目次

企業側が履歴書の長所を見る理由

では、なぜ長所を知らせることが大切なのでしょうか。

それは、企業があなたという人間を知り、採用すべきかどうかなどを検討するうえで、とても参考になるからです。

その意味を理解するためには、企業側があなたをどう見ているかを客観的に知ることが大切です。

 

なので、企業の採用者側の視点から、「長所を見る理由」について考えます。

 

そもそも、長所の欄については、採用側はどんなことをポイントに見るのでしょう。

大きく2つに分けて紹介すると、以下になります。

 

・その人の適性

・自己分析ができているかどうか

 

これらは、あなたが会社でどのように働いていけるかを見る上で、とても大切ですね。

適性を見れば、あなたがこの会社で、どんな仕事を通じて自分の持ち味を活かし、活躍してくれるかを想像することができます。

 

例えば、協調性がある人はチームワークが大切な仕事が向いているでしょうし、リーダーシップがある人は管理職が向いているかも知れません。

また、自己分析とはあなたが自分自身を客観的に判断できているか、ということです。自分がどういう人間かを理解し、自身が会社の中でどう振舞うべきかを知っている。社会で生きる上ではとても大切な要素です。

 

このように、あなたの長所を見ることは、企業にとってとても有益な情報となるのです。

 

長所を書く時のポイント

では、企業にとって有用な人材だと思ってもらうために、どのように長所を書けばいいのでしょう。残念ながら、ただ何となく書くだけでは、よい評価にはつながりません。

採用につながるように長所を紹介するためには、いくつかコツがあります。

以下、そのポイントについてお話しします。

 

求めている人材に合った長所を書く

まず何といっても大切なのは、「この企業がどのような人材を求めているか」を知り、それに見合った長所を書くことです。

例えば、人材育成や管理能力が求められるような職場に対し、「素直で従順です」と書いても、相手は評価しようがありません。一方で、「リーダーシップがある」「責任感がある」と自分を紹介すれば、採用側にもプラスの評価をされることでしょう。

 

会社がどんな事業を行い、どんな人材を求めているか。

自分をプロデュースするためには、そのような相手側の見解も汲むことが大切です。

 

長所にまつわるエピソードを入れる

「行動力がある」「好奇心が強い」など、自身の長所を書いても、それだけでは残念ながら評価にはつながりません。

 

なぜでしょう?

 

原点に立ち返れば当然に思える話です。履歴書とはいわば、会社に向けてのあなたのラブレター。あなたの魅力を詰めるものなのです。しかし、単に「行動力があります」「好奇心旺盛です」ではそれは伝わりません。なぜなら、それはあなたの性格的特徴なのかも知れませんが、「強み」としての具体的なイメージが湧きづらいからです。

 

あなたを魅力的に見せるためには、なぜそれが長所であるのかを詳細に書くことが大切です。具体的なエピソードがあれば、それもまじえて紹介するとよいでしょう。

 

短所とそれを補うための工夫も紹介すると説得力が増す

「私はこんなところが良いところです」「強みです」と紹介しても、もしかしたら「ホントかな?」と思われてしまうかも知れません。

確かに、いいことばかり並べるだけでは、嘘っぽく感じてしまいますよね。

そこで「短所」も少しだけ紹介します。そして、併せて「それを補うための工夫」も紹介すると、真実味が増し、問題解決力がある人だとも評価してもらえます。

例えば、あなたが「リーダーシップがある」人だったとしましょう。

“一方で、短所として「自分の想いで突っ走ってしまう」という傾向があるので、それを解消するため、「人の意見を積極的に取り入れる」ことで、周囲とも良好な関係を築いている。”

このように自分を紹介すれば、採用側に

「長所はもちろん短所も踏まえ、しかもそれをカバーする方法を知っている人だ」

と思ってもらえるでしょう。

もし、現在短所を解消した経験が思い浮かばないのであれば、「今後はこうしたい」という視点で書いても構いません。 

履歴書にはたいてい、長所と並んで短所を書く項目もありますので、対比させて書くのも有効かも知れません。

 

長所別例文

 

さて、いよいよ具体的な長所の書き方について例文を掲載します。

 

(1)協調性がある

私の長所は協調性があることです。大学では、軽音楽部でバンドを組み、仲間と協力して楽曲を作ったり、コンクールに出場し賞を取ることもできました。ただ、短所として全員の意見を聞こうとしてしまい、話がまとまらなくなることもあります。なので、仕事では期限を意識し、常に早めの行動を意識したいと思っています。

 

(2)真面目

私は真面目なところが長所だと思います。学生時代アルバイトをしていましたが、真剣に取り組むことで周囲から高い評価をいただいていました。また、杓子定規に物事を考えすぎ、柔軟な考えができなくなるところもありますが、常に物事の全体を見渡し、最善の方法を取ろうと考えることで、それを解消しようと工夫しています。

 

(3)素直

私は素直に人の意見を聞き、実行することができます。人からのアドバイスは必ず参考にし、自身の行動に取り入れるようにしています。一方で、何でも聞きすぎ、「馬鹿正直」と言われてしまうこともありますので、常に客観的な視点をもち、その情報が正しいかどうかを考えるようにしています。

 

(4)負けず嫌い

私は負けず嫌いです。高校時代、バドミントン部の主将を務めていましたが、「負けないぞ」の一心でチームを全国大会まで引っ張りました。一方で、ライバル心が強く、人にけんか腰に接してしまうことがあります。ですので、友情や仲間意識をもつことを心がけ、人と常に良好な関係を築けるよう工夫しています。

 

(5)リーダーシップがある

私はリーダーシップがあります。多くの人をまとめ、目的や目標に向かって突き進むことが好きです。自分の想いで突っ走ってしまうこともありますが、常に立ち止まり、人の意見を積極的に取り入れることでそれを解消しています。具体的なエピソードとして、高校時代は生徒会長を務め、文化祭や体育祭など多くのイベントの開催に、他の学生たちとともに携わりました。

 

 

あなたの長所によって、書き方は色々です。

例文を参考に、自分の良さをよりよく伝えられる書き方を模索してみましょう。

 

まとめ

長所は、企業にあなたの良いところを知ってもらったり、有能な人材と思ってもらうために、とても重要です。

しかし、書き方によっては、よく伝わらなかったり、逆効果になってしまうこともあります。

企業が求める人材像に沿いながら、具体的なエピソードや短所、それをカバーしているのかを含めて紹介することで、採用側にいい印象をもってもらうことができます。

 あなたの良さをあなた自身が見定め、企業に「自分を好きになってもらえる」よう、アピールしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る