目次

内定お礼メールに書くべき内容

では、内定お礼メールにはどんなものを書けばいいのですか。
 

採用への感謝


まつ、内定お礼メールですから、内定通知をしたいことへの感謝の気持ちを伝えなければばけません。
 
内定をもらってもまた嬉しく思っていること、それを聞いた家族も嬉しく思っているようなことを書くと、感謝の気持ちを伝えるだけではなく、自分がその企業で働くことに対して前向きなものが伝えられてさらに良いでしょう。
 

今後の抱きしめる


内定お礼メールを送るときは、採用への感謝だけでなく、今後の抱きものも取り入れられるまでに良くなります。

しかし、まだ入社前ですから、業務や仕事内容に詳しく踏み込んで書く必要はありません。「入社までの間に至らぬところを勉強して、活躍できるようにしたい」「同期と切磋琢磨して頑張りたい」などと書くと良いでしょう。
 

ビジネスメールの基本をおさえて簡潔にまとめる


内定お礼メールも企業に送るメールですから、ビジネスメールのマナーに従って送ります。

「件名は簡潔に」「時候の挨拶を入れる」「署名を書く」などの基本をおさえて失礼のないように注意しましょう。

また、内定お礼メールは長文ではなく、伝えたいことを簡潔にまとめるようにします。ダラダラと長い文章になっていないか、送る前に見直しをしっかりとしましょう。

メールを送る際のポイント・注意点

誤字脱字には要注意


誤字脱字があまりにも多いとだらしない印象を与えてしまいます。

特に企業名・部署名・担当者の名前などを間違えることは厳禁です。送る前に間違っていないか、しっかりと見直しをしましょう。

また、(株)などの略称もやめましょう。略称を使わず、正式名称で書くようにしてください。
 

OB・OG訪問した人にも送る


就職活動中にOB・OG訪問などでお世話になった人がいる場合は、企業に送る内定お礼メールとは別にお礼メールを送りましょう。

OB・OG訪問は、企業の採用とは関係なく、あくまでOB・OG個人の好意で引き受けてもらっているものです。ですので、企業の人事部に送る内定お礼メールとは区別して、個人的に送るのがマナーです。

特に内定をもらった企業にOB・OG訪問した人がいるときは必ず送るようにしましょう。

内容は、内定をもらった報告とOB・OG訪問をして参考になったこと・学んだことなどを書くと良いでしょう。
 

内定をもらった当日に送る


内定お礼メールは基本的には内定をもらった当日に送るのがマナーです。どうしても送ることができない場合でも翌日までには送るようにしてください。

しかし、内定をもらってすぐの段階では、まだ悩んでいるという人も多いと思います。まだはっきりと決めていない段階でもとりあえず内定をもらった感謝の気持ちだけは伝えるようにしましょう。

お礼メール例文

以上のポイント・注意点を踏まえて、お礼メールの例文を紹介します。
 

例文


件名 内定通知のお礼
 
株式会社○○○○
人事部人事課
新卒採用ご担当者様
 
○○の候、貴社ますますご盛栄のこととお慶び申し上げます。
 
先日は、お忙しいところ私の就職活動のために貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。また、このたびは貴社より内定(内々定)のご通知を頂戴いたしましたこと、本当にありがとうございました。家族も大変喜んでおります。
 
来春から貴社に貢献できるよう、決意を新たに日々努力してまいりますので、今後ともご指導のほど、よろしくお願い申し上げます。
 
なお、ご指示いただきました提出書類一式を後日お送りさせていただきますので、ご査収ください。(提出書類がある場合)
 
まずは取り急ぎ、お礼とご挨拶を申しあげます。
--------------------------------
〇〇大学〇〇学部○○学科4年
〇〇 〇〇(氏名)
〒123-4567
○○県○○市○○1-2-3
TEL:03-1234-5678
E-Mail:abcdefg@~

内定を辞退する場合は?

内定をもらっても「複数の企業から内定をもらった」「自分が思っていた企業と違う」などの理由で内定辞退を選択する場合もあるのではないでしょうか。内定を辞退する場合にはお詫びのメールを送らなくてはなりません。
 

連絡方法


連絡方法はメールもしくは手紙でするのが良いでしょう。

内定辞退のような重要な連絡は、カタチとして後に残るメールや手紙で送ったほうが確実です。

しかし、内定辞退のメールを送ったにもかかわらず、会社側からなんの連絡もない場合は、一度人事部に電話して確認を取ったほうが良いでしょう。


連絡のポイント


①件名は簡潔に内容が伝わるように
件名はなるべく簡潔に、内容が伝わるように書きます。「内定辞退のお詫び」もしくは「内定辞退のご連絡」と書くのが一番わかりやすいでしょう。また、「内定辞退のお詫び【○○大学・氏名】」といったように、大学名と氏名を付け加えても良いと思います。
 
②最初に辞退したい旨を伝える
長々と前置きを書くのではなく、まずはじめに辞退したい旨を伝えます。ですが、辞退したい旨を伝える前に、「このたびは、採用内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。」と、内定をいただいたことに対する感謝の気持ちを書くとより丁寧になります。辞退したい旨を伝える文では、「誠に恐縮ではありますが」と前置きを入れてから書くようにしましょう。
 
③できる限り丁寧な文章を心がける
会社側にとって内定辞退は決して喜ばしいものではありません。面接時は入社したいと言っていたわけですから、なおさらお詫びの気持ちは伝えるべきです。また、採用試験を通して、筆記試験や面接、さらにはOB訪問やリクルーター面接など会社の方々にはあらゆる場面でお世話になっています。何度も時間を割いてもらったお礼も伝えるようにしましょう。お詫びの気持ちとお礼を丁寧な文章で書けば、会社側も理解してくれるはずです。
 
④最後に署名をつけるのを忘れずに
送るメールに署名をつけるのはビジネスを行う上では常識です。内定辞退のメールを送るときにも署名をつけるのを忘れないでください。署名の書き方ですが、「大学名・学部・学科・学年」「氏名」「郵便番号」「住所」「電話番号」「メールアドレス」を記載すれば問題ないでしょう。


例文

 
件名 内定辞退のお詫び
 
株式会社〇〇
人事部 採用担当 〇〇様
 
大変お世話になっております。
○○大学〇〇学部〇〇学科4年の〇〇 ○○(氏名)です。
 
このたびは、採用内定のご連絡をいただき、誠にありがとうございました。
 
このような光栄をいただきながら、誠に恐縮ではありますが、
貴社の内定を辞退させていただきたく思い、ご連絡を差し上げました。
 
内定をいただいた後、貴社での仕事のことや自分自身の適正について自分なりに考えてみました。
その結果、別の会社とのご縁を感じ、誠に心苦しい限りですが、
貴社の内定を辞退させていただきたく存じます。
 
面接等で何度もお時間を割いていただいたにも関わらず、このようなお返事となり、
誠に申しわけなく、心よりお詫び申し上げる次第です。
 
本来ならば、直接お伺いしてお詫び申し上げなければならないところを、
メールでのご連絡となりますことをご了承していただきたくお願い申し上げます。
 
就職活動を通して、○○様はじめ貴社の方々に大変お世話になりましたことを心より感謝しております。
最後になりますが、貴社の益々の発展をお祈り申し上げます。
今後、何かの縁でお会いすることがありましたら、何卒よろしくお願いいたします。
--------------------------------
〇〇大学〇〇学部○○学科4年
〇〇 〇〇(氏名)
〒123-4567
○○県○○市○○1-2-3
TEL:03-1234-5678
E-Mail:abcdefg@~

まとめ

内定をもらったときは、いままでの苦労が報われ、プレッシャーからも解放され、さぞかし嬉しいものでしょう。ですから、内定後の対応が悪かったために入社前に悪印象を与えてしまった、となっては元も子もありません。

内定を辞退する場合も丁寧な対応を心がけましょう。お詫びの気持ちを丁寧に伝えれば、企業側も理解してくれますので、安心してください。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る