目次

書類選考で落ちる原因

書類選考で何度も落ち着くのには、何かしらの理由が存在します。企業側がそれを抱えることもありますが、ここの注意力で防げることもあるで、どんなものがあるかの理解しておきましょう。

 

応募者が多い(倍率が高い)

書類での選考が必要な場合は、企業に対する応募書がそれだけだ、ということが多いです。企業はできるだけ多くの学生と会いたいと思っています。しかし、企業に面接に対応することが出来ます社員は限られています。そのために、事前に書類選考で学生の選定を行います。

面接を行うためには、日程調整の有無や面接の時間、さらに合否の判断とやらなければいけないことが増えてしまいます。しかし、書類選考であれば、日程調整や面接の時間を省略することが出来ます。このような事情から、書類での選考が行われている理由です。

 

誤字脱字がある

企業に対して書類を送付するということは、当然のことながら企業の担当者がその書類に目を通すことになります。その書類に誤字脱字があるようであれば、読み手である企業の担当者はその書類を読む気がなくなってしまいます。

先ほども書いたように企業にはたくさんの応募があることが多いです。たくさんの応募があるので、それだけの書類に目を通さなければなりません。たくさん文章を読みながら、それに見合った評価をしなければいけないので、誤字脱字などのすぐに目につくような間違いは、心象が悪くなりやすいです。

誤字脱字のような間違いは、注意の意識次第で防ぐことが出来るミスです。このようなミスを大切な書類でも行ってしまうのは、将来的に入社した後にも些細なミスに繋がるように判断されてしまうことに繋がるので事前に防げるようにしておきましょう。

誤字脱字は自分では気が付きにくいです。しかし、読み手から見た時には気が付きやすいことを忘れないようにしておきましょう。

 

内容がテンプレートそのまま

企業の担当者は、新卒採用の書類を見慣れています。そのため、就職活動でよくある文章の内容は、読んだだけで瞬時に判別することが出来ます。

就職活動でよくある質問に対する回答のテンプレートは、インターネットなどで簡単に調べることが出来ます。その内容をそのまま書類に書いていては、担当者からは評価されることはありません。

インターネットの内容を基に自分なりのアレンジが加えてあって初めて評価される書類になります。

しっかりとオリジナルで自分なりの内容の文章を書けるように準備しておきましょう。

パッと見て落とされる可能性がある書類の特徴

そもそも、書類を提出しても、ちゃんと目を通してもらえないこともあります。提出された書類を読まないことは、よほどのことなのでまずは目を通してもらえるような書類の注意点を抑えておきましょう。

 

写真がぼやけている・清潔感がない・表情が暗い

提出する書類によっては、写真を貼り付ける必要のあるものがあります。この写真には特に注意が必要です。写真によって、人物像のイメージが形成されてしまう可能性があるからです。

写真の撮影状況が悪く写真がぼやけていると、表情の印象が悪く見えてしまいます。また、写真の表情から清潔感がないようなものであったり、映っている写真の表情が暗かったりしては、書いてある文章そのものの印象を左右してしまいます。

写真の影響によって、文章の印象が悪くなってしまうことは避けなければなりません。さらに、もっと悪いケースであれば写真だけを見て、書類選考を落とされてしまう可能性も存在します。

基本的に文章のみで判断する書類の中で、顔写真は大きなインパクトを残します。このインパクトがネガティブな印象にならないように気をつけましょう。

 

内容が埋められていない

視覚的に見た時に、書類の中に白い空白があると見栄えがすごく悪い印象を受けてしまいます。その企業に対して、興味関心があるからこそ書類を送っていると企業の担当者は考えています。そのため、内容はともかくとして、しっかりと書類を埋めてある学生の書類には目を通します。

しかし、自ら書類を送っているにも関わらず、書類での質問に満足に答えていないような書類には、積極的に目を通そうとは思うことが出来ません。

内容が埋まっていない書類には後回しにされてしまい、目を通してもらえない可能性があります。書類を提出する際には、しっかりと内容が埋まっているのが最低限のマナーと考えておきましょう。

 

丁寧な字で書かれておらず、読みにくい

まだまだ手書きで提出する必要のある書類もたくさんあります。字を書くことが昔ほど多くなくなっているので、いざ字を書いてみると汚い字になってしまうこともあるかもしれません。

必ずしも達筆できれいな字が必要なわけではありませんが、書類の字が雑にならないように気を付けましょう。仮に、字が汚く読みにくいようであれば、満足に目を通してもらえなくなってしまう可能性があります。字が汚い場合、肝心の内容が頭に入らずに適正な評価を得ることが出来ないかもしれません。

手書きで書類を書くときには、丁寧な字を書けるように意識しておきましょう。

書類選考が落ち続ける場合の対策方法

書類選考で落ちてしまう場合には、何かしらの原因があります。企業側の要因である応募人数のこと、さらに基本的な不注意など様々です。

不注意に対する気遣い以外にも、対策出来ることはあります。

 

文章力を身に着ける

書類選考に通過できないことの一つに、文章表現の問題があります。就職活動の書類では、内容を書くことに注意が向いてしまい、読み手がいることを忘れてしまいがちです。とにかくアピールをするために、内容を詰め込もうとするあまり何を言いたいのかが分かり辛い文章になってしまっているかもしれません。

反対に、書いてあることがごくごく平凡だとしても、表現方法が素晴らしいことで内容もよく見えるような書類になることもあります。

読み手にとって読みやすい文章になっているかどうかは、就職活動においても大切です。どうしても書類選考が突破できない時には、文章力を強化しましょう。

 

添削を徹底する

文章力を身に着けることに通じますが、一度書いた内容に関して、読み手が読みやすい内容になっているかのチェックを徹底しましょう。自分で書いた文章をもう一度読み返すのは、気恥ずかしいかもしれません。さらに、自己PRや志望動機のような内容であればより一層恥ずかしいと感じるかもしれません。

しかし、大切なのは書類選考で通過することの方が大切です。読み手が納得して書類を読めるように添削を徹底しましょう。これをすることによって、内容をブラッシュアップすることが出来て、質の高い書類になります。

 

他者の書類を参考にする

書類選考が上手くいかない時に、自分でいくらダメなところを探していても問題点が見つからないかもしれません。そのような時に、他の就活生などで書類選考にたくさん通過している人の書類を参考にしてみましょう。

内容自体は真似をすることは出来ませんが、どのような書類の書き方をしているかは参考になります。どのような内容の書き方をして、読み手が文章を読むことで受け取る感覚などを学びましょう。

就職活動では、一人で立ち止まっていても上手くいかないことが多々あります。そのような時に、友人や知人の存在が頼りになるので迷わずに相談してみましょう。

まとめ

書類選考を通過できないことには、就職活動を円滑に進めることが出来ません。しかし、企業としても出来るだけ多くの学生と直接会いたいと考えていることを覚えておきましょう。

 

企業としても、出来るだけ書類選考を通過してほしいと考えているので、最低限のマナーを認識し、誰が読んでも納得できるような書類を提出出来るようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る