目次

就活にメガネはOKなの?

就職活動ってメガネを掛けて本当に大丈夫なの?と疑問に持っている方が多いですよ。結論から言います.OKです。確かに一昔前は、「履歴書写真にメガネを掛けるのは良くないです、面接で履歴書写真と見た目が違うものも良くないため、メガネは就活で書けない方が良い。」と情報がありました。しかし、目が悪いのは体質の問題ですので、メガネをかけているかどうかで合否は決まらないというのが結論です。後述致しますが、あまりに派手なメガネはタブルのの事実です。業界にもよりますが、明かにファッション性の高い眼鏡は印象が良くないですよ。印象の良いメガネを選ぶのも就職活動の一環であると心掛けておきましょう。

コンタクトとどちらが良いのか

コンタクトとメガネはどっちが印象良く映りますか?とある質問を良く受けます。現在、どっちが良いとは言えない状況ですので、メガネとコンタクトのメリット・デメリットを見ていきましょう。 

メガネのメリット・デメリット 

メガネの良いところは、印象がガラリと変わってしまったとこです。普段、暗い表情の人が明るく見えたら、少しでも賢そうに見えるものはメガネの大きな利益点です。また、メガネを掛けることでインテリジェンス感を和とうことができるなら、メガネの方にメットがあるといえます。友人や家族に「賢そうに見える」と言われている人はメガネの方が良いかもしれません。しかし逆を言えば、似合っていないメガネやファッション性の高いメガネは逆効果になるようなことも念頭に置いておかればなません。さて、履歴書やESと別人に見ていましては全く意味がありません。別人に思っているだけで一気に印象に残っていますので、履筆写真との整合性に注意しましょう。

コンタクトの良いところは、普段から付いている人にとは、なにも気にして良いとことです。ドライアイの方やコンタクトの種類が合っていない人は、瞬きの回数が増えます、面接途中にコンタクトが外れてしまったしてしまっただけで注意してください。一度コンセントと決まったら、二次面接や三次面からメガネに変わることはできません。就活の時期にコンタクトを切らないように気をつけましょう。

カラーコンバットについて

カラーコンバットについては就活の際は絶対にやめましょう。基本的に面接官は目を見て、年齢も就活生より高いです。例え、カラーコンタクトに理解のある方でも、良い印象は与えない昨今流行ってるディファインに関するものも同じことが言えることで確かに見た目は良くなるかもしれません。しかし、人事が見ているのは見た目ではありません。カラコン、ディファイン共に印象があります悪いと思うことが多いですので、通常のコンタクトを購入しておきます。お勧めします。

就活でかけるメガネの選び方

それじゃ、就職活動で書けるメガネってどんなのがいいの?と疑問に思う方もいるしょう。就職活動では良いメガネと悪いメガネがある事はです。ハート形のメガネやサングラスがダメといいのは当然として、就職活動で許容されるメガネについて確認していきましょう。

フレームの形

近年、様々なメーカーがメガネ分野に参入し、それに伴って様々なフレームが存在してきました。例えば、フレームが湾曲したものやフレームが太くなっているもの。細く柔らかいものから、丸メガネのようなかなし、挙げればキリがないくらいです。しかしながら、誰もが「普通」と答えるフレームの形は決まっています。例え、丸メガネを掛けている人を見て、どう思うでしょうか。おそらくほっとんどの方が「ハリーポッター」を想像することで人為も同じ感覚を持っていると思ってください。総じて、明かにファッション性の高いフレームは絶対に止めてください。人事会議で「メガネさん」と呼ばれるこんな間違いです。スクエア型やウェリントン型などの「普通」の形にしましょう。黒縁メガネや縁なしメガネで 分です。

フレームの色

フレームの色は極力、黒にしましょう。黒は誰も似合います、メガネのインパクトを抑えることができます。例え、目立つ色でもお勧めはしません。普段茶髪の人は就活の時だけ黒にするように、普段は赤や青や茶色を身に着けている人も、就職活動の時だは黒のフレーム色を着用しましょう。ただ、フレッド自体があまり目立たないようなメガネの場合は、良識ある色でありば結構です。

レンズの色

科学技術が進歩している現在、レンズの技術もめまぐるし歩歩し、種類も多くなっています中には遮光レンズや偏光レンズ、ブルーライトカットなどを着用されている方も多かってはないでしょうかどのような仕方でも構わないのですが、光の反射度合に注意しましょう。なにしら、これからの光半透性のレンズは、ある波長の光を反射しているということでしかありません。反射するものとは、面接官からの恋には就活生の目が見えなくなってしまいます可能性があるということです。メガネが光って写真で上手く映えなかったという経験がある方もいらっしゃるですよ。レンズのコーニングをもう一度確認しましょう

メガネをかけるときのポイント

メガネをかけると印象が変わって見えることがあるもののはこれでお話しさせていました。それでは、メガネをかけるときに気を付けておきたいことをいじって紹介しておきます。

レンズはきれいに拭いてください

白く曇ったメガネを掛けている人を稀に見かけます。他人のレンツが汚れている人を見て、気になってしまってもあるくらいですよね。レンズが透明でないというのは、不潔な印象それに加えます。それに加えてメガネのレンズが曇っている、やはり表情が見えにくくなります。それなりにかわい、話し相手の顔が見えにくく、目を細くするあまり睨んでいるように就活生の目を見て話したがありますので、メガネのレンツはしっかりと拭いておきましょう。

履歴写真と同メガネをかける

履歴書と同じメガネをかけることは最も大事なことでもなくなりません。履歴書ではメガネをかけていたので、面接ではかえっていないと別人に見えてしまうようなのは想像がつきます。しかし、メガネが違うだけでも全く違った印象を受けています、それもあるのです。日頃は黒縁メガネをかけるている人が、ある日突然、赤く細かいフレームのメガネをかけてきたら気付かない人はいないよね。そういったように、印象ががりと変わると面接官から受ける印象も変わり、面接を終えた後の印象が「違うメガネ」で勿体無いよね。面接官は就活生の「人柄」以外に気が散らないように、履歴書と同じメガネをかけるて面接に挑みましょう。

めがねが左右にずいている

メガネには2つのレンスがついています。鏡で見て、左右どっかが下がってい、上がっていますそれが良くあります。メガネは左右対称に作られていますが、人間の顔は左右対称メガネをかけると、ズレていることが多々ありますので就活前に修正しておきましょう。

就活におすすめのメガネ

就職活動に向かってメガネを購入してきたい。と考えている方も多いです。このような方のために、就活でおすすめのメガネをやって紹介しておきます。

・ウェリントン

現在、メガネの種類は豊富で、ファッションに合わせメガネは十人十色と言っても過言ではないですよ。就活のような形式の場面で、使えるメガネの形も当然人そぞれです。そのような中で、どんなのメガネのフレーム型が良いのか迷っているという人におすすめするのが、「ウェントリンフレーム」。なにせ、似合う人が圧倒的に多くのフレームだからです。メガネがコンプレックスだった人も、ウェリントン型ならおしゃれで真面目な印象を与えることができるのです。

・JINS

JINSというメーカーはご存知ではありません。このメーカーは現在、最も身近にあるといっています。駅や百貨店で選ぶことができます、何ともに安価なのでおすすめです。就活に1つ欲しいと考えている方はJINSのメガネはどうでもいいです。

・オークリー

オークリーのメガネは世界的にも有名です。オークリーの良さは何ともスポーティーなルックを演出できるものです。例え、運動部に所属しています面接の自己紹介や長所でスポーツを気に入っているようです就活生は、見た目もスポーティーな方が説得力が増すでしょう。そういう印象をコンロールできるのはメガネの良さから、万一利用してください。

まとめ

メガネをかけるているようにへの不安は必要ありませんでしたね。あらゆる要素をプラスに変えていますが就活です。普段からメガネを掛けている人でも就活の際に、コンタクトが良いのメメネネが良いのか一度見直してはいけないだろうか?また、メガネは自分の印象を変えることができるツールです。メガネが似合わないと思いますが、捨てて、一度かかってみるのはいかないでしょうか。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る