目次

志望動機を書く時のポイント

エントリーに記入する前にしっかりした内容を考えておきますが書類選考を頼む秘訣です。ここでは欲望動を書いて時のポイントを見ていきましょう。

志望したきっかけは論的に

志望したきっかけとなるエピソードは、明らかにに書かれたようにします。志望動機は「その企業に入れたいと思った理由」と言い換ることができます。この部分が漠然としています他の人も書けそうなかなかの場合、企業から「この人はうじゃなくても良いのかしらない」と思っています。
 
「小さい頃からこの仕事をしている人に憧れていた」「これまで経験してきた出来事の中でその仕事をしたいと思うようになった」というのはよくある志望動機です。理由は人それぞれですから「憧れ」や「やってみたい」という気持ちは大切です。しかしこれだけでは漠然としすぎています。「なぜ憧れるようになったのか」「憧れてから何をしてきたのか」「やってみたいと思ったのはどんな内容に魅力を感じたからか」など具体的にできる部分はたくさんあるはずです。志望するきっかけは具体的であればあるほどオリジナリティのあるものになります。

やりたいことを明確に  

志望動機ではその企業でやりたいことを明確に書くようにします。やりたいことというのは、部署ごとの業務や職種、「新しいものを作りたい」「たくさんの人と関わる仕事がしたい」など様々に言い換えることができるものです。
 
「やりたいことなんて実際にやってみないと分からないよ…」と考えている人も、想像力を働かせて自分が入社した後どのような仕事をしているのか考えてみましょう。具体的に考えられない場合は1日のスケジュールを細かく設定してみると想像しやすくなります。その企業でやりたいことを明確にできると、それだけ入社意欲が高いと評価されます。志望動機を書く時は、将来自分が働いているところを想像しながら書くようにすると良いでしょう。

その企業を選んだ理由をしっかり伝える   

志望動機はその企業を選んだ理由をしっかり伝えられるものにしましょう。志望しているのは特定の企業でなく、その企業が属する業界という人も、一つの企業に提出する志望動機は「その企業でなくては駄目な理由」を考える必要があります。というのも、企業は「自社に入社してくれる人」を積極的に採用したいと考えているからです。
 
その企業でなくても良さそうな志望動機や、他の企業でも使いまわせそうな志望動機では企業から「うちじゃなくても良さそうだ」「他の企業に内定が出たらそっちに行きそうだ」と思われてしまいます。反対にその企業を選んだ理由が説得力のあるものならば通過する可能性が高くなります。「その企業でなくてはいけない理由」のある志望動機を目指しましょう。

志望動機の書き方

うまく書けないという人も順を追って考えていけば必ず自分の言葉でまとめることができます。ここでは具体的な志望動機の書き方の流れをご紹介します。

自己分析をする  

志望動機を書く時は自己分析を念入りにします。自己分析はこれまで自分がしてきたことを振り返って、そこから読み取れる自分の性格や強みを見つけていく就活では欠かせない分析です。志望動機は「その企業で働きたい理由」ですから、必ず自分の性格や考えと結びついています。
 
自己分析ではまず自分のしてきたことや経験した出来事を時系列に沿って書き出していきます。この作業は自分史を作るイメージで進めていくとスムーズに書き出すことができます。次にこれまでしてきたことや出来事を一つ一つ具体的に見ていきます。その出来事を通して考えたことや学んだことがあればそれも書き出していきます。最後に書き出したものから読み取れる自分の性格は何か、どんな信念を持って行動したのかを書き出します。自分の考えが大方まとまったら完了です。

企業研究をする

自己分析と同じように、志望動機を書く時は企業研究もしっかり行います。そもそも志望動機は企業研究をしなければ書くことができません。その企業のことを知らないまま書かれた志望動機は面接官が読めばすぐに分かります。その企業に行きたい理由を具体的に考えるためには受ける企業ごとの研究が必要不可欠です。企業研究はその企業の基本情報を集めるところから始めます。基本情報には「仕事内容」「募集している職種」「福利厚生・待遇」などがあります。
 
他にも「業界での立ち位置」「資本」「従業員数」などできるだけ多くの情報を集めるようにします。次に「企業理念」「その企業が誇りにしていること」「仕事の魅力」を調べます。「その企業にしかない魅力」は基本情報よりも大切な情報です。情報が集まったら他社と比較してみましょう。他社とはどのような違いがあるでしょうか。共通点はあるでしょうか。このように企業間の比較をしていくことでその企業への志望理由のヒントを探していきます。 

自分の経験を企業と照らし合わせる  

自己分析と企業研究ができたら、自己分析で見つけた、これまで経験したことや自分の行動理念と企業研究で発見した「その企業の魅力」を照らし合わせていきます。自分の考えと企業理念が合っていれば志望動機を書くのは簡単です。
 
志望動機は「○○という経験を通して、××の仕事をしたいと思うようになりました。~」というように書き始めることが一般的です。ここからさらに志望する理由をエピソードとともに深掘りしていきますこの時、自分と企業の共通点となる考えや仕事内容はできるだけ詳しく書くようにします。自分と企業の結びつきが強ければ強いことを面接官にしっかりアピールできれば「ぜひうちで働いてほしい」と思ってもらえます。

志望動機を作成する   

最後にこれまで書き出してきた「自分の性格・考え方」「その企業の魅力」「自分と企業の共通点」を志望動機にまとめていきます。志望動機は「これまでしてきてたこと」「そこからやりたいと思った仕事」「その企業にしかない魅力」「自分のやりたいことと企業の求めることが一致していること」の順番に書くようにすると、筋の通った文章になります。
 
志望動機を記入するスペースは限られています。なるべく具体的になるように言葉は慎重に選びましょう。スペースの9割以上は文字で埋めるようにします。書き足りないと思うくらい書き出してから、スペースに合わせて文章を削っていくというのも手です。書き方は自分で工夫していきましょう。文章を整えたら伝わる志望動機の完成です。 

NGな志望動機の特徴

志望動機は基本的にどのようなものでも良いのですが、中には書類選考で落とされてしまう内容もあります。ここではNGとなる志望動機の特徴を見ていきます。

メインの事業にスポットを当たっていない  

志望動機の中でどの企業のメイン事業にスポットを当てていない場合、企業から適性がないと評価されてしまう可能性があります。
 
今日では一つの企業にも複数の事業や職種があり、それぞれ同時に募集されています。やりたい仕事内容がメインのものではなく、新規開拓分野であるという人もいるでしょう。そのような場合、他の人との競争率が高くなりその企業への就職自体が困難になることがあります。絶対にその仕事しかしたくないという人は企業から疎まれがちです。
 
もし本当にその仕事しか目に入らないならその仕事をメインにしている企業も検討しましょう。そこまで仕事内容にこだわりがない場合はなるべくメイン事業に焦点を当てた志望動機を書くようにしましょう。

理由・エピソードが抽象的  

志望する理由やこれまで経験したエピソードが抽象的な志望動機は企業からの評価が下がってしまいます。企業が求めているのはあなた独自の志望理由です。他の人も書いていそうな内容は読みごたえがなく、あなた自身への印象も薄いものとなってしまいます。
 
志望理由と付随するエピソードは人と違うものでなくてはならないのかと思う人もいるでしょうが、それは違います。人と同じような志望動機であっても、切り口や物の見方があなた独自のものであればそれで良いのです。差別化よりオリジナリティを意識した志望動機は企業にも伝わる内容になります。志望動機は具体的であなた自身を表すものにしなければならないということです。

使いまわしの志望動機で、その会社に入りたい理由がぼんやりしている   

他の企業でも使いまわせそうな志望動機はNGな志望動機となります。その企業に入りたいと思っておらず、「この業界のどこかに入れるならばそれで良い」と考えている人にありがちな失敗です。
 
企業の面接官はエントリーシートの内容や書かれ方からその人の考え方や態度を見抜きます。入社したい理由のぼんやりしている志望動機を読んだら、「他の企業でも使いまわしているんだろうな」「うちでなくても良いのだろうな」と判断するはずです。本当に入りたいことが伝わってくる志望動機を書く人と、他の企業でも良さそうな志望動機を書く人、あなたならどちらを採用しようと考えますか。言うまでもなく前者ですよね。書類で落ちないためにはその企業に入りたい理由のしっかり志望動機を書かなくてはなりません。

まとめ

今回は志望動機を書き方&ポイントをご紹介しました。書き方に悩んでいた人も一つ一つ考えていけば簡単に書けることがお分かりいただけたと思います。あなたの思いがきちんと伝わる志望動機を書いて就活をうまく進めていきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る