目次

会社説明会のお礼メールの必要性

基本的にすべての会社に送る必要はありませんし、お礼メールを送ったからといって大きく評価が変わることもありません。確かに目を通してもらえれば、印象に残る可能性はありますが、会社の規模によっては見てもらうことすらできないこともあります。読まれなかった場合を想定すると、会社研究やエントリーシートに力を注いだほうが無難と言えるでしょう。また、例え印象に残るお礼メールを送れたとしても、よほどのことがない限り就職活動に有利になることもありません。そのため「本当に魅力を感じており、志望度の高い企業にだけ送る」といったスタンスが、就職活動全般を有利に立ち回るためには、重要と言えるでしょう。

メールか手紙かどちらがよいの?

メールでのお礼と手紙でのお礼とでは、企業ごとに変えて構いません。就活生である皆さんの費やせる時間を考えれば、もちろん手軽なメールの方が無難と言えるでしょう。ただし、本当に志望度の高い会社には手紙でアピールするといった方法もおすすめです。会社説明会の中である程度顔を覚えてもらっているような場合には、「手紙で感謝の気持ちを分かりやすく伝える」などのように企業ごとで使い分けると、限られた時間を有効に活用することに繋がります。

会社説明会のお礼メールの書き方

件名

会社説明会のお礼メールは、「ひと目で分かる件名」であることが最低条件です。会社員の中には、多い方であれば1日で数百件のメールに目を通している方もいます。また、人事担当者であれば、基本的には1日中忙しいものと考えておきましょう。そんな方に、「見なくても良い」と判断されないために、「◯月◯日の会社説明会のお礼 ◯◯大学 ○◯◯◯」といった件名でメールを作成しましょう。また、件名でオリジナリティを演出することは難しいので、時間の短縮もでき、ミスも防げるテンプレートを活用するのがおすすめです。

宛名

宛名には社会人としての一般常識が出てしまいますので、まず間違えのないテンプレートを準備することを徹底しましょう。担当者の名前や会社名などの漢字表記を間違えないことはもちろんですが、「○○株式会社様」といった誤った敬称をつけてしまうというミスをおかしてしまいがちです。個人名には「様」をつけますが、会社宛にメールを送る場合には、「御中」となりますので注意が必要です。

冒頭のあいさつ

冒頭のあいさつにおいても、基本的にテンプレートを活用して構いません。ポイントとしては、どこの誰が送っているかがひと目で分かるように明確にした上で、お時間をいただいたことに対して感謝の意を簡単に伝えることです。ここはあくまで、前置きのようなものですので、長くなりすぎない心遣いも重要なポイントです。

本文

会社説明会において他の就活生と差をつけ、しっかりとアピールするためには本文がカギになります。ここでは、良い意味で正直に感想を述べることをおすすめします。もちろん、何か感銘を受けた内容があればそのまま記載して問題ありませんし、分からなかった点などがあれば聞いても構いません。縁のある企業の人事担当であれば、返答をいただける可能性もあります。ただし、ここでもあまり長く書きすぎることのないように注意が必要です。

締めのあいさつ

締めのあいさつも会社説明会およびメールを読んでいただいたことに対するお礼と、社会人がメールを作成する際に使用するあいさつ程度の文言のみで構いません。「貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。」といった言いまわしが社会人が使用するあいさつ一般的ですので、そのまま用いましょう。

署名

そして、最後に忘れてはならないのが署名です。大学名・学部・氏名・メールアドレス・住所・電話番号程度は記載し、いつでも人事担当者が連絡をとれるように気をきかせてておくようにしましょう。

お礼メールを送るポイント

当日もしくは翌日には送る

一通のお礼メールを魅力的にするために大切なポイントのひとつ目は、当日もしくは翌日には送るというレスポンスの早さです。仮に、就活生であるみなさんが人事担当者だったとしたら、一週間以上経過してからお礼メールをもらっても顔を覚えているもの難しいはずです。また、やるべきことをすぐにやるといった意味で仕事の早さをアピールすることにも繋がりますので、極力当日のうちに送ってしまいましょう。

テンプレではなく自分の気持ちも含める

お礼をメールにするか?手紙にするか?という点にも繋がりますが、やはり文章に気持ちが入っていると数々のお礼を見ることになる人事担当者の印象に残すことが可能になります。冒頭でお伝えしたように、企業の志望度によって変えて構いませんが、会社の取り組みなどを具体的に表現することで、「よく研究している」と感じてもらうこともできます。また、取り繕わずに気持ちを表現することで、オリジナリティのある文章に仕上げることができます。

メールの文章量にも気を配る

繰り返しになりますが、就職活動の時期の人事担当者の忙しさは想像を絶するものです。さらに、お礼メールを送っている就活生も自分ひとりではないことも常に意識しておきましょう。仮に第一志望の企業に手紙を書くことを決めていたとしても、便箋で何枚も送ってしまうことはタブーです。アピールしようと思い込みすぎてしまうと、ついついあれもこれも書きたくなるものです。あくまでも、「企業説明会のお礼のため」に書いているということを忘れずに、人事担当者にアプローチしていくことが大切になります。

会社説明会のお礼メール例文

【○月○日の会社説明会のお礼】○○大学○○○○

株式会社○○○○ 人事部御中(または人事部○○様)

本日、御社の会社説明会に参加致しました○○大学○○学部の○○です。
お忙しい中お時間を割いていただき、会社説明会を開催いただきまして、誠にありがとうございました。
○○様のお話を伺い、貴社の事業展開や経営方針などについて理解が深まり、今後の展望や社会に対する取り組みに対して強く感動致しました。
ますます貴社の一員として○○事業に携わりたいという気持ちがを強く致しました。

会社説明会のお礼を申し上げたく、メールさせて頂きました。
最後になりますが、貴社のますますのご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

――――――――――――――――――――
○○大学 ○○学部 ○○学科4年
○○ ○○
E-mail:xxxxxxxxxxxx@xxxx.co.jp
〒xxx-xxxx
○○県○○市○○町○○1-2-3
自宅TEL:000-1234-5678
携帯TEL:080-1234-5678
――――――――――――――――――――

まとめ

会社説明会のお礼メールには、志望度に応じた使い分けが必要であることをご理解いただけたと思います。また、仮に優先度の低い会社でもメールであれば、さほど時間を費やすことなく、アピールすることも可能になります。メールでも手紙でも送ることで評価を下げてしまうことだけないように、しっかりと準備をしてから着手するように心がけることが大切です。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る