目次

ネクタイが就活で大切な理由

「ネクタイなら何でも良いのでは」と思っている人も多いはず。なぜネクタイが就活で大切なのでしょうか。それはネクタイの色や柄があなた自身の印象に左右するからです。特に色は人の無意識に大きく影響することが知られています。
 
ネクタイの色や柄によって、元気な人や明るい人、まじめな人など与える印象を使い分けることができます。髪型やスーツに気を配っている人でも、ネクタイには気を遣っていない人がほとんどです。ネクタイ選びは周囲と差をつけるチャンスとも考えられます。自分に合ったネクタイで面接に挑むようにしましょう。

色によって与える印象は違うの?

まずはネクタイの色から見ていきましょう。「色ってそんなに重要なの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、色が与える印象は計り知れません。色が印象に影響することは「イメージ効果」という言葉で知られています。たとえば赤色は「暖かい」「情熱的」「自己主張」などのイメージを相手に与えます。与えたい印象によって色を変えるようにすると、他人からの印象だけでなく自分自身に対する印象も変えることができます。ネクタイを選ぶ時は色の持つイメージを考えるようにしましょう。 

青・紺  

青や紺は「まじめ」「勤勉」「冷静」「知的」といったイメージを持たせる色です。多くの人が好んで使うため、一般的にネクタイというと青系を想像する人がほとんどです。日本人は昔から青系の色を好む傾向にあります。そういった意味では青や紺は無難な色ともいえます。ネクタイ選びに悩んだ時はまず青系のものを検討しましょう。その他にも、勤勉なイメージやクールな印象を相手に与えたい時は青や紺のネクタイを選ぶと良いでしょう。

えんじ  

えんじは渋い赤色をしています。えんじが与えるイメージには「やる気」「情熱」「勝利」などがあります。えんじは面接官に自信があるように見せたい人や意欲的と思ってもらいたい人におすすめな色です。赤系の色は好印象を与えることがほとんどですが、原色の赤は刺激が強すぎるため就活では不向きな色です。面接の時は明るい赤を避け、えんじなど落ち着いた色合いのものを選ぶようにすると良いでしょう。

グレー  

グレーは中性的で協調性をイメージする色です。他の色に比べて控えめな印象を与えるグレーですが、「上品」「穏やか」といった印象を面接官に与えたいという人はグレーのネクタイをすると良いでしょう。グレーは他の色と合わせやすく、柄のあるネクタイにぴったりな色となっています。グレーは単色で用いるよりも他の色と合わせて使うと効果的です。グレーのネクタイを検討する時は単色の他に柄のあるものを考えると良いでしょう。

黄色  

黄色は「明るさ」「活発」「陽気」といったイメージを持つ色です。コミュニケーション能力や明るく活発であることを印象付けたいという人におすすめな色となっています。ただし、赤色と同様、原色の黄色は就活には不向きです。面接では黄色の中でも落ち着いた淡い色のものを使うようにします。淡い黄色は単色で使うと相手に与える印象が薄くなってしまうことがあります。淡い黄色にする時は柄のあるものにすると上手く印象付けることができます。

水色   

水色は青や紺と同じ青系の色ですが、「清潔」「爽やか」といったイメージを持つ色となっています。特に夏場、季節感や涼しい印象を与えたいという人は水色のネクタイを選ぶようにします。他にも「穏やか」「余裕がある」という印象を持ってほしいという人にもおすすめです。水色は他の青系の色と合わせやすいので、柄のあるネクタイにも使いやすい色です。水色は柄のあるネクタイ地の色やワンポイントにすると良いでしょう。

ネクタイの柄ってどんなものがあるの?

ネクタイの柄には様々なものがあるということをご存知ですか。特に考えずに選んでいたという人が多いのではないでしょうか。ネクタイの柄で代表的なのは「レジメンタル」「リバース」「小紋・クレスト」「ドット」「チェック」「ストライプ」などです。柄は色と組み合わせることによってワンポイントにしたり、インパクトを与えたりすることができます。色と同様に面接官に与える印象も変わってきます。ここではネクタイの柄について詳しく見ていきましょう。

レジメンタル  

レジメンタルは斜めのストライプです。外国ではレジメンタルのネクタイはフォーマルな場に相応しくないものとされていますが、日本ではネクタイをしていることが重視されているためレジメンタルのネクタイをしても問題はありません。就活ではよく見かける柄の一つです。レジメンタルの斜線はスマートな印象を与えることができます。淡い色と濃い色を組み合わせる時にレジメンタルを選ぶとよりすっきりとした印象になります。ただし青と赤など刺激の強い組み合わせは就活には不向きですので避けるようにします。

リバース

リバースもレジメンタルと同じ斜めのストライプです。レジメンタルが右上に走るストライプであるのに対してリバースは左上に向かうストライプです。レジメンタルはイギリスの軍隊から生まれたものですが、リバースはアメリカのニューヨークから発祥した柄といわれています。外国ではレジメンタルとリバースを使い分ける必要があるため、外資系の企業を受ける人は柄の持つ意味を考えて選ぶようにすると良いでしょう。日本では特に意識されていないのでレジメンタルと同じように使うことができます。

小紋・クレスト

小紋・クレストはドットのような小さな模様がパターンとなっている柄です。ストライプの中に模様があるものは「ロイヤルクレスト」と呼ばれています。小紋は和風の柄、クレストは外国風の柄です。小紋は落ち着いた印象を与えることができる柄ですので同じように落ち着いたイメージを持つ淡い黄色やグレーと相性が良いとされています。外国風の模様は派手なものが多いため就活ではクレストは避け、小紋を選ぶようにすると良いでしょう。

ドット

ドットはその名の通り小さな点がパターンとなった柄です。ドットは落ち着いた色にポイントを与えることのできます。同系色を上手くまとめることもできます。ドットはグレーなどの淡い色と組み合わせることによって力を発揮する柄です。選んだ色がどこかパッとしない時や印象をはっきりさせたい時に使うと良いでしょう。しかし水玉のように大きい柄は淡い色でも派手に見えるため就活には不向きです。ドットのネクタイを選ぶ時は控えめなものにするようにしましょう。 

チェック

チェックは斜めの線が交差する柄です。洋服などに多く見られる柄ですが、チェックは安定感がある、親しみやすいというイメージを持っています。色の組み合わせが限られるため上品なものが多く、就活で使いやすい柄といえます。心の余裕や安定感を示したい時はチェック柄のネクタイを選びましょう。チェックの中にはインパクトの強すぎるものもあるので注意が必要です。購入する際は遠くから見た時に目立っていないかどうかを基準に選ぶと良いでしょう。

ストライプ

ストライプは日本では最もメジャーな柄の1つです。カジュアルな場面でもフォーマルな場面でも使えるため無難な柄といえます。日本人の多くがストライプのネクタイを持っています。ストライプは就活でもビジネスシーンでも幅広く使うことができる柄です。色を組み合わせる時は青地に淡い黄色、えんじに白など濃い色と淡い色をまとめるようにします。濃い色同士や淡い色同士にすると派手になってしまったり、反対に印象が薄くなってしまったりします。色の組み合わせ方は工夫しましょう。

就活におすすめのネクタイの結び方

ネクタイの結び方は一つではありません。ネクタイの結び方には「プレーンノット」「セミ・ウインザーノット」「ウインザーノット」「ダブルノット」などがあります。結び方を変えると何が変わるの?と思う人もいるかもしれませんが、襟元は面接官の目が一番留まりやすいポイントです。ネクタイの厚さやサイズに合わせた結び方を心がけるようにします。シャツの襟の形によって結び方を変えることも重要です。ネクタイの結び方は覚えてしまえば簡単にできるので慣れるまで練習しましょう。

プレーンノット  

プレーンノットは最も基本的な結び方です。誰でも簡単に結ぶことができ、一般的なシャツに合わせやすいため、初めはプレーンノットから練習していきます。まずネクタイを首にかけ、太くなっている「大剣」という部分を長めに調整し、小剣の上にクロスさせます。次に上に重ねた大剣を後ろから1周回します。大剣を後ろから前に持ってくると輪ができます。その輪に大剣を通し、襟元で結び目を固く調整します。最後に小剣を引っ張り上にあげて完成です。

ダブルノット

ダブルノットはプレーンノットの次に簡単な結び方です。プレーンノットよりも縦長の三角形になり、ひとまわり大きい結び目ができます。プレーンノットができるようになったらダブルノットにも挑戦してみましょう。ダブルノットではまず小剣を短めにとり、縫目に合わせて大剣が上になるようにクロスさせます。重ねた大剣を後ろから2周回します。輪になったところに上から大剣を通します。結び目を固く整えて完成です。

セミ・ウインザーノット

セミ・ウインザーノットはプレーンノットに比べて結び目が小さく、正三角形のようになる結び方です。大きい襟のシャツや厚手のネクタイと相性が良いのがセミ・ウインザーノットです。ネクタイを首に巻いたらまず小剣を短めにとり、縫目に合わせて大剣の下に入れます。次に大剣を前から後ろへ持ってきます。この時に小剣と大剣が交差してできた輪に大剣を通します。輪の上に大剣を重ねて首の方に通します。大剣を小剣の前に回し再び首の方に通します。最後に大剣を輪に通して結び目を整えます。小剣を引っ張り全体を調整して完成です。

ウインザーノット

ウインザーノットはセミ・ウインザーノットのように結び目が正三角形になりますが、結び目そのものが大きくなります。襟の広いシャツや襟明き角度の大きいシャツに合った結び方です。ウインザーノットでは、まず小剣を短めにとります。次に大剣を小剣の上にクロスさせ、小剣の下から首の方に通します。小剣を前に持ってきて大剣をその間に通します。通した反対側から大剣を出し、内側から外側に持っていきます。その時にできる輪に大剣を通し調節して完成です。

就活でNGなネクタイとは

ほとんどのネクタイはビジネス用に作られていますが、中にはカジュアルすぎて不向きなものもあります。ネクタイには様々な色や柄があり、結び方も違うということがお分かりいただけたところで、就活でNGとなるネクタイについてご紹介します。

NGなネクタイ①色が明るすぎるもの・特徴的なもの・黒・白

色が原色に近いものや、紫、オレンジといった特徴的な色のネクタイは就活では使わないようにしましょう。他の就活生と差別化を図りたいからといって、派手なものを選んでしまうと悪い方向に目立ってしまいます。カジュアルすぎると面接官から目をつけられてしまう可能性もあるので常識的な色合いのネクタイをするようにしてください。また黒や白のネクタイは冠婚葬祭で用いられるものです。外国では黒いネクタイがおしゃれと考えられていますが、日本で黒いネクタイをすると不吉とされます。就活では黒や白のネクタイはしないようにしましょう。

NGなネクタイ②ネタ系の柄

ネクタイの中にはキャラクターの柄のものなどネタ系のものが存在します。このようなネクタイはカジュアルな場面で使うものです。フォーマルな服装を求められる面接では身に着けないようにしましょう。

ネクタイピンは必要?

ビジネスマンというとネクタイピンをしている印象がありますよね。ネクタイピンはネクタイの位置を固定する役割を持っています。就活でもネクタイピンはした方が良いのでしょうか。
 
結論からいってしまうと、ネクタイピンをする必要はありません。ネクタイピンはたしかにネクタイを固定するものですが、最近のネクタイピンはファッション的な要素が大きく、オシャレのためにしている人が多くなっています。就活でネクタイピンをすることは問題ありませんが、形が凝っているものや派手なものは印象を悪くしてしまう可能性があるので使用を控えましょう。

まとめ

今回は面接時のネクタイの選び方についてご紹介しました。ネクタイと一口にいっても様々なものがあります。印象付けたいイメージや企業の雰囲気に合わせたものを選んで面接に挑みましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る