目次

履歴書に「健康状態」がある理由

履歴書にはなぜ「健康状態」の欄があるのです。

企業の採用担当者は、応募者を採用するにあたり「通常業務を行うために支障がない」を知りたいと思っています。仕事がするときにも支障があるような健康状態では、満足してもらうことができません。

企業が人を採用するときに重視するのは、その会社で長く働いてもらえるかですそれは能力ももろもろですが、健康状態も重要です。職種によっては特定の病気がある場合は業務がやや難しいなにもあるからです。

また、健康状態によっては周囲のサポートが必要かを判断する必要もあります。入社するまでに必要に応じて受け入れ態勢を整えておくのも採用担当者の仕事です。 応募者の健康状態を把握しておくことで、企業も応募者もお互いにスムーズに仕事を開始できるのです。

履歴書に健康状態の欄があるのは、落とすためというよりは、仕事に支障がないか、長く働いてもらえるかの確認です。入社後にサポートしてもらうためにも、健康状態は正直に書くようにしましょう。

ちなみに、職業安定法第5条の4には、業務の目的達成に必要な範囲で求職者の個人情報を収集して、その目的の範囲で保管し、使用してもよいと定められています。したがって、企業が応募者の健康状態の収集することは問題ありません。

健康な場合の「健康状態」の書き方

健康な場合、健康状態にはどのように書けばよいのでしょうか。 ここでは健康な場合の書き方を確認しましょう。

健康な場合は「良好」と書く

健康状態に問題がなく、自覚している症状もない場合は「良好」と書きましょう。特に詳しく書く必要はなく、良好と書くだけで問題ありません。変に何か書こうとすると、企業に対して誤解を与える可能性もあります。

健康であることを無理にアピールする必要はありませんが、もし健康に自信があるなら「きわめて良好」と書いたうえで、カッコ書きで補足しても構いません。 「きわめて良好(大学時代は一度も熱を出したことがなく、授業を休んだこともありません)」のように、簡単なアピールを添えてもよいでしょう。

どんな状態なら「良好」と書いてよいのか

履歴書に書く良好な健康状態とは、通常の業務に支障がないという意味です。応募時に少し風邪気味だったり、インフルエンザなどのウイルス性の病気など、一時的な病気の場合は「良好」と書いて構いません。

また、足を捻挫していたが回復して今は完治している場合など、ケガについても同じように考えましょう。過去に怪我をした経験があっても、完治して今は仕事に支障がなければ「良好」と書くようにしましょう。

また、肩こりや腰痛などがあっても業務に支障がなく、通院もしてない場合や、病気で入院していたが現在は完治して通院していない場合、健康診断で要経過観察程度で仕事に支障がない場合も「良好」と書いて大丈夫です。

迷ったら「通常の業務に支障があるか」という考え方で判断しましょう。

既往歴・疾患がある場合の「健康状態」の書き方・例文

既往歴や疾患がある場合、「健康状態」はどのように書けばよいのでしょうか。ここでは例文をもとに、既往歴や疾患がある場合の書き方を確認しましょう。 

既往歴・疾患があるが業務に支障はない場合


アレルギーで通院が必要な場合

例:業務に支障はありませんが、アレルギー体質のため、薬を処方してもらっています。通院のため、月に1度半休をいただければと思います。



アトピー性皮膚炎で通院が必要な場合

例:業務に支障はありませんが、アトピー性皮膚炎の治療で通院しております。そのため、2ヵ月に1度お休みをいただけると助かります。



花粉症の場合

例:業務に支障はありませんが、重度の花粉症のため、毎年春は耳鼻科に通院して薬を処方してもらっています。春のみ数回通院のため半休をいただければと思います。


アレルギー体質、アトピー性皮膚炎、花粉症の場合の例文です。いずれも業務に支障がないことを強調しています。また、業務時間内に通院が必要なこと、その頻度を具体的に記載しています。

業務中に通院の必要がある場合

上記のアレルギー体質、アトピー性皮膚炎の例文のように、業務中に通院の必要がある疾患を持っている場合は、通院の必要があることとその頻度を伝えるようにしましょう。「〇〇のため月に〇度通院が必要です。」のように具体的にどの程度通院が必要なのかを伝えるとよいでしょう。

採用担当者が知りたいのは、どの程度業務に支障があるのか、長く働いてもらえるかです。事前に申告していないにもかかわらず、入社後に「通院が必要なので定期的に休ませてください」とお願いしても、「そんな話は聞いていない」とトラブルになる可能性があります。

業務中に通院の必要がある場合は、履歴書の健康状態欄に必ず理由と通院頻度を書くようにしましょう。 

業務の遂行に支障がありそうな疾患がある場合

持病や後遺症などで業務の遂行に支障がありそうな疾患がある場合は、前もって伝えておく必要があります。


持病がある場合

例:通常の業務に支障はありませんが、椎間板ヘルニアの持病があるため、重い荷物を持つことができません。 


事務職であればさほど支障はないと思いますが、資料を運ぶなど、重い荷物を持つ機会はあります。また、営業職なら荷物を持って出かけることもありますので、必ず伝えておくべきです。

採用した企業もそうですが、入社後に満足に業務ができなければ、つらいのはあなたです。お互いに理解しておくことで、企業は業務に支障がないか判断したうえで、必要な準備を整えてくれるでしょう。 

病気やケガで休学していた期間があるがすでに治っている場合

病気やケガで休学していた期間があっても、すでに治っていて業務に支障がなければ「良好」と書いて大丈夫です。


病気やケガで休学していたが、すでに治っている場合

例:良好(〇〇のため2ヵ月休学していましたが、完治しております。)


休学した経緯は必ずしも詳しく書く必要はありません。履歴書の健康状態欄はあくまでも業務に支障があるかを判断するものです。すでに治っていて、業務に支障がなければ「良好」とだけ書けばよいでしょう。

もし、休学の理由を説明しておきたい場合は、例文のようにカッコ書きで補足しておくとよいでしょう。 

業務の遂行に困難がありそうな疾患がある場合

業務の遂行に困難がありそうな疾患がある場合、その状態によっては一度就職活動を見直すことも検討しましょう。「ひどい頭痛が頻繁に起きて、立っていられない」「服用しなければならない薬の副作用で体がだるくて仕方がない」など、業務の遂行が困難な状態では、就職活動自体もなかなか難しいのではないでしょうか。

まずは疾患の治療に専念して、回復後に就職活動を再開することもできます。良好な健康状態でなければせっかく入社しても長く働くことは難しいでしょう。長い将来を見据えたときには体調を整え、良好な健康状態になるように治療に専念することも選択肢のひとつです。

しかし、金銭的な事情などで難しい場合もあるでしょう。その場合は今の自分の状態でも働ける業種や職種の仕事を選んで活動することも検討したほうがよいでしょう。 

 

「健康状態」はどの程度採用に影響するのか

履歴書の「健康状態」はどの程度採用に影響するのでしょうか。

企業が応募者の健康状態を知ろうとするのは、落とすのが目的ではなく、通常の業務に支障がないか、長く働いてもらえるかを判断するのが目的です。そのため、業務に支障がなければ、既往歴や持病で通院する必要があっても、それが大きく合否に影響するとは考えられません。

ただし、業種や職種によっては健康状態を重視する企業もあるでしょう。たとえば、肉体労働が必要な仕事の場合、健康状態は業務を遂行するうえで非常に大切な要素のひとつです。体力がなければ長時間仕事はできませんし、長く働いてもらえる可能性も低いでしょう。その場合、企業は健康状態を考慮して不採用とすることは当然と言えるでしょう。

いずれにせよ、履歴書の健康状態は正直に書くことです。本当は通院が必要なのに良好と書いてしまったら、入社後につらい思いをすることになるかもしれません。最悪は虚偽記載で内定取り消しや解雇になる可能性もないとは言い切れません。

履歴書の健康状態には、通常の業務に支障がないかを基準にして、支障がある場合、通院が必要な場合は正直に書くようにしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る