには差別化をしなくてはなりません。
 
そのためにはオリジナルの内容を盛り込む必要があります。

オリジナルを盛り込みやすい部分は「参加する目的・目標」と「その企業もしくは業種・仕事に興味を持った経験」です。
 

具体的に書く

 
たとえば、営業のインターンシップに参加したいとき、「営業職に興味がある」と書いただけでは、他の学生もみんな書くので差別化できません。

しかし、「大学2年のときにアルバイトで営業アシスタントをしたことがあり、活躍している社員の姿を見て自分も営業職に就きたいと思った」と具体的に書けば、オリジナルの内容で他の学生と差別化することができます。
 

参加の目的が明確

 
「この学生はなんの目的があってわが社のインターンシップに参加するのか」が明確に伝わらないとよい志望動機とは言えません。
 
なので志望動機の書き出しは「参加の目的」で始めるようにしましょう。

まずはじめに「参加の目的」を示すことで明確になります。
 

 その企業でインターンしたい理由が明確

志望する職種や業界には、その会社以外にも多数の企業があります。なぜ同業他社ではなくその企業インターンしたいのか、その理由を書きましょう。

ポイントは企業名を志望動機のなかに入れることです。

また、その企業が発売している商品・提供しているサービスなどがある場合は、それらを盛り込むとその企業でインターンをしたいアピールになります。

志望動機の具体例

以上を踏まえて、参加の目的別にいくつか具体例を紹介します。
 

「会社のことを理解する」

 
貴社の○○○○という理念に共感し、貴社に対して興味を持ちました。ホームページを見るだけではなく、実際に貴社が経営している店舗を訪問してみたり、OB訪問をしてより貴社のことを理解しようと努めました。今回のインターンシップでは、貴社の業務の体験や実際に社員のみなさんからお話が伺えるということで、貴社のことを理解するには絶好の機会だと感じ、参加したいと思いました。
 
会社に興味を持っており、より深く理解するためにインターンシップに参加したいという志望動機です。ただ理解したいとだけ書くのではなく、自分でも理解しようと努力していることを書くことで、会社に対して興味を持っていることをよりアピールできます。
 

「仕事内容に興味がある」

 
私は貴社の業務に興味を持っています。私は旅行が好きで、大学時代は日本国内・海外問わず旅しました。特に東南アジアを旅行したときは、貧困層の子供たちと触れ合い、数多くのことを学びました。以上のような経験から、私は将来旅行会社に就職したいと考えています。今まで好きだった旅行を、今度はビジネスとして考えられるようにするため、今回のインターンシップに参加して貴社の業務内容を理解したいと考えています。
 
「○○○○が好きだから……」と書く人は多いです。しかし、ただ好きなだけではアピールになりません。「なぜ好きなのか」「どのようにビジネスにつなげるのか」といったところを具体的に書かないと受かる志望動機とは言えません。
 

「自分の実力を試してみたい」

 
自分の実力を試したい、これが貴社のインターンシップに参加する目的です。大学2年のころから映像制作会社でアルバイトをはじめ、映像の編集作業をしています。編集の仕方ひとつで大きく映像の面白さ・魅力が変わることを知り、興味を持ちました。貴社のインターンシップでは、実際に業務を体験することができるので、今の自分がどれくらいできるのか挑戦してみたいと思い、志望しました。
 
実際に業務を体験できる場合は自分の実力を試してみたいと書くこともできます。「インターンシップの概要」をしっかりと調べて確認しておきましょう。
 

「将来的に○○職として働きたい」

 
私は将来的に営業職として働きたいと考えています。アルバイトで営業アシスタントをしたことがあり、活躍している社員の姿を見て自分も営業職に就きたいと思いました。しかし、私にはまだまだ経験が足りないと感じています。
そこで、今回のインターンシップに参加して経験を積み、少しでも営業職に近づけるように理解を深めたいと考えています。
 
あくまでインターンシップの志望動機なので、「その会社に入社したい理由」「○○職として働きたい理由」とは区別しましょう。

まとめ

インターンシップは就職活動で最初の関門です。

始めたばかりのころは、まだ志望動機を書いたことがなく、難しいと感じるかもしれません。しかし、ポイントをおさえて何回も書いていくうちに慣れてくるので安心してください。


インターンシップはホームページや会社説明会では聞けないことが聞けたり、実際に業務を体験できたりととても有益な場です。場合によっては、選考に有利になる可能性もあります。ですので、就活生のみなさんにはどんどんチャレンジしてもらいたいと思います。


「受かる志望動機」を書いてインターンシップに参加し、本番の選考に有益な情報を手に入れましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る