目次

お礼状の内容

インターンシップの後に出るお礼状には、構成しておいて最低限の項目があります。それらの項目はお礼状にマナーのようなものであるため、忘れずに構成するようにしてください。また、項目には押さえておいた方が良いポイントがありますので、以下でその内容をご説明します。



 文頭の挨拶

頭文字に「拝啓」を使用し、その後に時候の挨拶を続けてください。頭語には「啓啓」や「謹呈」など「拝啓」よりも丁寧な表現のものがありますが、ビジネスシーンでは過度に表現になってしまった、頭文字にその表現を使用するは控えておきましょう。

 

人によっては過度な表現を嫌う場合もありますので、頭語には「拝啓」を使用しておくのが無難です。時候の挨拶については、季節に沿ったものを使用しても季節に触れないものを使用しても問題ありません。季節に沿った挨拶は月によって言葉が違ってくるため、間違えることに不安を覚える方は季節に触れない挨拶を使用しておきましょう。

 

季節に触れない挨拶としては「時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます」といった文章が季節に関係なく使用できる表現です。「時下」という言葉が「この頃」といった意味や「現在」といった意味を持っているので、季節に触れる挨拶の場合はこの言葉を入れ替えるようにして表現します。

 

1月「新春の候」、2月「立春の候」、3月「早春の候」、4月「桜花の候」、5月「新緑の候」、6月「梅雨の候」、7月「盛夏の候」、8月「残暑の候」、9月「秋桜の候」、10月「紅葉の候」、11月「落葉の候」、12月「歳末の候」以上が季語の一部です。

 

これらの言葉を「時下」と入れ替えることで季節の挨拶が作れます。季語は上記のほかにもたくさんの種類がありますが、こだわる意味は特にないため、あまり時間をかけ過ぎないようにしましょう。



 感謝の気持ち

挨拶の後に記入する文章では、まず、インターンシップに参加させてくれたことへのお礼を述べます。貴重な経験をさせてくれたことや丁寧な指導を行ってくれたことなど、インターンシップ全体を通してのお礼を記入してください。

 

長すぎるお礼では後に続く本文とのバランスが悪くなってしまうので、文章を簡潔にまとめて記入することがポイントです。具体的には「このたびは大変貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。右も左も分からず緊張していた私に、温かくご指導していただきましたこと、心より感謝いたしております」といった文章を書くのが良いです。



 学んだことやエピソード

感謝の気持ちを伝える文章の後には、インターンシップで学んだ知識や技術、印象に残ったエピソードなどを記入します。学んだ知識や技術、印象に残ったエピソードなどを記入することは、インターンシップでの経験が身についていることをアピールするものです。

 

後から思い出して記入しようとすると思わぬ矛盾が生まれてしまう可能性もあるため、インターンシップ中には、しっかりとメモをとっておくようにしましょう。



 締めの挨拶

お礼状の最後には、改めて感謝の気持ちを伝える文章を書きます。感謝の気持ちを伝えたかったためにお礼状を出したことと、相手を思いやる言葉を含めるようにしてください。

 

具体的な文章としては「このたび、インターンシップに参加させて頂けたお礼を申し上げたく、取り急ぎお便りを差し上げました。末筆ではありますが、貴社のご発展とご多幸をお祈り申し上げます」といった表現で感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

お礼状を出すときのポイント

お礼状を出すときには、お礼状の内容に加えて、そのほかの要素についても気を配る必要があります。それぞれのポイントを押えることでお礼状の印象をより良いものに変えられますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 手書きで出す

お礼状は手書きで書くことを基本としましょう。手書きの文字は、パソコンなどで作成した文字よりも温かみのある印象を与えられます。お礼状では、感謝の気持ちを伝えることが最も大切な目的ですので、怪我などのやむを得ない理由がある場合以外は手書きでお礼状を作成するようにしてください。

 

 インターン終了後すぐに送る

お礼状を出すタイミングとしては、インターンが終了した翌日に発送するのがベストです。お礼状を出すのが遅れたからといってマイナスの印象を与えてしまうことはありませんが、早く出す分には良い印象を与えられるので、お礼状は可能な限り早く出すようにしましょう。

 

 テンプレートの丸写しはNG

本やネットなどには、お礼状の見本として多くの例文がありますが、丸写しすることだけは避けてください。企業ではインターンシップを通して数多くのお礼状を受け取っています。丸写しのお礼状では、ほかの参加者と被ってしまうことが考えられるため、テンプレートをそのまま使用することはやめておきましょう。

 

 封筒は白色を

封筒の色はどちらでも良いという意見もありますが、お礼状の封筒には白色を使用しておくのが無難です。見る人によっては、茶色の封筒を礼儀知らずと考えることもあり得ます。封筒の色で余計な悪印象を与えてしまわないよう、封筒を選ぶ際には白色を選んでおいてください。

印象に残るお礼状のポイントは?

インターンシップ先の企業に就職したいと考える場合、印象に残るお礼状を出しておくと書類選考や面接において有利に話を進められます。ここでは印象に残るお礼状のポイントをご紹介しますので、お礼状を作成する前によくチェックしておきましょう。

 

 具体的なエピソードを書く

お礼状のなかで個性を出すポイントは、学んだことやエピソードなどを記入する本文です。本文に具体的なエピソードを記入することで、印象に残る良いお礼状を作成できます。お礼状で好印象を与えることができれば、就職活動を有利に進めることが可能です。

 

 自分に起きた変化を書く

インターンシップで得た経験が、自身にどのような変化をもたらしたのかを記入しましょう。インターンシップ中に何を経験し、どのように意識が変わり、いかに考え方が良いものになったのか、詳しく記入するのが良いです。1つの経験から多くの学びを得られるというのは、就職活動において大きなアピールポイントとなりますので、採用を勝ち取りたいと考えるのであれば、この部分に最も力を入れるようにしてください。

便箋でのお礼状の例文

拝啓

時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

このたびは大変貴重な経験をさせていただき、誠にありがとうございました。右も左も分からず緊張していた私に温かくご指導していただきましたこと、心より感謝いたしております。

 

実際の職場では、マニュアル通りに業務を遂行するだけでは足らず、物事へ臨機応変に対応するスキルや心構えが大切なのだと実感しました。インターンシップ初日に○○様から教えていただいた「マニュアルは固定的なものではなく、流動的なものである」という言葉は、インターンシップの当初、どういうことなのだろうと疑問に感じていました。しかし、社員の皆様が業務を行っている姿を見させていただき、その意味を理解できました。

 

インターンシップを通して貴社の魅力に触れたことで、働かせていただきたい気持ちがますます強くなったと感じております。残りの学生生活では、貴社での経験を活かし、固定観念に囚われない学びを得ていこうと思います。

 

インターンシップに参加させていただけたお礼を申し上げたく、取り急ぎお便りを差し上げました。

末筆ではありますが、貴社のご発展とご多幸をお祈り申し上げます。

敬具

まとめ

インターンシップのお礼状は、感謝の気持ちを伝えると同時に自身をアピールできるアイテムでもあります。インターンシップに参加した企業に就職したいと考えるのであれば、お礼状の作成にも手を抜かずに取り組みましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る