目次

女性の就活中の髪型のポイント

 - 前髪は流しておでこを見えるように

おでこがしっかりと見えるように前髪はサイードに流しておきましょう。前髪がおでこにかかってしまい、暗い印象を与えています。また面接が何度かお辞儀をする場面がありますよね。一度ならまた、お辞儀をする度に前髪を払っていてよかった印象を与えません。お辞儀をする度に前髪を押さえてもいいしないで、しっかりとサイードに流して落ちているようにおきましょう。

 

前髪が長い人は、サイドの髪の毛と一緒に耳にかけるなどして落ちてこないようにしましょう。耳にかけるだけでは、面接中にお辞儀をしたら顔にかかってしまう可能性があります。前髪にワックスを軽く付けて固定したり、耳の後ろでピンで留めても良いでしょう。

 

前髪が短い場合は、軽くワックスを付けて乱れないようにしておくと良いでしょう。

 

 ‐サイドは耳にかける

サイドの髪の毛は耳にかけて、スッキリとさせましょう。お辞儀をする度に髪の毛が顔にかかっていては、良い印象を与えません。面接中に頭を振ることもできませんし、手で払いのけるわけにもいきません。

 

面接官に悪い印象を与えてしまい、何度も髪の毛が顔にかかっては自分でも鬱陶しく思うことでしょう。ショートヘアやセミロングヘアならサイドの髪の毛は耳にかけて、お辞儀をしても落ちてこないようにしましょう。ロングヘアなら後ろで束ねると良いでしょう。

就活中におすすめの髪型

 ‐ポニーテール

ポニーテールは、セミロングヘアやロングヘアの方にオススメです。就活中の基本的なヘアスタイルです。すっきりとした明るい印象を与えます。お辞儀をする時にも、顔に髪がかかることもなく好印象を与えること間違いなしです。

 

【セットアップポイント】

1.ブラシを使ってブローして整えていきます。ブローすることで滑らかになり表面にツヤがでます。

2.ワックスを髪の根元から毛先にかけてつけていきます。

この時に使うワックスは軽めのものを使いましょう。ワックスをつけることによって、さらにツヤがでます。

3.結ぶ位置は耳の高さを目安にします。

耳より上の位置だとカジュアルになり過ぎてしまい、就活中のヘアスタイルには向きません。また耳の位置より下だと落ちつき過ぎてしまいます。

4.ゴムで髪の毛を結んだら、髪全体にスプレーをかけていきます。

  髪に近い位置からスプレーをすると一部分だけカチカチに固まってしまいますので、髪の毛から少し離した位置からスプレーをかけるようにしましょう。

 

【ワンポイントアドバイス】

このままでもいいのですが、結ぶゴムをシリコンタイプのものにして、ゴムの部分に一束分の髪の毛を巻きつけてアメピンで固定しても良いです。少しカジュアルにしても大丈夫であれば、黒色のシュシュをつけても良いでしょう。

 

 ‐ハーフアップ

ハーフアップは、セミロングヘアやロングヘアの方にオススメです。女性らしく清楚感があるので、好印象間違いなしです。就活中にするヘアスタイルの中で、とても人気があるヘアスタイルです。

 

【セットアップポイント】

1.ブラシを使ってブローして整えていきます。ブローすることで滑らかになり表面にツヤがでます。

2.ワックスを髪の根元から毛先にかけてつけていきます。

この時に使うワックスは軽めのものを使いましょう。ワックスをつけることによって、さらにツヤがでます。

3.耳の少し上あたりの髪をゴムで結びましょう。

4.ゴムで髪の毛を結んだら、髪全体にスプレーをかけていきます。

  髪の毛から少し離した位置からスプレーをかけるようにしましょう。

 

【ワンポイントアドバイス】

結ぶゴムをシリコンタイプのものにして、ゴムの部分に一束分の髪の毛を巻きつけてアメピンで固定しても良いです。髪の毛の量が多い人は、太めのゴムで結ぶようにしましょう。

またトップにボリュームを出すために、トップ部分を少しつまみ出してからスプレーをかけるようにしても良いでしょう。

 

 ‐シニヨン(お団子)

シニヨンは、セミロングヘアやロングヘアの方にオススメです。凛としていて真面目な印象を与えます。シニヨンにする時には、ネットを使うので簡単にセットすることができ崩れにくいヘアスタイルです。お辞儀をしても髪が顔にかかることが無く、良い印象を与えます。

 

【セットアップポイント】

1.ブラシを使ってブローして整えていきます。ブローすることで滑らかになり表面にツヤがでます。

2.ワックスを髪の根元から毛先にかけてつけていきます。

この時に使うワックスは軽めのものを使いましょう。ワックスをつけることによって、さらにツヤがでます。

3.耳の下よりも少し下辺りで結びましょう。

4.片方の手で結んだ根元を押さえながら、もう片方の手で髪をねじっていきます。この時にねじりながら髪を巻きつけていきます。

5.髪を巻き終えたら片方の手で押さえて、長いヘアピンで中心に向かって髪を留めていきます。

6.片方の手でネットを持ち、もう片方の手でひっぱるようにしながらネットをかぶせましょう。

7.ネットの根元部分にUピンを斜めに入れて固定していきます。右上と左上を留めるようにすると良いでしょう。

 

【ワンポイントアドバイス】

髪を巻きつけてヘアピンで留める際に、シニヨン部分からヘアピンが飛び出さないように注意しましょう。根元に向かって押さえるように留めるのがポイントです。

 

 ‐ボブ

ボブの場合は、髪の毛を結ぶほど長くはないので、ダウンスタイルにするのがオススメです。ダウンスタイルは、ボブやセミロングヘアの方が就活中によくするヘアスタイルです。

 

【セットアップポイント】

1.ブラシを使ってブローして整えていきます。ブローすることで滑らかになり表面にツヤがでます。

2.両サイドの髪の毛にワックスをつけていきます。毛先までワックスをつけるようにしましょう。

3.両サイドの髪の毛を耳にかけ、耳の後ろをヘアピンで留めましょう。

4.ゴムで髪の毛を結んだら、髪全体にスプレーをかけていきます。

  髪の毛から少し離した位置からスプレーをかけるようにしましょう。

 

【ワンポイントアドバイス】

髪の毛の量が少ない人は、短めのヘアピンでいいのですが、髪の毛の量が多い人は長いヘアピンを使うようにすると良いでしょう。

ショートヘアの場合は?

ショートヘアの場合は、しっかりとブラシを使って髪全体をブローしましょう。しっかりブローをすることで髪の毛にツヤがでます。

 

前髪はカーラーで軽くカールをつけて斜めに流すようにしましょう。前髪と両サイドの髪にワックスをつけることで、お辞儀をしても髪の毛が乱れることはありませんよ。両サイドの髪の毛は耳にかけてヘアピンで留めておきましょう。

 

おでこと耳を出すことで、明るい印象になります。

まとめ

ヘアスタイルのセットの仕方を変えるだけで、印象が異なってきます。セットに慣れるまでは難しいと思うこともあるかもしれませんが、社会に出れば毎日髪の毛を整えていかなければなりません。しっかりと練習をしておきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る