目次

就活したくないと思ってしまう原因とは?

就活をしたくないと思うときとはどんなものなのか。ただ漠然と「やりたくないからやらない」という人がいますが、やりたくない理由に気づいていないだけです。ここでは就活したくなんと思ってしまった原因を見てきましょう。

とにかく不安  

就活したくないという人に共通していることは就活そのものに強い不安を抱いているということです。不安には様々な種類があります。人と会って話すことが苦手でこれまで避けてきたという人や緊張してうまくいかないのではないかと考えている人は就活をしたくないという気持ちになりやすい傾向があります。特にこれまで面倒なことや苦手なことから逃げ回ってきたという人は就活も逃げてしまおうと考えます。このような人のほとんどはこころの中にある不安から目をそらし続けている可能性があるため、就活を始める前に何が不安なのかを考えてみる必要があります。

働きたくない  

「働きたくない」という気持ちも就活したくないと思ってしまう理由のひとつです。誰にでも、楽に生きたい、働かないで遊んで暮らしたいという気持ちはあります。それが就活したくないという気持ちに結び付いてしまうのも仕方のないことです。しかし働かなくては自由に生きていけないというのが現実です。働かないでも生きていけるという人は就活しなくても良いでしょう。しかしそんな人は一握りもいないということも胸に刻みましょう。

落ちるのが嫌

選考に落ちるのが嫌という気持ちも就活したくなくなる原因となります。プライドが高い人や失敗を認められない人に多い傾向です。就活は失敗の連続です。挫折経験を味わうための通過儀礼といっても良いでしょう。就活生の多くは就活を人生の試練と捉えていますが、そこでの挫折に耐えられないと思ってしまう人は就活をしようにも一歩を踏み出すことがなかなかできません。「就活なんて嫌だなあ」「このままやらないでおきたいなあ」という気持ちは選考に落ちることへの恐れの裏返しです。

新卒で就職をしたほうがいい3つの理由

就活なんてしたくないという人の中には新卒で働かなくても良いのではないかと考えている人もいます。たしかに新卒として就職しなくても生きていくことはできますが、新卒で就職するメリットはたくさんあります。ここでは大きく3つに分けて新卒で就職をしたほうがいい理由をご紹介します。

新卒は「正規社員」として働く最短ルート

海外では派遣社員や契約社員として下積みを重ね、スキルを身に着けてから企業に入るという実力主義的な働き方が求められますが、日本では学校卒業と同時に新卒として正社員になることができます。知識や能力がゼロの状態からでも正規で働くことができるのは新卒だけといっても過言ではありません。最近ではフリーで働いてから企業に入るという生き方もできるようになってきていますが、それでも新卒が正社員の最短ルートであることには変わりありません。

新卒で働くと生活が安定する

当たり前のことですが、新卒で働くと経済能力が身につくため生活が安定します。企業に入るということはある程度の生活は保障されるということでもあります。保険やボーナスといったものは就職をし、正社員として働くことで得られるものです。今はそれほど必要性を感じないという人もいるでしょう。しかし病気になったときなど万が一のことが起きた場合を想像してみると、生活が保障されているのといないのでは安心感が違うということが分かります。

何はともあれ気分が安定する

就活したくなくてこのページを開いているという人はこころのどこかで「就活しなきゃ…」と思っているはず。就活しなきゃと思いながらも、なかなかやる気が起きずに焦っているのではないでしょうか。あるいは就活の話をしているのを聞いて逃げたいと思ってしまう自分が嫌と感じているのではないでしょうか。就活をする一番のメリットは気分の安定です。うまくいかないこともたくさんありますが、続けていけば必ずゴールが来ます。就職してから振り返ってみると苦しかったことも思い出になります。就活に葛藤を感じている人は就活をすることで心に余裕を持たせることができます。

就活しない場合の選択肢

最後に就活をしない場合の選択肢を見ていきましょう。

ニート  

学校に通うわけでもなく、仕事をするわけでもなく、ただ遊んで暮らしている人のことをニートと呼びます。家族と同居している場合や支援が受けられる場合はニートとして生きていくこともできますが、大半の人は家族から白い目で見られ、孤独になっていきます。働かないので収入はありません。家族や周囲の助けがあったとしても、時が経つにつれて親などお金をくれる人は減っていきます。長い人生を独りで過ごし、特にすることもやりがいもないまま年を取ることになります。

フリーター

就活しなくても生きていけるのではないかと思う人の多くは学生時代アルバイトをしていたという人です。アルバイトや派遣社員など非正規社員として働く人のことをフリーターといいます。たしかにフリーターでもやっていけないことはないですし、実際フリーターをして生計を立てている人も多くいます。しかしフリーターは責任や義務から自由である分、収入や福利厚生などが保障されません。いつ仕事がなくなってもおかしくはない状態で生きていかなければならないという点で不安定な人生といえるでしょう。それでも新卒として働きたくない、今のバイト先にいたいという人にとってはフリーターも選択肢の一つです。ただし、フリーターがいつでもなれるのに対して新卒になれるチャンスは一度きりです。

起業 

「就活なんてせずに、いっそ起業しよう」と考えている人も中にはいるでしょう。昔に比べて起業はしやすいものになり、若手起業家が話題にのぼることも少なくない世の中になりました。しかし「誰でも起業できる」という状態は激しい競争率に比例します。ビジネスに自信がある人、これまでの人生で何かしらのスキルを身につけたという人には起業という手もありますが、特に何も考えていないようなら起業しても借金などのリスクを背負うだけですから諦めましょう。

まとめ

今回は就活したくないと思ってしまう原因と孫卒で働くメリットをご紹介しました。人生は自分で決めるものですから、絶対に新卒でなくてはならないという理由はありません。しかし就活しようか悩んでいて一歩を踏み出せずにいるのなら、どうしたら就活できるか考え、前向きに準備をしていきましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る