目次

履歴書を持参するときのポイント

履歴を持参することは、どこに注意しておけば良かったのかチェックしておきましょう。それではポイントは採用の合否に関わる可能性もあるポイントです、しっかりと確認しておいてください。

 

 封筒に入れて持っています

履歴を持参することは、封筒に入れているようなものにします。履歴は就職を希望する企業に提出する大事な書類です。大事な書類でその履歴書をそのまま持参したところで、履歴書面が汚れてしまう可能性があるだけでなく、履歴書を提出する相手にマイナスの印象を与えていますかねません。

 

「おおざっぱな人だ」「ずぼらな人だ」などと思われたのでは、いくら丁寧に作成した履歴書でも、内容通りの意味で受け取ってもらえないことが考えられます。そのため、履歴書を持参するときには、裸のまま持っていくのではなく、しっかりと封筒に入れて持っていくようにしてください。

 

 コピーも持っていく

履歴書を郵送する場合に限らず、持参する場合にも押えておくべきポイントが、面接会場に履歴書のコピーを持っていくことです。面接では、履歴書に目を通した面接官から、履歴書に書かれている内容を基にしたさまざまな質問を受けることとなります。

 

そのときに、履歴書に記入した内容と矛盾した受け答えをしてしまうと、一貫性がない主張をしていると判断されます。一貫性のない主張は優柔不断である印象や行き当たりばったりな印象を抱かれてしまうので、面接会場へは履歴書のコピーを持っていき、時間の許す限り履歴書の内容を確認しておくようにしてください。

 

 書類はクリアファイルに入れてから封筒に

履歴書を封筒に入れるときには、折れ曲がったり濡れてしまったりしないよう、クリアファイルに挟んでから封筒に入れてください。履歴書が紙である以上、折れ曲がるリスクや濡れてしまうリスクは常にあります。

 

折れていたり濡れていたりする履歴書では、採用担当者や面接官に良い印象は与えられません。それどころか、悪い印象を与えてしまう可能性の方が高いため、履歴書を封筒に入れる際には、しっかりとクリアファイルで保護しておくことが大切です。

 

 添え状や送付状は必要なし

履歴書を持参する場合は、添え状や送付状を入れる必要はありません。添え状や送付状の目的は、履歴書を郵送した相手への挨拶と書類の漏れを確認することです。履歴書を持参するときには、直接挨拶を交わせますし、書類に関することも直接やり取りできます。

 

口頭で実現できる目的を添え状や送付状を入れることでくり返す必要はないので、履歴書を持っていくときには、添え状や送付状を入れてしまわないようにしてください。

 

 封筒ののり付けは不要

履歴書を入れた封筒は、のり付けしないようにしましょう。履歴書を郵送する場合には、履歴書やそのほかの書類が封筒から出てしまわないよう、しっかりとのり付けすることが大切ですが、履歴書を持参する場合にはのり付けをする必要はありません。

 

カバンに入れておくことで封筒から履歴書が出てしまうことはありませんし、面接会場では封筒からすぐに履歴書を出す必要があることから、履歴書を持参するときののり付けは不要です。また、封筒にのり付けをして持参してしまった場合、面接官の前で封筒を破くこととなってしまいます。

 

封筒を破いて履歴書を取り出すのは、あまり良い印象を与えられることではないので、間違えてのり付けをしてしまわないよう、履歴書の準備をする際はよく気をつけておきましょう。

履歴書を持参する際の封筒の選び方

履歴書を持参する場合は、履歴書を入れる封筒にも気を配っておく必要があります。封筒の色とサイズにはどのようなものを選ぶのが良いのか、それぞれ見てみましょう。

 

 

履歴書を入れる封筒には、白色の封筒を選んでください。封筒の色には茶色や水色、黄緑色といったさまざまな色のものがありますが、白色以外の色の封筒は履歴書を入れる封筒として適しません。ネットなどには「何色でも良い」「大事なのは中身」といった意見も確かにあります。

 

しかし、白色以外の封筒を明確なマナー違反と考えている方がいることもまた事実です。応募する企業の担当者がどちらの考えに立っているのかは分からないため、履歴書を入れる封筒には白色のものを選んでおくのが無難です。

 

 サイズ

A4の履歴書を使用した場合もB5の履歴書を使用した場合も、封筒には角2号のサイズを用いるようにしましょう。角2号の封筒はA4よりも少し大きめの封筒であるため、A4の履歴書を折り曲げることなく入れられます。

 

また、B5の履歴書の場合は、少し大きいと感じるかもしれませんが、履歴書以外の書類がA4であることを考えると、使用する封筒は角2号のサイズが適しているといえます。

履歴書を持参する際の封筒の書き方

履歴書を持参する場合の封筒の書き方については、郵送する場合との違いを意識しながらチェックしてみてください。

 

 

履歴書を入れた封筒の表には、左下に赤ペンで「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」という文字を記入し、四角く枠で囲ってください。市販されている履歴書には、始めから「履歴書在中」や「応募書類在中」と書かれた封筒が付いていますが、それらの封筒は使用しないことをおすすめします。

 

履歴書の封筒には、手書きで「履歴書在中」もしくは「応募書類在中」と表記した方が、比較的好印象を与えられます。少しでも良い印象を与えて面接を有利に進めるためにも、履歴書が入っていることを表す表記は、手書きで記入するようにしましょう。

 

 

履歴書を入れた封筒の裏には、左下に自分の住所と名前を記入してください。封筒の裏面に住所と氏名を記入する部分は郵送する場合と変わりませんが、封筒に封をしないという部分が郵送する場合と異なっていますので、間違えて「〆」などの表記をしてしまわないよう注意してください。

 

持参した履歴書の渡し方

履歴書を持参した場合は、履歴書の渡し方にも気をつける必要があります。履歴書の渡し方を把握していない方は、ここでよく確認しておいてください。

 

 面接官に直接渡す場合

面接官に履歴書を渡す場合は、封筒からクリアファイルごと履歴書を出し、クリアファイルの上に履歴書やそのほかの書類を重ねて、両手で渡すようにしましょう。履歴書を手渡しする際に「本日はよろしくお願いいたします」などの一言を添えて渡すようにすると、より良い印象を与えられます。

 

応募する企業によってはクリアファイルは不要というところもあるため「クリアファイルは持ち帰ってください」といわれた場合には、すぐにクリアファイルをしまうようにしてください。

 

 受付の人に渡す場合

受付の人に履歴書を渡す場合は、履歴書を封筒から出す必要はありませんが、両手で丁寧に渡してください。受付の人に渡すときにも「よろしくお願いいたします」などの一言を添えて渡すのがおすすめです。

 

まれなケースではあるものの、受付の人が感じた第一印象を審査の参考にしているという企業もなかにはあります。どこで審査されているか分からない以上、面接を行う部屋だけが審査の場と考えるのではなく、家から一歩出た時点から審査される可能性があると意識しておくようにしましょう。

まとめ

履歴書を持参する場合は、白色の封筒に入れて大切に持っていくようにしましょう。面接では、どこを見て審査を行っているのかが分からないため、履歴書を入れる封筒や履歴書の渡し方など、細かな部分にまで配慮しておくことが大切です。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る