目次

履歴書を郵送するときの切手はいくら分?

履歴書を郵送するときの切手はいくら分になるのです。切手の料金は封筒の大きさや、郵便物の重さによって異なっています。 

指定がなければ「角2封筒」を使用する

履歴書を郵送するときの封筒は、企業からの指定がない場合は角2サイズを使用します。角2サイズの封筒であれば、A4サイズの用紙を折れて入れることができるからです。履歴書を含む応募書類一式を郵送するときは、A4サイズのクリアファイルに入れるのが一般的です。

角2サイズは24㎝×33.2㎝で定型外郵便に対応します。定形外郵便の料金は以下の通りです。

  • 50g入り... 120円
  • 100g中... 140円
  • 150g入り... 205円

封筒に応募書類一式を入れて封をした状態での重さを測ります。重さが50g以内なら120円、100g以内なら140円が郵送料金となります。 

A4サイズの履歴書の場合

A4サイズの履歴書の場合、角2サイズの封筒を使用すると、通常は50g以内、または100g以内で収まることがほとんどです。履歴書を含む応募書類一式にはエントリーシート、添え状、A4クリアファイルが基本です。エントリーシートの枚数やクリアファイルの重さによって多少の違いはあっても、100g以内に収まることがほとんどでしょう。 

50g以内なら120円、100g以内なら140円が郵送料金になりますので、その金額分の切手を封筒に貼ってポストに投函します。しっかり重さを測って料金を間違えないように気をつけましょう。

もし速達で郵送する場合は、普通郵便の料金に速達料金280円をプラスする必要があります。もし50g以内なら「120円+280円=400円」、100g以内なら「140円+280円=420円」が郵送料金になります。その金額分の切手を貼り、封筒に「速達」と朱書きしてポストに投函します。「速達」と書き忘れると普通郵便として配達されますので注意が必要です。

B5サイズの履歴書の場合   

B5サイズの履歴書の場合も、指定がなければ角2サイズの封筒を使いましょう。エントリーシートや添え状がA4サイズの用紙になるはずです。A4サイズのクリアファイルに入れて郵送することを考えると角2サイズの封筒がよいでしょう。

封筒に貼る切手の料金は、A4サイズの履歴書を郵送するときと考え方は同じです。 通常は100g以内に収まりますので、重さが50g以内なら120円、100g以内なら140円分の切手を封筒に貼って、ポストに投函します。速達で郵送する場合は、それぞれ280円をプラスし400円、または420円分の切手を貼ることになります。

 

履歴書を郵送するときの切手の選び方

履歴書を郵送するときはどのような切手を選べばよいのでしょうか。履歴書はビジネス書類なので、相手に不快な思いをさせないように、ビジネスマナーを守ることが大切です。 

ビジネスに適した柄の切手を使う

履歴書を郵送するときに使う切手は、ビジネスに適した柄のものを使うようにしましょう。切手には普通切手や記念切手、慶弔用の切手などがありますが、履歴書を郵送するときは普通切手を使うのが無難です。 

記念切手を使う場合はデザインに気をつけましょう。落ち着いた柄の切手なら特に問題はありませんが、かわいい柄や派手なデザイン、キャラクターの切手などはビジネスには適していません。相手がどんな印象を持つかわかりませんし、場合によってはマイナスの印象を与えてしまう可能性もあります。

慶弔用の切手もビジネス書類を送るときには使いません。こちらも使用は避けたほうがよいでしょう。

できるだけ2枚以内に収める

履歴書を郵送するときは、郵送料金と同額の切手を貼っていればよいので、複数枚の切手を貼ることができます。たとえば、郵送料金が120円なら、20円切手を6枚貼っても構いません。

しかし、切手の枚数があまりに多いと見た目が悪いので、できるだけ2枚以内に収めるのがおすすめです。「手元にある切手をかき集めて間に合わせた」と相手に悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

郵送料金と同額の切手を1枚貼るのがベストです。それが難しい場合でもできるだけ2枚以内に収めるようにしましょう。

正しい位置にきれいに貼る

実は切手の貼り方には決まりがあり、封筒の左上もしくは右上の「縦7.0㎝×横3.5㎝」の範囲に貼ることになっています。 正しい位置に貼られていないと、常識のない人だと思われてしまうかもしれません。切手は正しい位置に貼るようにしましょう。

また、切手はきれいに貼ることも大切です。斜めに貼ったり、しわができてしまうと見た目が悪く、「この人に仕事を任せて大丈夫だろうか」という悪い印象を与えてしまいます。きれいに貼るには、事務用スポンジを使うのがおすすめです。スティック糊の使用や切手の裏面をなめて貼るのはきれいに貼りにくいのでやめましょう。

コンビニやお店のサービスカウンターで買える

切手が買える場所は郵便局だけではありません。コンビニや大手スーパーマーケットのサービスカウンターでも買うことができます。郵便局の窓口に比べると品揃えは少ないですが、履歴書を郵送するには問題ありません。

どの方法で送ったらいいの?

履歴書を郵送するにはいろいろな方法があります。どの方法を選ぶかは、履歴書を郵送するときの状況によって違います。それぞれの特徴を理解しておきましょう。 

簡易書留

簡易書留は、引受時間と配達時間を記録してくれるサービスです。引受番号が発行されるので、日本郵便のホームページから配達状況を確認できます。手渡しで配送してくれるので紛失リスクが下がり、5万円までの補償がついているのも特徴です。

簡易書留は普通郵便の料金にプラス310円で利用できます。角2サイズの封筒で郵送する場合、50g以内なら430円、100g以内なら450円です。

簡易書留の場合は、企業が受け取るときにサインが必要になります。受け取りに手間がかかるため、やめたほうがよいというアドバイスもありますが、確実に届くように配慮しているので問題ありません。普通郵便でも問題ありませんが、より確実に届けたいとき、配達状況を確認したいときに利用するとよいでしょう。

特定記録

特定記録は、引受時間を記録してくれるサービスです。簡易書留と同じく引受番号が発行されるので、自分で配達状況を確認できます。しかし、簡易書留とは異なり、郵便受けへの配達で補償はついていません。

特定記録は普通郵便にプラス160円で利用できます。角2サイズの封筒で郵送する場合、50g以内なら280円、100g以内なら300円です。

履歴書を郵送するときに、配達されたかを確認したい場合は特定記録を利用するとよいでしょう。

速達

速達は普通郵便よりも早く配達するサービスです。普通郵便は1日1回しか配達しないのに対して、速達は1日に3、4回配達します。また、普通郵便は日曜、祝日は配達しませんが、速達は配達してくれます。 

速達は普通郵便にプラス280円で利用できます。角2サイズの封筒で郵送する場合、50g以内なら400円、100g以内なら420円です。

応募期限が迫っているときは、速達を利用するとよいでしょう。ポストに投函する場合は料金分の切手を貼るだけでなく、封筒に「速達」と朱書きする必要があります。書き忘れると普通郵便で配達されてしまうので注意しましょう。 

送る前にチェックすべきこと

履歴書を郵送する前にチェックすべきことがあります。送ったあとで後悔しないように、何をチェックするべきかを確認しておきましょう。 

切手料金は不足・超過していないか

封筒に切手を貼ってポストに投函する場合は、切手料金が不足していないか、あるいは超過していないかをしっかり確認しましょう。

もし、切手料金が不足している場合、企業が不足分を支払って受け取るか、企業が受け取りを拒否して履歴書が戻ってくるかのどちらかになります。どちらの場合も、企業に多大な迷惑をかけることになりますし、最悪は採用試験を受けられなくなってしまいます。

切手料金の超過もできれば避けたいところです。数十円なら誤差の範囲ですが、あまりに大きな金額を超過してしまうと、企業に「事務処理能力がない」という悪い印象を与えてしまう可能性もあります。

切手は不足、超過せず、正しい料金分を貼るようにしましょう。

宛先は誤字脱字なく正しく書いているか

ポストに投函する前に、宛先は誤字脱字なく正しく書けているかをもう一度確認しましょう。応募企業の社名を間違えるのは、採用試験を受けるあたって大きなマイナスです。ビジネスにおいてもあってはならないことですので、しっかり確認するようにしましょう。 

「履歴書在中」と書いてあるか

履歴書を郵送する場合は、封筒に「履歴書在中」と朱書きする必要があります。企業には毎日たくさんの書類が届きますので、応募書類であることがわかるようにしておくことが大切です。他の書類に紛れることのないように、応募書類であることをしっかりと明示して送るようにしましょう。

速達の場合「速達」と書いてあるか

履歴書を速達で送る場合、封筒に必ず「速達」と朱書きしましょう。速達を利用する場合は応募期限が迫っていることが多いでしょう。しかし、ポストに投函する場合は、速達を書き忘れてしまうと、たとえ速達料金分の切手を貼っていても普通郵便で配達されてしまいます。心配な場合は窓口に持ち込むのが確実です。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る