目次

私服でOKと言われるのはなぜ?

インターンシップで、「私服で来てください」と言われることがあります。この場合、あなたは「どんな私服で行けば良いのか、スーツではダメなのか」と思うことがあるかもしれません。結論として、「私服で来てください」と言われたら、私服で行った方が良いです。なぜなら、私服でOKの意図としては、普段のあなたを見てみたいという意味合いがあるからです。また、インターンシップ自体が、作業を伴ったり、体を動かすようなのものであれば、「動きやすい服」の意味合いで私服をOKとするインターンシップもあります。色々な場面が想定されますが、インターン生自身が選んだ服装で企業が評価することは間違いないので、それがあなたの印象となるので間違った服装で行くとそれだけで第一印象で損をしてしまいます。一体、正しい服装とはどのようなスタイルなのでしょうか。まずは、インターンに置いて男女共通の服装の基本を説明していきます。

 

「動きやすい」➕「清潔感」を意識しましょう

動きやすいデザインで、清潔感のあるイメージが基本になります。派手な模様な柄、奇抜な服装・露出度の高い服はそれだけで悪目立ちしてしまいます。落ち着いた色、デザインがビジネスの場ではふさわしいことを意識しておきましょう。高価なブランド物である必要はありません。むしろ高価なブランド物だと認識されてしまうと、ふさわしくないと判断する人事担当者もいます。使うかどうかは別にして、男女ともにアイロンのかかったハンカチと、街でもらったものではないティッシュを持っていきましょう。社会人としてハンカチやティッシュは常備してほしいのでその練習のつもりで持っておくと良いでしょう。シワクチャのものではなく、しっかりとアイロンのかかったものを持って行くようにしましょう。シワクチャのものが目に止まってしまうとせっかく持ってきているのにそれでイメージを下げてしまいます。あくまでもビジネスの場であることを意識して、カジュアルでもラフになりすぎず、「服に着られる」ことなく「服を着こなす」ように心がけておきましょう。

私服可の時の男性の服装

私服可と言われた時の男性の服装はどうすれば良いでしょうか。基本は、「ビジネスカジュアル」と呼ばれるスタイルで、カジュアル過ぎず、ラフすぎずといったスタイルを心がけましょう。柄入りのものや、奇抜な服装で目立とうとすると逆効果です。あくまでも「動きやすく、清潔感のある服装」を意識しておきましょう。男性の仕事のイメージはスーツです。そのため、スーツに近い格好をすることを心がけていれば服装選びもわかりやすくなるのではないでしょうか。

ジャケット・パンツが基本

パンツは、チノパンや布パンでも問題ありませんが、ジーンズやデニム、スウェットは避けておきましょう。シャツはなるべく白か淡い色で揃えておくと良いです。ポロシャツなどでも良いかもしれません。まず初日はきちんとシャツを着ていき様子をみて、ポロシャツなどの襟付きのシャツにしていくと良いのではないでしょうか。ただ、Tシャツやタンクトップやラフすぎるのでやめておきましょう。ジャケットは無難に茶色、黒や紺色にしておくと非常に印象が良くなります。ビジネスカジュアルのスタイルを心がけておきましょう。あまり堅くなりすぎずに一着ジャケットを持っていると今後も使い回せるのでオススメです。

清潔感を忘れずに

清潔感を出すために、カバンにジャケットの埃ブラシを入れておくと良いでしょう。ふとした時、移動中などに埃をそのまま持って着てしまうこともあります。自分で気づいてパッと拭き取れるようにブラシがあると綺麗な状態でインターンに参加することができます。また、しっかりとアイロンのかかったハンカチとティッシュは常にカバンかパンツのポケットにでも入れておきましょう。スマホの画面が汚れていると結構周りから見ても目立ったりするので、気づいたら拭き取れるようにしておきましょう。

 

靴は革靴が◎

インターンの場でも革靴でいくのが良いでしょう。黒か茶色でシンプルに、先の尖ったものではなくプレーンなタイプの革靴を選びましょう。もし仮に、革靴がないのであれば、スエードのシューズでも代用できます。スニーカーや、サンダルなどのカジュアルすぎるものはやめておきましょう。オフィスカジュアルにふさわしい格好ですので、革靴が一番ふさわしいスタイルです。

 

男性の服装において「清潔感」はとても重要です。ビジネスに近いスタイルで服装を選ぶと、人事担当者からも好印象を得られること間違いありません。これから社会人になっていく過程として、ビジネスカジュアルの服装をこの機会に揃えておくと後々役に立つ日が訪れます。着飾らずに、フレッシュさを出してビジネスカジュアルなスタイルをしっかりとおぼえておきましょう。

私服可の時の女性の服装

私服可と追われた時の女性の服装はどのようにすれば良いのでしょうか。男性よりも服装のバリエーションが豊富な女性。オフィスカジュアルと言っても悩ましいところです。インターンでは目立てるようにおしゃれをしたい方も多くいらっしゃるとは思いますが、ここはオフィスカジュアルをしっかり守る基本を押さえておきましょう。女性は服装のバリエーションがとても多く、何がインターンの場にふさわしいのか、これだと目立ちすぎたり、今日の日の気分など、様々な理由で服を選ぶでしょう。いろんなスタイルがある中で、インターンの場にふさわしいオフィスカジュアルについて紹介していきます。

 

ジャケット・スカートなどのオフィスカジュアルが基本

女性の場合も、ジャケットとスカートかパンツ、それか、ジャケットとカジュアルではないワンピース、もしくはアンサンブルとスカートやパンツが好まれます。ジャケットやアンサンブルのように上に羽織るものがあった方が、ビジネスライクな印象を与えられるので着用していきましょう。色合いはどれも落ち着いた色にしておきましょう。グレーや茶色などの中間色、紺、黒、オフホワイトと言った色合いに落ち着かせると良いでしょう。ブラウスやワンピースを着る場合は襟元が空いているデザインは避けておきましょう。柄付きのものやフリルのあるもの、ガーリーやフェミニンな印象を与える服装はふさわしくないのでやめておきましょう。インターンの私服において可愛らしさを印象として与えることは意味がありません。人事担当者はそこで好印象を受けないでしょう。スカートは膝丈くらいの長さで、広がりすぎているフレアースカートやロングスカートはやめておきましょう。またぴったりすぎるパンツもあまり印象は良くないです。働きやすさという基準で服装選びをすることがポイントです。

オフィスでも浮かない落ち着いた色合い

色合いはグレーや茶色系、紺・黒・オフホワイトといった具合にしておきましょう。あなたらしい色味を選ぶことも大切です。色はその人の印象を与えるので自分にあった、オフィスでも浮かないような色選びをしておきましょう。

ヒールのあるパンプスで

 シューズに関しては、服装の色合いにあった同系色のヒール付きパンプスが良いでしょう。ミュールやサンダル、ブーツはカジュアルな印象を与えてしまうのでやめておきましょう。ヒールも高すぎず、5センチくらいのパンプスを選びましょう。

 

女性のオフィスカジュアルは自分らしさを演出できる反面、裏目に出てしまうことも。ナチュラルな雰囲気を押さえて、清潔感と動きやすさを基本に服装を決めていきましょう。

 

こんな私服はNG!

インターンでの服装=普段着ではないことをまず覚えておきましょう。インターンの私服可で意識すべきなのは「ビジネスカジュアル」です。「動きやすさ」「清潔感」「周囲に不快にさせない格好」これを押さえておきましょう。また、普段着でいって自分らしさをアピールして、人事担当者に服装で目をつけられてしまっては勿体無いです。どういう服装がふさわしくないのかここで紹介していきます。

ラフすぎる

第一に、ラフすぎる格好はやめておきましょう。ラフすぎる服装の例だと、ジーンズやダメージジーンズ、ハーフパンツ、レギンズ、サンダル、Tシャツなど。IT企業などのエンジニアの中には、このような格好をしている社員は多くいます。しかし、インターンとしていく場合は、彼らの真似はせずにラフな格好をしてしまうと悪目立ちしてしまうのでやめておきましょう。

露出度が高い

特に女性が注意しておくべき内容です。露出度が多い格好は、インターンの場では悪目立ちしてしまう代表的な例です。ビジネスカジュアルでしっかりと清潔感を出すことを意識しておきましょう。インターンは服装で目立つ場所ではありません。自分らしさを出す場ではありますが、オフィスで働くことを意識してその場にふさわしい格好を心がけていきましょう。

ロングスカート

スカートは膝丈がマストです。ビジネスカジュアルでロングスカートで来ているいる人を見たことはないと思います。ロングスカートは普段おしゃれする際に使うといいでしょう。

 

インターンに私服でいくことが「個性を出して主張すること」にならないようにしましょう。金融業界や製造業界に関しては、服装自由と言われてもスーツでいく方がほとんどです。そのため、私服可となった場合でも一気に崩していくことはふさわしくないのです。たとえ、私服がおしゃれだったからといって、プラスポイントになることはまずないといっていいでしょう。さらに、ラフだったり、露出度が高い服装だとマイナスの印象を与えてしまいます。男女それぞれのビジネスカジュアルの基本を理解して、オフィスで働くことを意識して、服装選びをすることが大切です。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る