目次

就活の準備、もう始めてる?

みんな、就職活動に向かっての準備は進んでいますか?就活に向けての準備は、早ければ早いほど良いとよく聞きますが、明かに何かでいつかの分からない方が多いですにしょうか自己分析?企業研究OB訪問?色々することがあり、何から手をつけて良いのか分からなくてもありますよね。

インターンシップに早くから参加している人を見ると、自分でも参加した方がいいのかな?やつつつ焦げてしまいそうになりますが、人そっけの準備の方法や始まる時期とのは異なります。まったく、業界会社によっても、選考方法や対策が違うことがほんとんどです。まったくしっかりと、2019年度の就職活動のスケジューリングを把握し、自分で必要な準備は何かを知ることから始まりましょう。

2019年度版就活スケジュール

2019年度の就活スケジュールを見てみましょう。

 

2017年6月〜12月

6月にはインターンシップ情報が解禁になり、多くの企業で募集が開始されます。エントリーシートを書いたり、選考のために面接を行う場合もあります。基本的に大企業がインターンを行う場合は、応募人数が多い事を見越して、WEBテストやグループディスカッションをする場合が多くなっています。インターンシップは大きく分けて以下のようなものがあります。

 

・1Dayインターン

多くの学生が参加できるように、複数回に分けて1日で完結するインターンシップです。会社の説明や、簡単なグループワークが行われます。

・3〜5Dayインターン

数日間行われるインターンシップです。多くの場合は、複数のグループに分かれて、一つの課題について話し合い、最終日にプレゼンテーションを行います。その他にも、実践型インターンと呼ばれるインターンがあり、実際に現場に出て、業務を経験するものもあります。

 

この他にも、2週間程の日程で行われる長期インターンのようなものもありますが、基本的に、インターンシップの期間は5日以内が原則と決まっています。大学の授業とインターンシップが被ってしまう事もありますが、企業の担当の方に事情を話せば、きちんと対応していただける場合がほとんどです。授業に支障が出ない程度に、興味のあるインターンシップに参加してみましょう。

 

2018年1月以降

正確な時期は企業によって様々ですが、経団連のに属さない企業は、年明けから採用活動を始めている場合もあります。特に、コンサルティング会社や、外資系企業、ベンチャー企業は早い時期から選考を開始しています。このような会社に興味のある人は、早めの情報収集が欠かせません。例えば、就活生に人気の投資銀行などは、夏のインターンシップの参加者の中からほとんど内定を出すと言われています。実際、早い人は就職活動が本格的に始まる3月以前に、既に内定を得ているというケースも少なくありません。そして、このような会社にあまり興味のない人も、グループディスカッションや面接の場数を踏むことで、3月から始める本番に備えることもできますので、練習のつもりで積極的にエントリーしてみることをお勧めします。

 

2018年3月以降

経団連の指針では、3月以前に公式に採用活動を行なってはいけないことになっているので、3月以降に本格的な情報解禁になります。3月中は沢山の企業で説明会が行われます。1日に何社もの説明会に参加する学生も多くいます。4月は、エントリーシートを書いたり、WEBテストを受け始めます。5月上旬になると、グループディスカッションや面接の予約が開始されます。早い企業では、5月の下旬ごろから内定を出し始めます。

 

2018年6月以降

企業が内定を出し始めるのが6月からです。ここで内定を貰えないからといって、就職活動失敗というわけではありません。6月以降も多くの企業で採用活動は続きます。納得いく企業から内定を貰えるまで、粘り強く頑張る必要があります。

就活のために準備すべきもの

就職活動を始めるにあたって、いくつか準備しなければいけないものがあります。

 

・リクルートスーツ上下

インターンシップに参加した経験がある人は、既に購入している方も多いですが、就職活動が本格的に始まる3月までには、絶対購入しておきましょう。基本的には一着あれば良いですが、説明会や面接が連日で行われる時期もあるので、もう一着あると、汚れてしまってクリーニングに出すことになっても安心でしょう。合わせて、リクルートシャツも数枚用意しておきましょう。

 

・黒色のカバン

底が広く、手を話しても倒れないカバンを選びましょう。面接時にカバンを床に置いた際、カバンが倒れてしまわないようにするためです。

 

・証明写真

最近はWEB上でエントリーシートを提出する企業が多いですが、手書きのエントリーシートを提出しなければいけない企業もまだまだ多くあります。スピード写真ではなく、写真館やスタジオなどで、就活用の写真を撮ってもらいましょう。多少お金はかかりますが、企業の方があなたの情報を最初に知る時は、エントリーシートを見た時です。綺麗な写真は、あなたの第一印象を決める大切な要素です。

・就職関連本

業界地図、SPI対策本など、就職関連の本は購入した方がよいでしょう。先輩から譲ってもらった少し古いものでも可能ですが、最新の業界の動きや、SPI問題が等が掲載されている方が、確実な情報を得る事ができますし、対策はしやすいでしょう。

 

これらの他にも、就活を進めていると、説明会や面接へ行くための「交通費」がとてもかさみます。就職活動中にアルバイトをすることは、時間的にも体力的にも厳しいです。就活のための、まとまった資金を用意するなど、金銭面にも注意が必要です。

就活で行うべき準備とは?

具体的に、何から始めたらいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか?ここでは、就職活動で特に大切な3つの準備を紹介します。

 

①WEBテスト対策

就活生が最も苦労すると言われているのが、実はWEBテストなのです。就職活動が始まると、自己分析が大切だとは言われますが、自己分析ばかりに時間をかけてしまい、肝心の面接の前の段階で落ちてしまう学生がとても多いのです。頑張って書いたエントリーシートも無駄になってしまいますよね?WEBテストは簡単な問題ばかりではありません。WEBテスト用の勉強をしなければ、高得点を取ることはできません。面接まで進むための最初の難関がWEBテストだと肝に命じて、勉強に取り組みましょう。

 

②自己分析

就職活動というと、真っ先に自己分析を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?自己分析の方法は様々あります。一般的には、過去の自分を振り返り、自分が今までの人生をどのように歩んできたか、その中で印象に残っていること、自分の想いなどを書き出します。自己分析が出来ていないと、自分のことがよく分からず、面接などで質問されてもなかなか答えることができない場合があります。しかし、自己分析を進めていると、どうしても自分の短所ばかりに目が行きがちになってしまいます。自己分析は過去ばかりを振り返るものではありません。過去の経験を通じて、今の自分はどうあるべきなのかということも同時に考えるようにしましょう。どんな経験でも、必ず自分の強みを活かして取り組んでいます。自分について、しっかり言葉で表現できるようにしましょう。ネガティブにならずに、前向きに自己分析をすることが重要です。

 

③業界研究・企業研究

行きたい業界・企業については、徹底的に調べる必要があります業界や企業内での現状・課題を、業界図やそれに合わせて企業のホームページから分析する必要があります。大切なことは、ただ情報を得るされるだけではなく、なぜその情報に興味を持ったのか、企業が抱える問題に対して自分自身の解決策はあるのかを考えてください。就活では、業界や企業の知識は問われますが、「あなたはどういう思いだったんか」という事をよく聞かれます。その間に、しっかりと自分の意見が言えるように、日頃からニュースや新聞で、様々な情報にアンテナが張っておきましたが大切にも1つけ加えると、自分が志望している業界以外の業界についても調べておきましょう。例え、メーカーを志望している人は、基本的にはメーカーのことについて かみべません。しかし、企業とか、様々な繋がりがあります。材料や製品を安全に私達に届けるためには輸送機関や船社が関係しています。もちろん、金融機関とその取締り、広告会社との繋がりがあります。あまり、ひとつの企業について深く絞って分析するよりも、その会社が、社会ではどんな場所付けののかを考えているのと、採用担当者から高評価を貰えるかしません。

 

いかがでしたでしょうか?就職活動の準備は、決まってこれをばれないけど、いつもはありません。自分が志望している業界や会社に就職するためには、何が必要なのをしっかりと把握してくださいしてください、3月の本番に備えましょう。

 

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る