目次

はじめに

インターンシップへの参加は、就職活動を考えた際に誰もが通る道だと言っても過言ではありません。インターンシップは数多くの種類があり、どれが自分にとって最適なのか迷ってしまう人も多いのではないでしょうか。それぞれのインターンシップが抱えるメリット・デメリットを理解して、自分に最適な意味のあるインターンシップをしましょう。

インターンシップとは

インターンシップとは一定期間、企業で働くことです。インターンシップを経ることで、企業と被用者のミスマッチを減らせるとされており、最近では数多くの企業でインターンシップ制度を設けています。どんな職種でどんな仕事ができるのか、実際のビジネスの場で経験することができます。

なぜインターンシップを行うのか

学生側と企業側では、なぜインターンシップが行うのか意味合いが変わってきます。双方の立場に立って解説していきます。

学生側のメリット
学生がインターンシップに参加するメリットは次の4つが挙げられます。

1. 業種や職種について深く理解できる
実務経験を通して、希望する職種や業界について考えるきっかけになります。また様々なインターンシップに参加することで、競合や違う業種を比較することもできます。

2. 企業のリアルな面を見れる
実際に一定期間企業で働くことで、良い面も悪い面も自分の肌で感じ取ることができます。

3. 実社会で通用するスキルが身に付く
参加するインターンシップによっては、責任のある仕事を任されることで自己成長につながるものもあります。学生のうちに社会で通用するスキルを身に付けておくことで武器を持って就活に臨めます。

4. 自分の得意分野を見つけられる
様々なインターンシップに参加し、仕事をこなしていく過程で自分の得意分野を見つけることもできます。そうすることで自分の志望する業種が見えてくることもあるでしょう。 

企業側のメリット
インターンシップを開催するにあたって、企業側には大きく分けて4つのメリットがあります。

1. 社会貢献
インターンシップを通して、学生は高い就労意識を身に付けることができます。企業は学生を受け入れることで、社会貢献をしているのです。

2. 企業PR
インターンシップを受け入れることで、インターンサイトに企業名が載り知名度が上がったり、風通しのいい会社だということをアピールできます。

3. 採用のミスマッチの防止
採用が決まって実際に働いてみたら、相性が合わなくて転職、、、なんてことが起こったらお互いがっかりしますよね。採用が決まる前にインターンシップでお互いの相性を見ることでミスマッチが減り、離職率を下げることができます。

4. 優秀な人材の早期発見・確保
企業は優秀な人材を雇って、会社を発展させたいと思っています。新卒採用は同時期に企業が採用活用を行うため人材確保の競争率が高く、優秀な人材にはできるだけ早く接触したいと考えます。速い段階で人材を発見するためにインターンシップを受け入れているところもあります。

インターンシップで働く男子学生

どのタイミングでインターンシップに参加するべきか

始める時期は人それぞれですが、早い人なら大学1年生から、遅い人でも3年生の秋頃から始めるのが一般的です。

インターンシップの募集は夏と冬に多くなる
春夏秋冬いつでも受け入れている企業もありますが、夏と冬に募集をかける企業が多いです。一番活発になるのは夏です。長期休みは学生の自由な時間が増え、インターンシップをやろうと考える人が増えるからです。またあえて秋にやることで、冬に開催を予定する競合企業に優秀な学生を取られないようにしようと考える企業もいるので、秋にもインターンシップの募集が若干増えるようです。

参加する2,3か月前を目安に動き始める
もし夏のインターンシップに参加したいのであれば5月くらいから動き始めなければいけません。目安としてはインターンシップを行う2,3か月前から動き始めるというイメージです。学生が企業選びをしたり、企業側が選考をする過程があるためです。インターンシップを考えるにあたって、早く動き始めて悪いことはありませんよ。

どんなインターンシップに参加すればいいのか

インターンシップには大まかに分けて2種類あり、長期インターンシップと短期インターンシップがあります。自分がインターンシップで何を求めるかによって、どちらをやるべきか明確になるはずです。 

長期インターンシップとは

1ヶ月〜1年、長い場合にはそれ以上の期間をかけて1つの企業で就業体験を行います。基本的に社員並みの業務内容をこなすことになります。責任の重い業務を任されることで大きな成長ができたり、意欲次第では給与が上がったり……長期インターンシップの経験を通して成長できるとともに、よりリアルな会社事情に触れることができます。

短期インターンシップとは

1Day〜1ヶ月程度のもの。Summer InternshipやWinter Internshipなどの募集はほとんどが短期インターンシップです。インターンシップの内容としては、会社説明会のようなもの、グループワークに取り組むものや実務的なものまで様々です。どの業界にしようか困っている人は、長期インターンシップを始めるよりも短期インターンシップに参加して多くの企業の話を聞き、様々な職種の雰囲気に触れたほうが、自分のニーズを満たせるでしょう。

長期と短期、それぞれのインターンシップ参加するメリット

長期インターンシップと短期インターンシップはそれぞれメリットがあります。

長期インターンシップのメリット

長期インターンシップは現場で社員と一緒に事業に携わり、一社員として責任を持って取り組めます。そのまま内定を取得できることが多いのもメリットの一つです。実務を経験できて、さら更にアルバイトと同じぐらいのお給料ももらえます。

短期インターンシップのメリット

会社説明だったり、会社の企画に参加したりすることで、会社について理解を深めることができます。あくまで実務というよりも、会社が用意した企画に乗っかていく形になります。

 

長期インターンシップ

短期インターンシップ

期間

1ヶ月〜

1日〜1ヶ月程度

特徴

現場で社員と一緒に事業に携われる

会社説明、会社の企画に参加

内定

優秀であれば内定に直結する場合も多い

直結型や優先して面接を受けられるようになる

まとめ

インターンシップは自ら調べ、動き出さなければ始まりません。自ら情報収集しないとなかなか情報が入ってこないため、いつの間にか周りから乗り遅れるということも。自分の納得のいく就職先に就くためにも、早め早めから計画的に行動することを心がけましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る