目次

履歴書で誤字脱字をしてしまったときは?

履歴書で誤字脱字をしてしまったときは、どのように対処すればよいのでしょうか。基本的には修正はせず、新しい用紙に初めから書き直すようにしましょう。初めから書き直すべき理由は以下の通りです。

企業に悪い印象を与えてしまう

履歴書は応募企業に自分を知ってもらうための重要書類です。採用担当者をはじめ、面接官や役員は履歴書の内容を確認してあなたを採用するべきかを検討します。そんな大事な書類である履歴書に誤字脱字の修正跡があったら、企業はあなたにどんな印象を持つでしょうか。

修正跡がある履歴書を提出すると、「注意力がない」「事務処理能力がない」「相手を思いやる気持ちが足りない」などの悪い印象を与えてしまう可能性があります。仕事では多くの職種で書類を作成します。そのため、修正跡のある履歴書を見ると、仕事を任せることに不安を持つ採用担当者は多いのです。

応募企業が多いと初めから書き直すのは大変です。一箇所ぐらいなら修正してしまおうと思う気持ちは理解できます。しかし、就職活動ではビジネスマナーをしっかり守れる人が採用されます。応募企業によい印象を持ってもらえるように、履歴書で誤字脱字をしてしまったときは最初から書き直すようにしましょう。

改ざんを防ぐため

履歴書で誤字脱字をしてしまったときに初めから書き直すべきもう一つの理由が、改ざんを防ぐためです。 

履歴書は生年月日、住所、連絡先、経歴などの個人情報が書かれている重要書類です。提出した時点で企業には個人情報保護の義務が発生します。そんな重要な書類である履歴書の修正を許してしまうと、提出したあとに書いた内容を誰かに修正されても、誰が修正したのかわからなくなってしまいます。

しかし、誤字脱字のない履歴書を提出すれば、誰かに勝手に修正される改ざんを防ぐことができます。履歴書で誤字脱字をしてしまったときに初めから書き直すのは面倒ですが、自分の身を助けることにもなるのです。 

企業には多くの履歴書が届きますし、応募先の企業には多くの人が出入りしています。何が起こるかわからないので、履歴書の改ざんを防ぐためにも、誤字脱字をしてしまったときは初めから書き直すようにしましょう。

特に注意すべきポイント

履歴書の誤字脱字を防ぐために、どのようなことに注意して書けばよいのでしょうか。ここでは、特に注意すべきポイントについて説明します。  

文末表現が統一されているか

志望動機や自己PRなどの文章表現が統一されているでしょうか。「です、ます調」と「である調」の文章が混じっていないでしょうか。文末表現が統一されていないと、相手に違和感を与えてしまいますし、書くときに誤字脱字をしやすくなります。 履歴書を書くときは、文末表現を統一するように注意しましょう。

漢字の間違いがないか

誤字脱字を防ぐためには漢字の間違いに注意が必要です。特にパソコンやスマホの入力に慣れていて、手書きで文章を書かない人ほど気をつける必要があります。履歴書を書くときに、漢字が合っているか迷ったら推測で書かず、その都度調べてから書くとよいでしょう。

履歴書を手書きで書く場合、パソコンやスマホのように書いてしまってから修正はできません。面倒だからとあいまいなまま書いてしまってあとから間違いに気づいたら、そのほうが時間がかかります。わからない漢字、あいまいな漢字はその都度調べましょう。 

文字は枠内に収まっているか

履歴書を書くときには文字を枠内に収めるようにしましょう。たとえば、志望動機の文章が長くなってしまって、志望動機の枠内からはみ出てしまうのはNGです。自分の伝えたいことを、枠内に収まるように書くことも、ビジネスでは必要な能力です。

文章が長くなって枠内に収まらないようなら、文章の中で削れるところはないか、もっと簡単な表現はないかを考えてみましょう。枠内に収まっているほうが見た目もよく、採用担当者の印象もよいでしょう。 

下書きをする

履歴書を誤字脱字なく、きれいに仕上げるには下書きをすることが大切です。やはり一度書いてみないことには、全体のバランスや文章が枠内に収まるかどうかはわかりません。手間はかかりますが、下書きをしたほうが誤字脱字のない、きれいな履歴書に仕上がるでしょう。

声に出して読む

書いた履歴書を声に出して読むと、誤字脱字を見つけやすいのでおすすめです。意味のおかしい文章や内容が不十分な文章も気づきやすいので、書いた履歴書は声に出して読むようにしましょう。

時間に余裕を持つ

履歴書で誤字脱字をしてしまうのは、時間に余裕がなく、焦って書いてしまうことも原因のひとつです。提出期限の直前に書いてしまうと、内容を確認する余裕がなくなってしまいます。 履歴書の提出期限を確認し、余裕をもって仕上げるようにしましょう。

こんな修正方法はあり?

履歴書で誤字脱字をしてしまったら、初めから書き直すのが基本です。しかし、応募期限が迫っている場合など、どうしても修正して提出しなくてはならないときはどうすればよいのでしょうか。もし修正するならどんな方法があるかを確認しましょう。 

修正液・修正テープを使用する

履歴書の誤字脱字を修正するときに、修正液や修正液は絶対に使用してはいけません。履歴書を書き間違えたときに、初めから書き直す理由のひとつが改ざんを防ぐためです。

修正液や修正テープを使用した履歴書を提出してしまうと、提出後の履歴書を誰かに修正液などで修正されてもわからなくなってしまうからです。つまり改ざんされてもわからなくなるのです。

見た目もよくないので、採用担当者に悪い印象を与えてしまいます。修正液や修正テープは使わないようにしましょう。

消せるボールペンを使用する

消せるボールペンは書き間違えても消せるので便利ですが、履歴書を書くときに使用するのはやめましょう。修正液や修正テープと同じように、提出後に書き換えができてしまいます。

また、消せるボールペンで書いた書類は、コピーしたときにインクが消えてしまって何が書かれているかわからなくなってしまいます。企業は履歴書をコピーして使用することが多いので、消せるボールペンも使用しないほうがよいでしょう。

二重線+訂正印を使用する

どうしても履歴書を修正しなければならない場合は、修正する箇所に二重線を引き、訂正印を押して正しい文章を書き直すようにしましょう。実際の仕事でも書類を修正しなくてはならない場合はこの方法で行います。二重線+訂正印以外の方法で修正してはいけません。

印鑑を押すことで誰が訂正したかを証明できるので、改ざんを防ぐことができます。履歴書の誤字脱字は初めから書き直すのが基本ですが、どうしても必要な場合は、二重線+訂正印で修正するようにしましょう。

提出後に履歴書の誤字に気が付いた場合は?

提出後に履歴書の誤字に気がついた場合はどのように対応すればよいのでしょうか。誤字はしないほうがよいものの、多少の誤字なら選考への影響は少ないでしょう。しかし、誤字の内容によって対応方法は異なります。提出後に履歴書の誤字に気づいたら、内容に応じて対応しましょう。

住所や連絡先など影響が大きい場合 

誤字の内容が住所や連絡先、学歴、資格など、影響が大きい内容の場合はすみやかに採用担当者に連絡しましょう。書き間違えた内容を伝え、どのように対応すればよいかは採用担当者の指示に従いましょう。 

志望動機など影響が小さい場合

志望動機や自己PRの文章など、影響が小さい場合は特に連絡する必要はありません。多少の誤字脱字であれば選考への影響は少ないでしょう。内容がしっかりしていれば、ひとつ誤字があったからといって不採用になることはまずありません。 

どうしても誤字脱字をしてしまったことを企業に伝えたい場合は、面接のときに伝える方法もあります。「提出後に履歴書に不備が見つかりました。申し訳ございませんが、口頭で訂正させて頂けますでしょうか」と切り出すとよいでしょう。

しかし、採用担当者や面接官は大量の履歴書に目を通しているので、多少の誤字は致命的なものにはならないことがほとんどです。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る