目次

エントリーシートとは?

弁護士は、企業への選考の過程で記入することが求められる書類です。このエントリーは、多くの企業が新卒採用に導入し、記入しないで面接などのステップに進んでいることは出来ます。

また、このエントリーは企業ごとに質問欄や表題などが異なっています。企業に就活生に聴きたいことを選んで、エントリーを独自に作りました。さて、現在では紙媒体のエントリーだけでなければ、パソコンを利用してエントリーシートの記入を求められる場合もあります。

企業が採用活動にエントリーシートを用いる目的は、応募してきた学生が企業として期待している志望度を満たしているかどうかを見るためです。新卒採用では、たくさんの応募があることが想定されます。

そのため、応募してくる学生の全てと面接を行うことが出来るとは限りません。そのため、面接などの前に、エントリーシートを課すことで、自社にどれだけ興味を持っているかの本気度を見ています。

このような企業に対する本気度は、学力テストでは測ることが出来ません。文章として記入してもらうからこそ、応募者の考えが読み取れるのです。

履歴書との違い

面接前に記入する書類として、イメージしやすいのが履歴書ではないでしょうか。この履歴書とエントリーシートは、混同しがちです。しかし、企業から見た役割は大きく異なります。

履歴書が果たしている役割は、実際に提出した人が本当に応募してきたことを証明するための書類です。そのため、名前や住所、電話番号や学歴など、個人情報などを記入する必要があります。反対に、志望動機や自己PR欄などは用意されていても、記入欄が少ないことが多いです。

履歴書は、選考に応募したことを証明するために利用されています。反対に、エントリーシートは、選考を行う上での材料になります。先ほども書いたようにエントリーシートは、企業が独自に用意するものです。そのため、記入しなければいけないこと全てが面接での質問に直結していると言えます。

就活生とすれば、どちらも企業から提出を求められる書類程度の認識しかないかもしれません。しかし、企業側の立場になって考えてみると、用途が違うことが分かります。用途が違う以上、どちらも必要に応じて利用されることを忘れてはいけません。そのため、履歴書とエントリーシートはどちらも丁寧に記入しましょう。

エントリーシートで問われること

志望動機

志望動機はまず間違いなく、エントリーシート内で聴かれる質問です。この質問を行うことによって、将来どのようなことを達成したいと考えているのかを知りたいと考えているためです。現段階で、仕事を通して成し遂げたい事をイメージ出来ている学生は、入社後も、目標を持って仕事に取り組める可能性が高いと判断されます。

また、志望動機を聴く質問で知りたいことはそれだけではありません。この質問の狙いは、自社についてどれだけ調べることが出来ているかを知る目的もあります。

なぜなら、志望動機では将来的に達成したいことを書く必要があるためです。そして、その達成したい事がどうして自社に入社することで達成できるかを書くことで説得力を持たせる必要があるためです。

入社後にどのような仕事に携わり、何を成し遂げることで、将来の自分を形成するのかを志望動機に書く必要があります。そして、それらを書くためには、企業に関する理解が必要不可欠になります。

 

自己PR

自己PRもほとんどの企業のエントリーシートで聴かれます。志望動機は、将来の自分が達成したいことという未来のイメージを表現する必要があります。

それとは、別に今の段階がどのような姿であるのかも、企業側は聴きたいと考えています。その今の姿を知るために、この自己PRの質問を企業側は利用しています。

さらに、自分を売り込むことは、仕事を行う上で大切な能力の一部です。見ず知らずの人に対して、自分の人となりをどのように表現するのかを、企業の担当者は見ています。

 

学生時代頑張ったこと

学生時代頑張ったことを聴くことで、どのようなことに興味関心を持っているのかを判断する狙いを持っています。人それぞれによって、学生時代に経験していることは全く違うはずです。その中で、どのようなことに動機を持ち、努力してきたのかは、社会に出た後にも影響される可能性が高いです。

また、どのようなことを頑張ったにせよ、何かに熱中できることを評価している企業もあります。一つのことに打ち込み、目標を達成できる人間は、就職した後も同様に努力をする可能性が高いと考えられます。

 

長所・短所

長所と短所を質問することで、自己分析能力を判断することが出来ているか知りたいと考えています。自己分析能力を言い換えると客観視を出来る能力とも言えます。仕事では、一人で行う仕事はほとんどありません。どのような仕事を行うにしても、誰かと一緒に作業することになります。

誰かと共同で仕事を行う時に、自分の立場を踏まえて役割を果たすことが出来る能力は重要です。そのような役割を果たすためには、普段からの自己分析能力が必要不可欠です。

そして、このような能力を判別するために、長所と短所という形で質問をしています。

エントリーシートの採用影響度は?

エントリーシートは、直接的に採用か不採用かを判断する上で影響が大きいとは言えません。やはり、大きな影響を持つのは、面接などの直接的な選考が大きな影響力を持っていると言えます。

しかし、エントリーシートがないことには、選考を進めることは難しいのも事実です。そもそも面接に参加する前に、エントリーシートだけの選考段階がある企業もたくさん存在します。

また、面接でもエントリーシートに記入されていることを基に面接が進む場合が多いです。面接の担当者は、面接前にエントリーシートに必ず目を通しています。これからいえるのは、面接で会う前から、評価は始まっていると言えます。

エントリーシートは、確かに採用か不採用かを判断するための影響力は小さいです。しかし、そもそもエントリーシートがなければ、その判断を行ってもらうための土俵に上がることすらできないです。

エントリーシートを書く時のポイント

結論は最初に書く

エントリーシートに関わらず、就職活動では論理的な思考を求められることがあります。エントリーシートでもこの論理性を意識して書くようにしましょう。この論理性を意識するためのコツは、結論を最初に書くことです。結論が最初に書いてある文章は、その文章を基にして、読み手に何を伝えたいのかが一目瞭然になります。結論が分かっている状態で読むことで、文章の内容も頭に入りやすく、理解もしやすくなります。

これを意識することで、論理的な文章も書きやすくなるはずです。

 

エピソードは具体的に

エントリーシートを書く中で、具体例を用いて書く必要がある項目が存在します。具体例を用いる場合は、より具体的なイメージをしやすいように意識することが求められます。文章だけで、読み手が情景を理解するのは思いのほか難しいです。そのため、中途半端な内容では、何を表現したい文章なのか理解しづらくなってしまう可能性が高いです。

エントリーシートにエピソードを盛り込む時には、相手がイメージしやすいような具体性を持たせることを意識しましょう。

 

求める人材に合わせて書く

企業は、求める人材を設定している可能性が高いです。求める人材などの情報は、インターネットで公開されている可能性が高いです。また、説明会に参加すれば必ず触れる内容でもあります。

企業が提示している情報を意識した上で、エントリーシートを書くことで、評価されやすい内容に近づけることが出来ます。特に求める人材は、評価に大きく左右されることなので、意識して内容に盛り込みましょう。万が一、内容に盛り込めないようであれば、その企業へのエントリーを再検討した方がいいかもしれません。

まとめ

 エントリーシートは、普通に就職活動を行えば必ず書くことになる書類です。必須の書類であるので、どのような内容のものであるのかは理解しておく必要があります。

 

また、履歴書との違いやエントリーシートを提出させる企業の意図を知らない就活生は大勢います。だからこそ、エントリーシートに関する理解を深めておくことで、有利に就職活動を進めることも出来るはずです。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る