目次

履歴書に訂正印は基本的にNG!

履歴書を書いて間違えてしまった場合は、訂正印を使用しても良いのです。基本的にはNGです。履歴書に訂正印は使用していません。

履歴書は、志望している企業に自分の経歴や資格、志望動機などを知ってたって正式なビジネス書です。基本的にはミスが許されず、一箇所でも書いて間違えてしまった場合は、新しい紙に書き直す必要があります。

履歴書は応募企業ごとに書いて提出する必要があるところで、たった一箇所で修正しても良いのですが思う気持ちは理解できます。しかし、企業にとはあなたとの出会いは一度きりなです。採用試験では修正した跡のない、きれいな履歴書を提出するのがビジネスマナーです。

書き直すのは大変ですが、履歴書を書き間違えた場合、訂正印の使用は基本的にNGであることを覚えておきましょう。

履歴書に訂正印がNGな理由

では、なぜ履歴書に訂正印を使用してはいけないのでしょうか。履歴書に訂正印がNGな理由は2つあります。

ビジネスにおいては当然のマナー 

履歴書は自分の経歴を知ってもらう重要なビジネス書類。ビジネスにおいて重要書類にはできる限り訂正印を使わないのが当然のマナーとされているからです。

もちろん、場面や書類の内容によっては訂正印を使うことはあります。しかし、履歴書は応募企業に自分を知ってもらうための書類ですし、採用されれば退職するまでずっと企業で保管されます。

履歴書に訂正印を使用しないのは、ビジネスにおいて当然のマナーであることを理解しておきましょう。

悪い印象を与えてしまう

たった一箇所でも修正した跡がある履歴書を提出すると、企業に「常識のない人」「相手を大切に思わない人」「事務処理能力のない、雑な人」といった悪い印象を与え、最悪は不採用につながる可能性があります。  

もし、企業から送られてきた重要書類が修正だらけだったらどう思いますか。その企業に対してよい印象を持てないのではないでしょうか。修正した跡のある履歴書を提出すれば、企業は同じようによい印象を持たないでしょう。

企業は履歴書の内容だけでなく、わかりやすさや丁寧な字で書かれているかまでチェックしています。なぜなら、仕事では書類を取り扱う場面が多いので、履歴書を見れば、その人の書類の取り扱い方がある程度理解できるからです。

採用試験で応募企業に悪い印象を与えないためにも、履歴書に訂正印を使用するのは避けたほうがよいでしょう。

訂正印を使用するときの押し方

履歴書に訂正印を使用のは基本的にはNGです。しかし、時間がない、履歴書の替えがないなどで、どうしても訂正して提出しなくてはいけないこともあるでしょう。

ここでは、やむを得ず、訂正印を使用するときの押し方を紹介します。 

訂正箇所に二重線を引いて訂正印を押す

間違えた箇所を訂正する場合、まずは訂正箇所に二重線を引きます。そのあとに、その二重線に重ねるようにして訂正印を押しましょう。これが訂正印を使用するときの押し方です。

そして、訂正箇所に二重線を引いて訂正印を押したら、その上に正しい文字を書きなおします。これで、訂正印を使用した履歴書の訂正は完了です。

訂正印を押す理由は、改ざんを防ぐためと、訂正印を押した本人が訂正したことを証明するためです。仕事で書類を訂正する必要があるときにも、この方法で訂正します。

履歴書をどうしても訂正しなければならないときは、この訂正印を使用した方法で訂正をします。基本的にはNGですが、実際に仕事を始めたときにも役立ちますので、覚えておくとよいでしょう。

もっとNGな履歴書修正方法

履歴書は基本的には訂正してはいけませんが、やむを得ない場合は訂正印を使用します。訂正印以外で訂正するのは避けたほうがよいでしょう。

修正液や修正テープは手軽に使えて便利ですが、履歴書では絶対に使ってはいけません。なぜなら、修正液や修正テープの使用は改ざんにつながるからです。ビジネスの重要書類で修正液の使用を認めてしまうと、誰でもかんたんに改ざんできてしまうので、書類の内容が本当に正しいのかを証明できなくなってしまいます。

履歴書でも同じことが言えます。もし、一箇所でも修正液を使用した履歴書を提出すれば、提出したあとに追加で修正液を使用されても、誰か修正したのかわかりません。ビジネス文書としての信用を失うことになるのです。

修正液や修正テープを使用したほうがかんたんに訂正できますが、同時に信用も失います。悪い印象を与えるだけでなく、改ざんされるリスクをなくすためにも、修正液や修正テープの使用は絶対に避けましょう。

消せるボールペンの使用はOK?

修正液や修正テープの使用がNGであることはわかりました。では、書き間違えても大丈夫な消せるボールペンの使用はどうなのでしょうか。履歴書を書くときには、消せるボールペンも使用しないほうがよいでしょう。

履歴書は応募先企業がコピーをすることが多いのですが、消せるボールペンを使用した書類をコピーすると、インクが消えてしまって何を書いているかわからなくなってしまうのです。応募企業のことを考えると、使用しないほうがよいでしょう。

また、修正液や修正テープと同じように、かんたんに改ざんできてしまうことも、避けたほうがよい理由のひとつです。提出したあとに、だれでもかんたんに書き直すことができます。自分の身を守るためにも、履歴書のような重要度の高いビジネス書類では使わないほうが無難です。

履歴書を書くときは、消せない黒ボールペンを使用し、どうしても訂正しなくてはいけないときは、必ず訂正印を使用するようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る