目次

有給インターンとは

有給インターンとは、その名の通り「給料がもらえるインターンシップ制度」です。

学生の間に、実際に会社の活動を体験するインターンシップ。この有給インターンの参加者は、社内の戦力の1人として、仕事に取り組むことになります。

そのために、その活動に応じた報酬が支払われます。

 

アルバイトに近いといえば、分かりやすいです。

 

インターンシップ生の応募は、さまざまなところで行なわれていますが、リクナビ・マイナビなどの就活ナビサイトを見ると、無給インターンの場合がほんどです。

しかし、「InfrA(インフラ)」など、有給インターンシップを広く紹介しているサイトもあります。

https://www.in-fra.jp/

 

当サイト「Leaving」も、有給インターンを募集しているサイトですね。

 

有給インターンと無給インターンの違い

では、有給インターンと無給インターンの違いはいったいどのようなところにあるのでしょう。

実は、両者は同じインターンシップと銘打っていますが、中身は全くの別物なのです。

どのような違いがあるのか、以下に分けて紹介します。

 

 

無給インターン

無給インターンは、就活生が就活の一環として行うものです。

期間は1日〜1週間程度の短期であることが多く、内容も基本的に実務は伴わず、実習やワークショップ・説明会の延長のようなものになります。

企業側も、企業も就活に向けた動きの一環や、就活生に対するボランティアのような感覚で行うことがほとんどです。

就活生に向けた職場体験のようなものととらえれば、分かりやすいです。

 

 

有給インターン

実習がメインの無給インターンとは違い、有給インターンは単なる仕事体験には留まりません。

営業活動や資料作成・電話対応など、実務を任されることが多く、その分の成果が報酬として支払われます。

期間も3ヶ月以上からと定められているなど、長期インターンであることが多いです。

全大学生が対象となっており、すでに他社から内定を持っている大学4年生を受け入れている企業もあります。

 

有給インターン参加のメリット

このように給料をもらいながら社会経験も積める有給インターン制度。

 では、お金がもらえる以外に、参加することにどのような意味はあるのでしょうか。

実際、無給インターンや普通のアルバイトとは違うメリットがあるようです。

 

以下に、5つのポイントに分けて、そのメリットを紹介します。

 

 

 1. 自分の興味のある業種に就ける

アルバイトでも色々な仕事があります。けれど、本当に自分のやりたい仕事ができるかというと、そうとは限りません。

しかし、インターンシップでは、自身の志望する職種の会社に応募することができます。ゆえに、本当にやりたい仕事に就ける可能性が高くなります。

 

 2. 実社会に出ても役に立つ社会経験やスキルが得られる

アルバイトや無給インターンでもある程度の社会経験やスキルはつけられます。しかし、アルバイトは基本的な仕事が主ですし、無給インターンは期間が短かったり実習的な作業が主になるため、実践的なスキルは身に着けにくい傾向があります。

一方で、有給インターンは、実際の会社に長期間勤務することを通じ、実務に近い仕事ができるため、比較的実のある社会経験や、高いスキルを得られやすくなります。

 

 3. 普通のバイトより報酬が高め

通常のアルバイトは、業種によって違うものの、一般的に賃金が低い傾向があります。最低賃金は都道府県によって違いますが、全国平均で848円程度 (2017年10月現在) 。

しかし、有給インターンは実務的かつ専門的な業務を任せられるため、その分賃金が高い傾向にあります。

時給は業務内容によって変わりますが、だいたい1000~1500円が相場となっています。中には成果による歩合制を採用しているところもありますが、そちらも頑張ればその分給料が高くなるという嬉しい面があります。

いずれにせよ、自分の入りたい業界で、やりたい仕事をしながら、周囲よりも高い給料をもらえるなんてとても嬉しいですね。

 

4. 社会人が身近にいて、人脈形成もできる

長期間にわたって行われる有給インターン制度。参加した先の会社には、第一線で働く社員の方もたくさんいるでしょう。また、営業先で有能な人物に出逢えるかも知れません。このように多くの社会人とコミュニケーションを取り合い、将来の人脈形成にもなる。このような出逢いができるのは、有給インターンだからこその魅力ではないでしょうか。

 

5. インターン先からそのまま内定をもらえる場合もある

インターン先の会社の求人状況やあなたの仕事の評価によっては、その会社から直接内定をもらえる場合もあります。

お金がもらえ、就職に向けての勉強ができ、さらに就職先まで決まってしまうとは、なんともおいしい制度じゃないでしょうか!?

 

企業はなぜ有給インターンを実施するの?

このように、参加者に多くの利点がある有給インターン。

しかし、給料を払ってまで、参加者を募る会社側には、どのような目的があるのでしょうか?

実は、企業側にも実施のメリットがあります。

 

それは、有能な人材を学生の時から育て、即戦力として採用できるということ。

 

企業側にとっては、採用には不安があります。

なぜなら、書類選考や面接だけでは、どうしてもその人の人間性や仕事でどこまで活躍できるのかが計り切れないところがあるからです。

ましてや、新卒採用となると、社会経験の乏しい若者を1から育て上げなければならず、また近年は若者の離職率の増加の問題もつきまといます。

一方で、有給インターンを通じれば、その若者について、採用後の姿が立体的にイメージでき、また会社側と当人とのミスマッチも解消でき、故に離職率の低下も期待できます。

以上の効果を期待し、新卒入社に繋げることを目的に有給インターンを行っている企業もあります。

 

このように、参加者側だけでなく、企業側にもその意味がある。有給インターンは、互いのメリットがとても高い制度なのです。

まとめ

 あなたの希望の業種の会社で、実務的な経験が積め、給料までもらえる有給インターンシップ。

参加する側はもちろん、企業側にも実施のメリットがあり、互いのマッチングにも一役買っています。

あなたも、自身の希望の職種や会社で有給インターンシップ生を募集していたら、ぜひ応募してみてはいかがでしょう?

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る