目次

「自覚している性格」を面接官が見る理由

なにに歴史書に「自覚している性格」を書かなくてはならないのですか。まずは面接官が「自覚している性格」を見て理由について考えています。

しっかり自己分析できているかどうか知るため 

「自覚している性格」を書かせることで、企業は就活生がちゃんと自己分析をしているかどうかを見ています。「自覚している性格」はしっかり自己分析をしていないと書くことができない項目です。自分の性格や考え方に向き合える人は仕事においても物事を客観的に分析することができます。就活生自身にどれくらいの自覚があるかは履歴書を見れば分かるようになっています。企業は「自覚している性格」から自己分析のレベルを確認しているのです。

長所をどのように活かせるのか

「自覚している性格」は長所と短所に分けることができます。長所が書かれている時、企業はその長所を仕事のどこに活かしてもらえるのかを知りたいと考えています。真面目で勤勉な人は責任のある仕事を任せられるかもしれませんし、明るく誰とでも話せることが長所という人は営業などコミュニケーション能力を必要とする仕事が向いているかもしれません。その人の長所を知れば仕事の適性がだいたい分かります。企業は就活生が自分の長所をどのように活かそうと考えるのかを知るために「自覚している性格」を書かせています。

短所をどのように克服するのか 

「自覚している性格」の項目には長所の他に、短所も書くのが一般的です。短所が書かれている方が企業から評価される可能性が高くなります。なぜ企業は短所を知りたがるのでしょうか。それは「就活生が自分の短所をどう捉えているのか」「短所をどのように克服するのか」を把握したいからです。短所は一見するとマイナスなことだらけのように思えますが、短所はどんな人にもあるものですから、その短所を自覚し克服する方法があれば課題を解決する力があるのだと評価されます。「自覚している性格」を書くのは企業が就活生の課題解決能力や成長意欲を知るためでもあるということです。

「自覚している性格」を書く時のポイント

履歴書に「自覚している性格」の欄がある理由が分かってきたところで、「自覚している性格」を書く時のポイントをご紹介したいと思います。

長所だけではなく短所も書く

「自覚している性格」には長所だけでなく短所も書くようにしましょう。履歴書は自己PRなのだから長所だけでも良いのでは?と思う人もいるかもしれません。しかし短所も一緒に書かれている方が企業からの評価は高くなります。長所も短所もあるのが人間です。「自分の短所をどれくらい把握できているのか」や「短所をどのように乗り越えるのか」は企業があなた性格の一つとして知っておきたいことです。「自覚している性格」を記入する時は必ず短所もセットで記入しましょう。 

短所は長所の裏返しになるように書くと◎  

一つの性格を長所と捉えるか短所と捉えるかは人それぞれですが、長所と短所はお互いに言い換えることができます。真面目な性格は「勤勉」ともいえますし「ネガティブになりやすい性格」とも考えられます。人の意見に流されてしまいがちという人も「人の話をしっかり聞くことができる人」と言い換えることができます。「自覚している性格」を書く時、「私の長所は~です。しかしそれは~という短所とも考えられます」というように一つの性格の裏表を書くようにすると性格に一貫性が出て、説得力のある内容になります。

社会人として致命的な短所は書かない   

短所もセットで書くことはお伝えした通りですが、記入する短所に社会人として致命的なものを挙げるのはやめましょう。社会人として致命的な短所とは「朝に弱く、寝坊してしまう」「人とコミュニケーションが取れない」など働く上で必要なことができないといった内容のものです。社会人として致命的となる短所を書くと、「この人は仕事ができないのではないか」と選考前からマイナスの評価をされてしまいます。短所は仕事に差しさわりのないものか、説得力のある対処法が書けるものを選びましょう。

「自覚している性格」の書き方

ここでは順を追って「自覚している性格」の書き方をご説明します。

自己分析で長所と短所を見つける

「自覚している性格」を書く前にまずは自己分析をします。自己分析のやり方は様々ですが、これまで自分が経験してきたことを紙に書き出していく方法が最もポピュラーなやり方です。経験してきたことから考えられる長所と短所も同じように書き出していきます。長所や短所は複数のエピソードに共通しているものがほとんどです。書いているうちに「自分ってこういう性格だよな…」「もしかしたらこういう性格なのかも」と思うものがあればどんどん書きこんでいきましょう。

それぞれのエピソードを具体的に書き出す

長所と短所があらかた見つかったら、今度はその長所と短所にまつわるエピソードを具体的にしていきます。エピソードを具体的にするということは、そのエピソードを聞いた人があなたの考えや性格を想像しやすいようにすることです。そのためにはエピソードが起こった時間や場所などを詳しくすることが大切です。5W1Hを意識してエピソードを書いていくと具体的な内容になります。長所と短所、それぞれのエピソードを細かく書き込んでいきましょう。

長所がどのような時に活かせるのか考える

長所とそれにまつわるエピソードが具体的になったら、その長所がどのような場面で活かせるのかについて考えていきます。「これまでの経験を踏まえて○○の××という場面で活かせるのではないか」というように活かせそうな場面についても詳しく設定するようにします。場面を具体的に書きこむと読み手が働いているところを想像しやすくなります。長所はあなたを表すものですから、企業にしっかりアピールできるよう説得力のある活かし方を考えましょう。

短所を克服する方法について考える

長所の活かし方を考えたところで、次は短所について見ていきます。短所とそれにまつわるエピソードの他に「そのエピソードで短所をどう克服したのか」を考えます。どんな失敗も乗り越えたからこそ今があるはずです。また、そのエピソードの時は乗り越えられなくても、次に同じことがあった場合どのような対処をするのかは考えることができます。実際に働いている時にカバーできるのであれば短所も強みに変わります。短所を克服する方法を考えてみましょう。

長所と短所を「自覚している性格」としてまとめる

最後にこれまで書きこんできた長所と短所を「自覚している性格」として文章にまとめていきます。長所は「自覚している長所」+「それにまつわるエピソード」+「今後どのような場面で活かせそうか」の順に書いていきます。そのあとに短所を書いていきます。短所は「自覚している短所」+「それにまつわるエピソード」+「短所の克服方法」の順に書くようにするとまとまりが良くなります。記入スペースの大きさに合わせて文の長さを調整して完成です。

よくある長所・短所例

「書き方は分かったけど、長所と短所が分からない」という人もいるはず。ここではよく使われる長所と短所についてまとめました。

長所  

長所としてよく使わるものに、「行動力」「継続力」「忍耐力」「協調性」「責任感がある」「真面目である」「コミュニケーション能力がある」「思いやりがある」などがあります。これらは社会人として大切な性格であったり必要な能力であったりすることがほとんどです。他にも「向上心がある」「リーダーシップがある」など具体的なエピソードをともなうものも「自覚している性格」として書くことができます。

短所   

 「自覚している性格」としてよく使われる短所には「頑固」「負けず嫌い」「要領が悪い」「ネガティブ」などが挙げられます。マイナスの言葉ばかりのように感じられますが、これらは「頑固」=「決めたことに責任を持てる」、「負けず嫌い」=「努力を惜しまない」というように長所として言い換えることができる言葉です。反対に自分では長所と思っていることでも人からは短所として捉えられることがあります。そのようなことも短所として書くことができます。

「自覚している性格」例

「真面目」が長所の場合  

「『どんなことにも真剣に取り組む』というのが私の性格です。任されたことはどんなものであっても全力でやり遂げます。学生時代はアルバイトとして学習塾の事務をしていました。事務の仕事は単純なものが多い上、誰からも褒められるようなことがありません。一緒に働いていた人たちは「つまらない」「やりがいがない」という理由で辞めていきましたが、私は与えられた仕事なのだから最後までやり遂げようと仕事を続けました。なんでも100%の力でこなそうとしてしまう性格のせいで挫けそうになることもありましたが、作業を細かく分解して行うことで乗り越えることができました。この『どんなことも真剣』という性格を活かし、任された仕事に責任をもって取り組んでいきたいと思います」

「協調性がある」が長所の場合  

「私は誰とでも話すことができる性格です。学生時代は携帯ショップでアルバイトをしていました。ティッシュを配ったり、道行く人に話しかけたりする仕事でした。初めの頃は人に話しかけることが難しく、自分は人見知りをする内向的な性格なのではないかと落ち込むこともありました。しかし、学校やサークルで積極的に人と話す練習をするようになってから人に話しかけることに抵抗がなくなり、携帯ショップでは一番の成績を出すことができました。今では人と話をすることが大好きです。貴社で営業の仕事をする時も人とのコミュニケーションを大切にしていけたらと思います」 

まとめ

今回は履歴書の「自覚している性格」の書き方についてご紹介しました。一つの性格にも様々な側面があります。面接官にあなたの性格がきちんと伝わるように自分の長所と短所について今一度よく考えてみましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る