目次

漢検の正式名称・履歴書への書き方

いざ歴史史書に漢検の資格を書こうとしたときに、「漢検2級」のように書いていないでください。この書道では、採用担当者にマイナスの印象を与えられています。行場合は正式名称で書かれて大切です。

 

「平成29年10月日本漢字能力検定2級合格」

上書のように書かれて意識しましょう。この書式でありば、採用責任者にも間違いなく好きな印象が与えられることができます。漢検の正式名称を書きたくないほどでマイナーなイメージを与えていますのは勿体無いしました覚えておきましょう。取得年月を冒頭に書くことを忘れないようにすることが大切です。

何級から履歴書に書いてもいいの?

履歴書に書くのは何級からがいいのでしょうか。ただ持っていいても書いていいわけではないのです。基本的に2級から履歴書に書ける資格とされています。準2級を持っている人は、頑張って2級の資格取得を目指しましょう。

漢検2級のレベル

漢検2級のレベルは、高校卒業レベルと言われています。常用漢字2136文字であり、社会人一般レベルで漢字の読み書きが一定以上できるようなレベルです。逆に、2級以下ですと、社会人に満たない漢字レベルを披露することになってしまうので、履歴書に書くのは2級からが望ましいのです。

取得日を忘れたらどうする?

せっかく2級以上の実績を持っていたとしても、取得したのが高校や中学時代であれば取得日を忘れてしまうと言うケースも多いです。

公益法人日本漢字能力検定に問い合わせ

公益法人日本漢字能力検定に受験履歴の照会をすると自分自身の取得日を確認することができるのです。書面でしか行なっていないため、郵送やFAXを利用する必要があります。さらに合格証明書ももらうことができます。この場合は身分証明書などの書類も別途必要になるので準備をしておきましょう。

漢検は就職に有利になるのか?

漢検を持っていてどのように採用担当者に評価をされるのでしょうか。まず、2級以上を取得していることが前提にはなりますが、資格を持っていれば、一般常識があり、努力できる人物だとみなされます。漢検はどれだけ暗記できるかの勝負でもあるので試験本番までしっかりと努力を積み重ねていける人物だとの評価を得ることができるので、この点では有利になります。

 

漢検準一級と一級は桁違いの難易度

漢検準一級以上になると途端に難易度が上がり、合格率も下がっていきます。覚える漢字の量も格段に増えていき、二級の2倍・3倍の量の漢字を覚える必要があります出てきます。準1級・1級を取得できたとしても評価が高くなるとは一応には言えないのです。なにせ、基本的に2級以上持っていれば、よしとされるものでそれを求めたされることはあまりありません。難易度高分分、スキルは評価されるが、2級を持っている人と大きな評価が変わることはあまりないと言えます。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る