目次

面接会場に到着する前の失敗あるある

面接には可能性が潜んでいます。面前は極度の緊張状態になって、注意力も落ちます。緊張は失敗の可能性を高めて気を付けるようにしましょう。

 

道に迷う

面接会場はほんとうの場合は、企業の中で行っています。その企業は多岐に亘る場合、オフィスを集中しているオフィス街にあります。就職活動でなければ、オフィース街に足を踏み入れることも少ししかありませんまた、そもそも面接で初めてその土地に行くこともあるかもしれません。知らない場所でありば方向感覚も働きづらくなるので注意が必要です。

オフィース街にせよ、初めての土地にせよ道に迷う可能性が十分にあります。道に迷うことは、かなり深刻な時間のロスになる危険性があります。

事前に駅やバス停から企業までの道のりを確認することが出来るので、未然に調べておきましょう。また、道に迷う可能性が少しでもあると感じたら、感覚に頼ってはいけません。確実に迷わないようにするために、地図アプリなどを利用し位置関係をはっきりさせてから、オフィスに向かいましょう。

 

電車が遅延する

電車の遅延はかなりあり得るトラブルです。また、このトラブルは自分の注意次第で防ぎきることが出来ない可能性もあります。

電車の遅延では、大きな遅延と小さな遅延があります。大きな遅延は30分以上電車が来ず、立ち往生の状態になってしまうようなものです。このような大きな遅延が発生した場合は、企業側も仕方なしと判断してくれます。そのため、電車が遅延していることをすぐに連絡することが大切です。電車が止まってしまったことと、到着がいつ頃になりそうかを落ち着いて伝えましょう。企業側も焦らずに来るようにと言ってくれるはずです。

反対に、小さな遅延はこちらの失敗になります。電車が5分から10分程度遅れることはよくあります。このような遅れは事前に想定出来ていなければいけません。早めの行動を心がけておくことで、この遅れは挽回することが出来ます。しかし、これを想定できず、遅れてしまっては見通しが甘いという認識を持たれてしまいます。

この見通しの甘さが面接の評価に直接繋がることはないかもしれません。しかし、いい印象を持たれないのも間違いありません。

 

遅刻してしまう

遅刻をすることが面接において問題外なのは、誰しもが分かっているはずです。しかし、分かっていても遅刻は起こり得ます。遅刻を防ぐためには、余裕を持った行動を心がけるしかありません。

就職活動の中でも、面接は特別な機会です。自分のために社会人の担当者が時間を割いていることを自覚しましょう。面接の前は無理に予定を入れることなく、早めにオフィス近くに到着し、面接の準備をする時間のゆとりを持ちましょう。

 

早く企業に着き過ぎる

遅刻は問題外ですが、だからといって早く企業に着くことがいいとも限りません。むしろ、早く着き過ぎることは、失敗の一部とも言えます。

なぜなら、企業は早く来ることを想定していないからです。企業を訪ねる時にはおおよそ10分前程度が一般的と考えられています。就職活動でもこれを守るようにしましょう。

あまりにも早く到着しても、企業側は対応に困ります。さらに、自己本位的で時間の管理の出来ないという評価をされてしまうかもしれません。

面接中の失敗あるある

面接中の失敗も数多くあります。知っておくことで防げることもあるはずなので、頭に入れておきましょう。

 

準備してきた回答をすっかり忘れる

面接では事前の準備が大切です。想定される質問に対して、回答を考えておくのは当然のことです。しかし、緊張から準備したことを忘れることもあるかもしれません。

この時は、一度落ち着きましょう。もちろん、企業の担当者はスラスラと用意したことを回答できることを最も評価します。反対に、回答を忘れたままの中身のない回答をされても評価が高くなることはありません。

もし、回答を忘れてしまったら、一度深呼吸などをして、頭をリセットして何とかして思い出しましょう。このように忘れたことをアピールすることで、面接官も思い出すことの手伝いをしてくれることもあるかもしれません。

面接官も想定して準備したベストな回答を聴きたいです。面接官を味方に付けましょう。

 

 

話している途中に質問内容を忘れる

話をしている途中に面接官の質問内容を忘れてしま失敗も想定されます。これの原因は質問の意図を理解出来ていないまま回答を初めてしまうからです。

焦って答えようとするあまり、質問の意味を考えずに話をすることで、支離滅裂な内容になってしまうことを覚えておきましょう。これを防ぐためには、自分の間を作った上で回答する癖をつけておきましょう。

また、仮に面接中に質問内容を忘れてしまった場合は、その非をすぐに認めましょう。質問内容を忘れたまま答えても、面接官の印象は下がり続けます。だったら思い切って、状況をリセットして再度答え直すチャンスを用意してもらいましょう。

思い切って自らの非を認めるのも、立派な能力として評価されるかもしれません。反対に、正しくないと感じつつ、自分の非を認められないのは社会人としてマイナスしかありません。

面接官は、面接の中で一緒に働くことを見越していることもあるのを忘れないようにしましょう。

 

基本的なマナーが抜ける

企業に入る時から、マナーを守る必要があります。このマナーは受付から入室、退室までいたるところに潜んでいます。細かくこのマナーを気にしている企業や面接官もあるので、注意しておかなければいけません。

さらに、このマナーは知らなければ出来ないようなこともたくさんあります。そのため、面接を何度行っても知らなければ改善の施しようがないことも考えられます。

反対に知ってさえいて、身体にマナーが染みついていればこのような失敗は発生するリスクが低いです。また、身に着いている状態でミスが起こったとしても、その他のマナーを完璧にこなしていれば、うっかりしていただけだと思われるでしょう。

この基本的なマナーを一つミスしただけで、面接が不合格になる可能性はかなり低いので、まずはマナーを把握し、自然に出来るように対策しておきましょう。

 

回答が長すぎて面接官が飽きている

面接では、一問一答形式で進むのが一般的です。そのため、聴かれたことに対して回答を行うのが基本です。これは、普段の会話とは少し異なるので注意しておきましょう。

面接では質問されたことに、的確に回答することだけが求められます。面接官が回答に対して、気になることを回答後に質問してくるからです。

この原則を無視して、出来るだけ多くのことを伝えようとするのは、面接では失敗になります。限られた時間の中で、就活生の情報を引き出すことを面接官は考えています。それに対して、評価に必要のない情報を伝えられても、面接官は興味を持ちづらいです。

もちろん、就活生が伝えようとしてくることをなるべく理解しようと耳を傾けてくれるでしょう。しかし、基本的にはシンプルに聴かれたことに答えてくれる方がありがたいのは間違いないです。

担当者によっては、回答が冗長であるだけ評価がマイナスになるので、面接での回答方法は工夫して伝わりやすいように意識しましょう。

面接中に話が長くなってしまう時は、結論を常に意識しましょう。聴かれたことに対して、一言の結論で回答し、それを補足する説明の癖を身に着けることで、回答が長くなることはなくなるはずです。

まとめ

面接での起こりうる多くの失敗は未然に防ぐことです。失敗の種類を知っているだけでも対策出来るので、色々想定しておきましょう。

 

また、仮に失敗に直面しても、大切なのはその後の対応です。面接官も人間である以上、何度も失敗を経験しているはずです。そのように考えれば、こちらの失敗にも寛容に受け止めてくれるかもと考えやすいです。仮に本番で失敗をしても、失敗の事実を認めて挽回の方法を模索しましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る