目次

履歴書の空欄はできるだけ避けよう!

履歴書は自分をアピールする手段

企業に提出する履歴書とは、自分自身をアピールする最初の手段です。その履歴書に空欄が多いと自己PRはない人と判断されています、マイナスのポイントを生み出すしています。空白をつくなるべく内容にすることが大前提大切です。そのために、空白ができるようなタイプの履歴書を選んで購入してみるようです。採用担当者からすると、「無」から書いていないか、単なる記入しないのか区別がつかまえませんよ、どうしても書かれない場合には「なに」は記念すべきことが大切です。「特にない」ということがあります訳ではないので、埋め込まれた部分は全部記入するつもりで履歴書作成に当りました。

履歴書の空欄がNGな理由

余白が多い履歴書は評価が下がるだろう

空欄が多い履歴書は、採用担当者からの評価が下になってしまいます。空欄を残して完璧な記載をすることを心がけましょう。「趣味」や「特技」で特になにとするのもNGだ。なにか、企業に気をつけないことにつながり、入社意欲を疑われてしまうからです。また、仮に、すべて記入しても、余余が多かったのは、履歴書の仕上がりが本人に合っていますなんと、違うタイプの履歴書に変更を加える必要があります。企業は、書類選考と一次審査で履歴書を隅から隅まで見ます。それで、空欄の多くの履歴書、しっかり書かれている履歴書でどっちの人物に会って見たいかいえば、間違いなく後者でしょう。よかった、履歴書は自分であったフォーマットで隅から隅まで記載することを心がける必要があります。

空欄を作らないための方法・ポイント

履歴書は、企業に届く最初のあなたの情報です。つまりそこで第一印象が決まるといっても過言ではありません。そのため、とにかく空欄は作らずに何かを埋めましょう。空欄があることでやる気があるのかどうかでまず判断をされてしまいます。

 

短所を短く、長所を長く書く

まずは自分自身の長所と短所を書く際に心がけておくべきことを紹介します。短所は端的に短く書き、長所は長く書くことです。ここで短所を書く際に注意すべきことは、ただ短所を書くだけではなく、そこから自分がどう改善するべきかを合わせて記載します。なぜなら、採用担当者は、自分の短所をどう課題として認識しているかを見ているからです。そして、それ以上に長所を多く書き、時運をアピールする内容を増やすといいでしょう。履歴書は自分自身をアピールする書類です。そのため、ポジティブな内容はできる限り多く書く方が良いです。(書き過ぎは注意。)

 

本人希望欄に悩んだら、希望職種を書く

履歴書の最後の項目で、本人希望欄という項目があります。そこに何を書くか悩まれる方は多いのではないでしょうか。困った時は、自分自身が希望している職種や、挑戦したいことを書くと良いです。そこから採用担当者は入社意思やその応募者の考えを判断しているのです。本人希望欄には、その企業で何をやっていきたいかを記載する欄にすると良いです。

 

自己PRを充実させる工夫をする

履歴書は、自分自身をアピールする最初の手段です。様々書く項目がありますが、何よりも自己PRを充実させることを意識するべきです。例えば、資格を持っていなければ、「〇〇の資格取得に向け勉強中」、「〇〇の分野に◯年携わっていました」 といったように書くことで、前向きに学ぶ姿勢があることを伝えることができます。

 

「特になし」は使ってもいい?

履歴書に「特になし」という記入は使って良いのでしょうか。これは結論、NGとなります。「特になし」という言葉は、相手に何も伝える気がないという意味を与えてしまうので、意欲や興味が低いと判断されてしまいます。もし「特になし」と書区必要があり、使う場合にはポジティブな内容に言い換えるようにするといいです。

 

本人希望欄に、「特になし」

履歴書の本人希望欄には、譲れない条件や希望職種を書くケースが多いです。しかし、書くことが何も見当たらなかった時に、「特になし」と書いてはいけません。なぜなら、雑な印象を与えてしまったりする場合があるからです。このような時には、「貴社規定に従います。」という一文を添えるようにしましょう。

 

資格欄に「特になし」

もし、アピールできるような資格を持っていない場合は、「〇〇の資格取得に向け勉強中」などど書いておくと良いでしょう。それでも特に勉強中の資格がない場合は、志望動機を膨らませるなど他の項目で内容を充実させると良いでしょう。「資格は持っていませんが、〇〇の経験があります。」のように、自己PRを膨らませるやり方が望ましいです。

 

斜線を引いて空欄を埋めてもいい?

書かれた項目がない履歴書に斜線を引くことは基本的にはよくないことです。しかし、もし「特にない」と書くく、「空欄」にするか、「斜線を引くか」とした場合には特に決まりはないので斜線を引くと選んだ肢も選んではいけないようにはありません。特に指示がなければ、消したいものがあるアークではないということです。

 

履歴書は白くないほうがいい

履歴書を企業に提出するときは、あまりにも内容が詰まった履歴書の方が印象は間違いなくよく判断します。そのため、空欄にしておけではなく、「斜線を引く」というようなやり方も一つの手段として受け入れられています。余白を残し履歴よりも、内容が充実している履歴書の方が読ま甲斐があります。もしても書かれている場合には、特になしと書くくらい斜線を引いててもいいので、とにかく余白を残さないように意識して履筆の作成をしています。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る