目次

インターンに行くときのおすすめの髪型〈男性編〉

インナーに行く時は、一社会人を意識する髪型にする必要があります。大学生であるからと、明るい色に染めていてパーマをかけるていると印象はあまり良くありません。男性が就活の時に付える印象は、「清潔感」と「爽やかさ」です。大学生は髪型もおしゃれしたい年頃と思います。しかしこれはインターンに参加する時は一度切り捨てて、髪型を整えておいしいでしょう。ここでは、オススメの髪型「男性編」を紹介していきます。

黒髪が基本

まど髪色に関しては、「黒髪」が基本です。また今茶色系の髪型やそれ以上に明るい髪色の方は、黒に染めます。地毛が茶色い方も黒染めしていきましょう。地毛かどうかは企業のインタン担当者にはわからないので、黒くしておいこが重要です。

前髪はあげおでこを出す

前髪はあげて、おでこを出して眉に髪の毛がかからないくらいが望ましいです。しっかり額を見せることで、清潔感のある好印象がある人物だと第一印象で判断できます。前髪が目にかかっていたりあまりに長いと、暗い印象を受けたりするので、前髪はあげておでこを出すように心がけましょう。インターンや就活の際は、顔がしっかりと見える髪型を心がけていきましょう。

 サイドは耳にかからない長さで

サイドは耳にかからないように、耳がしっかり出ている髪型にしていきます。耳にかかっていると長髪のイメージであったり、おしゃれをしている印象を受けるので、しっかり耳を出してさっぱりした髪型をしていきましょう。サイドの耳が出ていれば短髪の印象を与えることができて、爽やかさや清潔感を出すことができます。耳を出すだけで髪型の印象はガラッと変わります。

襟足はシャツにかからない長さ

襟足も同じようにシャツにかからないようにしっかり揃えておきます。襟足が長いと若く見えたり、ビジネス向けではないような印象を与えてしまいます。正面からみて襟足が見えない髪型が理想です。襟足もサイドと同じように伸びていると長髪の印象を与えやすい部分の一つです。シャツにかからないだけですっきりとしているイメージになるので意識しておくといいでしょう。

パーマは避けた方が無難

パーマは避けておきましょう。パーマは長髪に見えたり、どうしてもおしゃれをしている印象を与えます。インターンの際は、短髪で顔がしっかり見える清潔感のある髪型にしましょう。男性のパーマは基本的にインターンではNGだと思っておいた方がいいです。男性がパーマをかけることで、ビジネス感よりもおしゃれ感が先行してしまい、採用担当者からはいい印象は与えられないでしょう。パーマは就活の間はお預けにして置くことをオススメします。

 

このように、男性の髪型で気をつけるべきことは「清潔感を保つこと」に尽きます。お洒落を意識する年代かと思いますが、インターンの時は我慢して、顔がはっきりと見えるように、ナチュラルなスタイルで望むことをオススメします。男性は昔から、「黒髪で短髪」というイメージが根付いており、ベテランの採用担当者ほど、その目線はずっと大切に持っています。今時とかそういう要素は取っ払って間違いのない髪型でインターンに挑む方がいいでしょう。角刈りやスポーツ刈りにする必要はありませんが、顔がはっきり見えて誰もが「清潔感」を感じれる髪型にするといいです。

インターンに行くときのおすすめの髪型〈女性編〉

インターンに行く際に、女性にも注意すべき髪型がいくつかあります。女性は男性以上に見た目の清潔感や、身だしなみのチェックは大きく入るでしょう。さらに、インターンや就活において、見た目の第一印象は重要な要素の一つです。「明るくて清潔感のある印象」ここを意識して準備することを忘れないようにしましょう。そこで、損しないために、それ以上に見た目で得できるように女性においてオススメの髪型を紹介していきます。

黒髪が基本

まず第一に、黒髪が基本であることを頭に入れておきましょう。日本人のスタンダードだと捉えられている黒髪を基準にしている企業が大半を占めており、インターンに行く際には、明るい髪色は黒染めして行く必要があります。就活において、明るい髪色や茶色系の髪色は採用担当者からマイナスの影響を与えることが多いです。インターンを就活だと捉えて、髪色を黒にできるように切り替えられるようにしましょう。元々、髪色が明るい方に関しても黒染めしておいた方がいいでしょう。黒髪が基本と捉えて、インターンの前にはしっかりと準備をしておきましょう。

前髪は流しておでこを出す

前髪は流して、おでこがはっきり見えるようにしましょう。前髪が目にかかっていたり、おでこが隠れていると清潔感のない、暗い印象を与えてしまいます。前髪が長い方は、ピンでしっかりと止めておでこを出すようにしましょう。また、就活において、女性の流行でもある「前髪ぱっつん」「眉上ぱっつん」は受け入れられず、採用担当への印象はよくないものとなります。さらに、「ぱっつん」にすることで幼い印象を与えてしまうのです。髪の毛を横に流す「斜め前髪」にしたり、「センター分け」のような髪型がいいでしょう。これらはしっかりとおでこを出せてて、就活対策ができている好印象の髪型の一つと認識されます。

ミディアム・ロングの場合は後ろで束ねて

就活・インターン時に、髪の毛の長い方は後ろで束ねるなどしておきましょう。ヘアゴムを使うといいです。また、そのヘアゴムの色も黒や茶色などと暗めな髪色と同化する色の方がいいでしょう。長い髪を下ろしたまま、面接やインターンに参加することは間違いなく面接官にいい印象を与えません。 髪は後ろでしっかりと束ねて軽いタイプのワックスを前髪から後ろへつけてクシでとかしていき、ヘアピンを使っておけばしっかりとまとまったヘアスタイルとなります。

ハーフアップも可能

就活やインターンでオススメの髪型は、ハーフアップがいいでしょう。ハーフアップとは、おしとやかで女性らしく華やかな印象を与えることのできる髪型です。採用担当にも悪い印象を与えにくい髪型の一つです。優しい印象を出せる髪型ですので、女性らしさを大切にしている職場にはとても好印象になる髪型であると言えます。なぜ、ハーフアップが好印象を与えるのかというと、就活やインターンの時は、お辞儀をしたりなど仕草を加えるシーンが多くあります。その度に髪の毛が顔にかかったりすることを防ぐためにもハーフアップは好印象です。清潔感を与えられます。

 ボブ・ショートの場合はサイドの髪は耳にかけて

就活やインターンの際に、ボブ・ショートの髪型は果たしていいのかどうかと悩むことがあるかもしれません。ボブカットの良さとしては、その人の雰囲気を出しやすところにあります。「明るく」「柔らかい」印象を与えることができる髪型の一つです。また、就活の際は、スタンダードを大事にしているため、どうしてもみなさん同じ髪型になりがちです。その中で、一つ印象で目を引かせるやり方として、ボブ・ショートにしていけば、他の就活生よりも明るい印象を出して行くことができるかもしれません。しかも、ボブ・ショートであれば、サイドの髪は耳にかけているだけで他セットなどはしなくて良いので準備に手間がかからない髪型の一つとも言えます。しかし、ボブカットも見られる企業によってはNGと取られることも多いのです。「学生感がある」、「カジュアルすぎる」「スーツに合わない髪型」といった印象を与えてしまうことも多いので、万人受けする髪型ではないということを理解して置く必要があります。

これまで、女性のインターンでオススメの髪型を紹介していきましたが、まず第一に採用担当者がインターン生に求めていることは「清潔感」です。耳・眉・顔・輪郭をしっかりと見えるような髪型にしましょう。表情がしっかりと見えることが「清潔感」につながっていきます。さらに手で髪を触る瞬間をなくすことも大切です。見え方によっては「集中力がない」「気が散ってしまう」印象を与えてしまいます。そのためには、ワックスやクシなどを使って髪の毛をセットしておくといいでしょう。女性は見た目や身だしなみなど、立ち振る舞いに非常に気を使うと思います。相手に与える印象としてまずは髪型で損をせず、清潔感と明るさを出していきましょう。女性らしさでおしゃれという要素も必要かと思われがちですが、ナチュラルな姿を採用担当側は見たいので、顔のパーツがはっきりと見えるような髪型にセットしておきましょう。女性らしさを保つことが「清潔感と明るさの印象」につながっていくと思います。着飾らずにナチュラルな姿を見せられるように整えていきましょう。

 

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る