目次

誰でも面接では緊張する!

緊張してしまうことについての考え方を身に着くことから始めましょう。考え方次第で緊張そのものも変わってくるはずです。

 

緊張している自分に気づくことが大切

そのものの出発きは、緊張していることを自覚することから始める必要があります。緊張していることを認めるのは精神的に負担が増えるように感じるため、なるべく目を背けたいと思いがちです。しかし、目を背けたまでは対策の施行がなくなってしまいます。

それは本当に緊張している状態にある、それを無視することで不安な状態で面接に臨んでもいいけどやってしまいます。

そのような事態になってしまうのなら、一度緊張している自分と向き合いましょう。面接の前に緊張することは至極当然の反応であり、自分の感覚が正常に作動していると思いましょう。

緊張していることを自覚出来れば、それを緩和する為の方法を考えることが出来るようになります。

 

しっかり緊張対策をしよう

緊張していることを自覚した後に行うことは、その緊張状態を対策することです。人によって、緊張している状態からリラックスするまでの方法は全く違います。

何がキッカケで緊張から脱することが出来るのかは、自分自身にしか分かりません。緊張とは、その人が置かれている環境から来る思い込みに過ぎないからです。

思い込みを変えるためには、さらなる思い込みを行うことや思い込み事態を別の行動で消し去るしかありません。

この面接対策で大切なのは、その思い込みをなくすことが出来ることです。

自分なりに過去の緊張した出来事を思い出しましょう。そして、緊張したままだった時のことや、その緊張がほぐれた時はなかったか思い出しましょう。

自分なりのリラックスする方法は、過去の緊張状態に眠っています。

緊張を緩和する方法3選<準備編> ‐

声に出して面接練習する

面接の難しい点は、見ず知らずの面接官に自分の考えを一から伝える必要があることです。自分のことを何も知らない人に対して、自分を売り込むことは容易ではありません。さらに、頭で思っていることと、口に出した言葉を一致させることも難しいです。

この難しさが面接での緊張の一端かもしれません。その時は声に出して面接の練習をしてみましょう。練習で声に出して話をしようとしてみると、案外うまくいかないものです。しかし、練習で出来ないことは面接でも出来ないでしょう。

一度考えていることを声に出して練習しておくことで、本番でもスラスラ話せるようになるかもしれません。

 

たくさん面接を経験して場数を踏む

面接は特殊な環境です。あのような形式で人と話をすることは社会人になっても滅多にありません。まして、学生の間に面接の雰囲気を味わうことは稀なはずです。

特殊な環境に馴れるために出来ることは、場数を踏むしかありません。とにかくたくさんの企業に応募し、面接という空間に馴れるようにしましょう。

これを行うことによって面接そのものに馴れることが出来るはずです。また、面接で頻出されるような質問の傾向も知る手掛かりになります。どのような質問に対して、どのような回答を行うべきかを知ることは、面接での高評価に必要不可欠です。

そして、今はインターネットのおかげで自分次第でたくさんの企業の情報を瞬時に知ることが出来ます。面接の場数を踏むためにすぐに受けられる企業も簡単に見つけることが出来るはずです。

 

下調べを徹底する

面接はただ自分の考えを伝えることだけではありません。面接を受ける企業に対する経営情報も頭に入れておかなければ質問に自信を持って答えることは出来ません。

自分のことを伝えるのは問題ないが、企業情報をちゃんと答えられるのかに不安を感じて緊張してしまうこともあるかもしれません。

そのような時に出来ることは、とにかく企業のことを調べ尽くすしかありません。企業探しと同様に企業の経営情報や周辺情報もインターネットで簡単に調べることが出来ます。

この開示されている情報だけでも徹底的に調べておけば、面接でも自信に繋がるはずです。

このような没頭するに熱中することでいつの間にか緊張がなくなっていることもあるかもしれません。

緊張をほぐす方法3選<面接直前編>

面接対策を徹底しても、面接直前になればまた緊張が復活するかもしれません。すぐに実践できる緩和方法も持っておきましょう。

 

深呼吸する

最もシンプルな緊張緩和方法は深呼吸を行うことです。緊張していると呼吸も浅くなってしまいやすいので、酸素が身体に取り込まれづらくなってしまいます。酸素が少なくなれば、血液の循環も悪くなり頭の回転も悪くなってしまいます。頭の回転が悪くなれば、面接の受け答えも上手くいかなくなるかもしれません。深呼吸で酸素を取り込みましょう。

また、細かいことを考えなくても深呼吸は手軽にその場で出来る行動です。緊張は受け入れることが大切です。緊張している自分を受け入れて、それを吹き飛ばすためには何かしらの行動を行うことが手っ取り早いです。

深呼吸を行うことで、緊張している自覚を持ちそれを吹き飛ばそうとしている自分を実感できます。

 

好きな飲み物をゆっくり飲む

緊張していると口の中が乾きやすくなります。当たり前のことですが、面接で最も大切なのは話をうまくすることなので、口の中のコンディションは重要な要素です。

好きな飲み物を口にすることで喉を潤しておきましょう。

また、好きな飲み物を口にすることのメリットは他にもあります。それは緊張している時に好きな物を身近においておく効果です。

緊張している時に好きな物を実感することで、リラックスできるはずです。面接では、自分を上手くコントロールできるか不安に感じるものですが、好きなものがあることで落ち着くことが出来るようになるはずです。

 

企業の最寄り駅に早めに到着する

面接で起こりうるトラブルは遅刻です。万が一、面接の開始時間に間に合わないかもしれないと思ってしまうと緊張も倍増してしまう可能性があります。

ただでさえ緊張する面接で、それ以上の緊張を感じることは賢いとは言えません。遅刻を防ぐためにも、早めに企業の周辺に到着しておきましょう。

また、早めに企業の周辺に到着し、カフェなどのお店に入っておくことで面接前に落ちつく時間を持つことが出来るようになります。

緊張をほぐす方法3選<面接中編>

面接中にも緊張がほぐれていないかもしれません。その時にできることを紹介します。

 

面接は誰でも緊張する、と開き直る

そもそも面接には緊張した状態で臨むことが普通であると思い込みましょう。緊張をほぐすことが出来るのもその人次第です。しかし、緊張した状態で面接中に力を発揮することもその人の能力の一部です。

緊張しながら面接に臨むことでこそ、得られるものもあると考えて向かいあいましょう。

 

「緊張してしまって」と声に出す

面接官と向かい合ってすぐに面接の内容が始まるわけではありません。挨拶をしながら雑談を少し設ける面接官も多くいます。

この雑談の中で、緊張していることを話題として持ち出すのも一つの手です。面接官に緊張していることは言葉にせずとも表情などで伝わっています。それを就活生から自己申告してくれば、面接官からリラックスできるように働きかけてくれるかもしれません。

自分から緊張していることを自覚することが大切なので、その事実を思い切って口に出してみましょう。

 

面接官の境遇を想像する

目の前にいる面接官は、すごく大きな存在に見えてしまいます。相手との差を感じていると、面接中も気が抜けず緊張は抜けません。

しかし、面接官も人間です。面接官と就活生という立場では変えようのない差が埋まりませんが、同じ人間と思えば多少は楽になるはずです。

目の前にいる面接官の人となりを想像し、身近に感じる努力をしてみましょう。

まとめ

面接に緊張は付き物です。しかし、どのように向き合うのかは自分次第です。上手く緊張と向き合うことも出来る時もあれば、出来ない時もあるかもしれません。

 

緊張は自分次第でコントロールできることと自覚しておきましょう

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る