目次

企業はなぜ特技を知りたがるのか

企業が応募者の特技を知りたがる理由には、応募者の強みを見ることや面白みを見ること、性格を見ることなどがあげられます。応募者が得意としていることや人となりを知ることで、仕事に有用なスキルや経験があるか、どのような環境で仕事をするのが適しているか、といった部分を判断しています。

 

就活生の方の中には特技を話題の1つ程度に捉える方もいますが、履歴書における特技の欄は、しっかりとした審査項目の1つです。採用担当者に良い印象を与えるためには、どのような特技を記入するかに気を配らなければならず、決して好き勝手に書いて良い項目ではありません。

履歴書の特技欄の書き方

履歴書の特技欄を書くときは、できるだけ簡潔に書くことを心がけてください。始めにどのような特技であるかを一言で書き、その後に特技の説明を書くようにすると良いです。特技を簡潔に伝えることで、内容を把握してもらいやすくなり、アピールポイントを正確に伝えられます。

 

特技を書くときの手順としては、応募しようとしている企業にとって有用と思える特技を、可能な限り書き出します。次に、書き出した特技と自分が持っている特技を照らし合わせ、アピールできる特技を選んでください。

 

最後に、選びだした特技を採用担当者から見た場合のことを考えて記入しましょう。特技を書く時のポイントは、企業側から見た場合の印象を意識することです。応募する企業によっては、2番目に得意な特技をアピールする方が良い場合もありますので、特技を書く際は、その点も考慮して記入するようにしてください。

履歴書の特技欄を書く時のポイント

 面接で聞かれても答えられるような特技を書く

履歴書の特技欄を書くときは、なるべく熟知している特技を書くようにしましょう。面接では履歴書に記入した特技について、深く掘り下げる質問をされる可能性があります。その際に、特技の内容をしっかりと答えられないと「面接用に準備した特技かもしれない」と、受け取られてしまうことが考えられます。

 

付け焼刃の特技であると捉えられると、あまり良い印象は与えられません。本当に得意としている特技であっても、質問に対する回答が拙いものであれば付け焼刃の特技と思われてしまいますので、履歴書に記入する特技については、その内容を詳しく説明できるようにしておいてください。

 

付け加えれば、付け焼刃の特技であったとしても、質問にしっかりと答えられれば良い印象を与えることが可能です。選びだした特技に関する知識が心もとないと感じる場合は、その内容や魅力などをよく調べてから履歴書に記入しましょう。



 空欄・「なし」はNG

履歴書の特技欄を空欄にしたり「なし」などと記入したりするのはやめておきましょう。特技が何もないというのは、良い印象を与えられないだけでなく、就職への意欲がないものと捉えられてしまいます。働こうという気持ちが弱いなどと思われてしまわないよう、特技欄には何かしらの特技を書くようにしてください。

面接で特技を答えるときのポイント

 面接官に興味を持ってもらえるような特技だと◎

面接官に興味を持ってもらえる特技としてあげられるのは、応募する企業の仕事内容に関連した特技です。「仕事に活かせそうな特技だ」と興味を持ってもらうことで、特技に関する質問を引き出せます。興味を持ってもらえる分、より多くの質問をしてもらえるため、特技を通して自己アピールすることへと繋げられます。

 

また、面接官に興味を持ってもらえる特技としては、特技として紹介する人が少ないであろうマイナーな特技もあげられます。どのような特技なのかが分からなければ必然的に多くの質問を引き出せるので、仕事に関連した特技と同様、特技の説明において自己アピールの機会を得ることが可能です。

 

 実績があれば伝える

面接で特技に関する質問に答える場合には、大会での入賞や資格の取得など、特技の実績も答えるようにしてください。特技の実績は努力したことの証明としてアピールできるポイントですので、些細な実績であっても面接官に伝えるのがおすすめです。

 

もしもアピールできる実績がない場合は、大会へ出場した経験や資格を取得しようとした経験など、何かしらの実績獲得ヘ挑戦したことを伝えるようにしましょう。挑戦した経験というのは、実績がある場合ほどではないにしろ、向上心があることをアピールできるポイントです。

 

何にも挑戦していない特技よりも、向上心をもって取り組んでいる特技の方が良い印象を与えられるため、大会への出場経験や資格の受験経験などはしっかりと伝えるようにしてください。

 

 求めている人材に合いそうな特技を選ぶ

上記でも触れていますが、アピールする特技には、応募する企業の仕事内容に合わせた特技を選ぶのが良いです。仕事内容に合わせた特技をアピールすることで、面接官が採用後の仕事ぶりをイメージしやすくなります。

 

面接では、面接官にどれだけ良い印象を与えられるかが採用の合否を決めるカギとなるため、アピールする特技には応募する企業が求めている人材に合う特技を選ぶようにしましょう。加えて、一見アピールできなさそうな特技でも、強調するポイントを仕事内容に合わせることで十分にアピールできますので、仕事内容に合う特技がない方は、その部分を意識してアピールするようにしてください。

就活でよく使われる特技

就活でよく使われる特技は「スポーツ」「音楽」「パソコン」「ダイエット」「料理」などがあげられます。これらの特技は自分の強みをアピールしやすく、面接官に伝わりやすいのが特徴です。ただし、よく使われる特技であることから、ほかの応募者と被りやすいという特徴もあります。

 

特技自体が被る分には問題ありませんが、アピールポイントが被ってしまうことは避けるべきです。アピールポイントが被ってしまうと、与えられる印象は薄くなってしまうため、アピールポイントを考えるときは、オリジナリティを意識するのが良いです。

 

特技がない人はどうすればいい?

アピールできる特技がどうしても思い浮かばない場合は、特技欄がない履歴書を使用しましょう。特技欄がない履歴書であれば無理に特技を書く必要はなく、特技に関する受け答えでボロが出てしまうことも防げます。

 

しかし、面接で特技について質問される可能性は残りますので、アピールには繋げられなくとも、何かしらの特技を答えられる準備はしておいてください。

避けたほうがよい特技

履歴書に書く特技では、ギャンブルや犯罪を想起させるもの、アニメや漫画などの娯楽に関する特技は避けておいた方が良いです。応募する企業に関連している場合は別ですが、基本的には書かないことをおすすめします。

 

これらの特技は、どうしてもマイナスの印象を与えてしまう可能性が高く、履歴書に記入する特技として適しません。余計なマイナス印象を与えてしまわないためにも、履歴書への記入は避けておきましょう。

特技に関する例文・答え方例

 【履歴書】スポーツが特技の場合

私は○○が好きで、小学校から大学まで○○を行っていました。高校生のころには○○大会で入賞、大学生になってからは一般の大会へ出場したり○○のコミュニティへ参加したりしています。現在でも○○は続けているため、体力には自信があります。



 【面接】早起きが特技の場合

私は、朝5時に起きることを3年間継続して行っています。朝に勉強や運動をすることで快適な1日をスタートさせられるだけでなく、大学での成績も向上されました。自分にぴったりのライフスタイルだと感じているので、今後も続けていこうと考えています。

 

まとめ

履歴書に記入する特技は、応募する企業に対して自分をアピールできるポイントです。応募する企業がどのような人材を求めているかを意識することで、良い印象を与える特技を選べます。選んだ特技について、面接で答えられるようにしておくことも忘れないようにしてください。

 

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る