目次

面接の入室時のノックの方法

面接に行って、とにかく緊張すると思います。「何を質問されるのかな」「どんな面接官ののかな」「準備してきたことを話せるかな」などどんな直前で頭がいっぱいになると思います。しかし、ノックをして入室するとき、ルルを守らずノックをしてしまって、印象を悪くしてしまうことがあります。ノックのマナーを守ってしっかり入室できれば気持ちよく面接をスタートできるはずです。

ノックから入室するまでのマナー

入室とは、面接時に第一印象を伝える一番最初の肝心な場です。ここではとにかく緊張していると思いますが、堂々と元気よく立ち振る舞うことを心がけてください。面接会場の前で椅子に座って待っていて、名前を呼ばれたら、元気よく返事をしていきます。そしてドアをノックして「どうぞ」と応答があれば、「失礼します」と元気よく言いましょう。もし、応答がない場合は「失礼します」と先にこちらから伝えて入室をします。元気よくハキハキとしていれば、ノックから入室の間で評価を下げることはないでしょう。逆に言えば、このマナーを守ることが印象をよくするポイントにもなるのでしっかり押さえておきましょう。

ノックの回数で意味が違うの?

面接のノックの回数には、正式に決められた回数があるのはご存知でしょうか。実は、国際基準とも呼ばれている「プロトコールマナー」というものがあり、正式にノックの回数が決められているのです。それぞれノックの回数の意味を説明していきます。

2回の場合

トイレの在室確認での回数です。これを面接の入室時はやらない方がいいです。「ここはトイレではありません。」と面接官は言わないにしろ思っているケースがあるからです。

3回の場合

家族や恋人、友人などの親しい相手へのノックをするときに使います。実は、面接時は、3回がベストだと日本では言われているのです。

4回の場合

礼儀が必要なオフィシャルな場所や、初めて訪問する場所。面接では4回がいいのでは?と思うかもしれませんが、ビジネスの場では3回がいいと推奨されています。

3回がベストなノック回数

面接の場合は3回がベストだと言われています。欧米でも4回ではなく、3回に省略をされていることがほとんどです。常識やマナーの概念では、4回が推奨されているのですが、ビジネスの場では、3回がスタンダードだと認識をされています。その3回のノックの意味は、1•2回は空室確認、3回目は入室確認を意味しています。面接官の判断基準においても3回を正式な基準、回数と判断していることが多いそうです。人事部から、直接3回ノックをしたことを褒められるものもいるようなので、評価基準の一つとして見ている面接官も多いのではないでしょうか。 

2回は×、4回はセーフ

就活本の中には、4回を推奨しているものもあります。なぜなら、プロトコールマナーを活かしている面接官もいるからです。もし4回ノックする場合は、2回と2回に間隔をあけてノックするといいでしょう。そうすることで耳障りがよく、日本人らしい丁寧な印象を与えることができるのです。逆にやってはいけないのは2回です。2回は日常生活で使うノックの回数であるため、これをしてしまうと礼儀作法が全くできていない印象を与えてしまい、減点対象とする企業すらあります。絶対にやらないように気をつけましょう。ここから、間違いのないノックの回数とは3回だということがわかります。ノックをして「どうぞ、お入りください」と声がしたら、気持ちよく「失礼します」と伝えて入室をしていきましょう。

 

入室の流れもチェック!

ここでは実際に、ノックをしてから入室し、最終的に着席をするまでの流れを押さえておきましょう。一つ一つマナーがあるので自然にできる状態を目指しましょう。ここで、面接での第一印象ができてしまうと言っても過言ではありません。スタートでマイナスを食らわないように押さえておきましょう。

ノック

ノックはゆっくり3回。2回は空室確認で、1回は入室確認になります。「コン コン コン」と同じペースでノックをします。「どうぞ、お入りください」と言われたら、「失礼します」と言って入室をします。ノックで心がけることは、同じペースで力まずにやることです。リラックスして行いましょう。

入室

入室したら、扉の方を振り返り静かに扉を閉めます。後ろ手に扉を閉めるのはNGです。閉め終わったら速やかに振り向き、面接官の方を向き、「失礼します」と言って席の方に向かいます。

挨拶

「〇〇大学の××と申します。本日はよろしくお願いします」と言います。

お辞儀

挨拶が終わった後に、一礼をします。

椅子の前に移動

椅子の左側か、後ろに立ちましょう。

名乗る

「〇〇大学の〇〇と申します。本日は面接の貴重なお時間をいただきましてありがとうございます」と名前だけではなく、感謝の意を一言添えて伝えましょう。

着席

着席するのは、面接官に「お掛けください」と言われた後にしましょう。勝手に座ってしまうと、マナーをわかっていない就活生のイメージがつき減点の対象になります。

このように、ノックをしてから、着席するまでにも様々意識するポイントがあるのです。一つ一つまずは丁寧にしていきましょう。難しいことは一つもなく、知っていればできるマナーです。しかし、ここをおろそかにする就活生は多くいるため、しっかり押さえておけば面接のスタートで損をすることはなくなるでしょう。最初は、一つ一つの行動がぎこちなくなってしまったり緊張して声が裏返ったりと、色々なエピソードができるかもしれません。それでも面接官は緊張することは当たり前で、しっかりやろうとしている姿勢を見ているので、自分らしく入室のマナーを守って面接の良いスタートを切れるように準備していきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る