目次

内定辞退の期限を知ると就活が有利になる?

内定辞典の期限を正確に知っているだけで、就活を有利に進めることができるようになります。例えば、本命企業の採用スケジュールを把握した状態で、あえて受けてみた企業からの内定があったば、精神的な余裕を持っていることができます。

また、本命企業数社から内定をもらっているような状態でも「内定辞退をいつまにしてば良いか?」を知っているだけで、じっくりと考えられる時間を作るができます。

このように就活を有利に運び、悔いのない選択をするために「内定辞退はいつまでにしてばOKなのか?」は非常に重要です。

マナーを重視すべき?内定辞退はいつまで許される?

実は法律上、内定辞退は入社式の2週間前までであれば許されます。ただし、「新入社員のための準備が無駄になる」という点にも気を配っておきたいところです。

さらに、「入社式前までの内定辞退がマナー」と一般的には言われていますが、入社式直前ともなると企業はある程度の採用人数の見込みとして内定者をみなす企業も少なくありません。内定辞退の申し出が受理されにくい。または、受理されるまでかなりの交渉が必要になることもあると考えておいたほうが無難です。

「内定をもらった企業をキープしておきたい」という就活生の本音ばかりを優先させてしまうと、思わぬところで時間を浪費することも考えられます。では、企業の理解も得やすく、スムーズに内定辞退が受理されるのはいつまでなのでしょうか?

内定から一ヶ月以内の内定辞退が無難?

基本的に内定通知から一ヶ月以内が内定辞退をするタイミングとしては無難と言えます。もちろん就活の状況にもよりますが、「数社から内定をもらい、しっかりと吟味したい」という場合には一ヶ月以内に結論を出すというスケジュールを組みましょう。

また、「優先度の高い企業の選考結果が一ヶ月以上先にしか出ない」という場合には、正直に内定通知をくれた企業に相談するという選択肢もあります。もちろん選考に時間をかけてくれた企業であるため快諾とまではいかないかもしれませんが、「言いにくいことでも相談できる」という姿はマイナスに作用することはありません。「そんなに待てない」と言われるような場合には、もう一度優先度の高い企業と比較し、悔いのない選択をするための時間をもらいましょう。

入社承諾書や契約書を出したら辞退はできない?

内定通知後、各企業は「入社承諾書や契約書の回収」を行います。基本的にこの書面にサインや捺印をするという行為で、就活生側も入社に同意したという意思表示になります。

ただし、入社承諾書や契約書も法的な拘束はなく、企業の同意さえ得られれば解消することができますので提出してしまった以上、「絶対に入社しなくてはいけない」というわけではありません。提出後も企業との相談の上で、内定辞退をすることはできます。

しかし、「内定辞退はいつまでにすべきか?」という観点では、提出前の方が良いです。このような書面を提出した段階から新入社員のひとりとみなされることも少なくありませんので、内定辞退が難しくなるという認識をもつようにしましょう。

もし、「まだ悩んでいる」という状態にある場合には期限ぎりぎりまで提出しないせず、時間を確保した方が良いでしょう。提出期限についても相談し、延期してくれる企業も少なくありません。

ベストは即日。遅くとも5日以内に内定辞退を申し出よう

もし、「すでに辞退することは決まっている」という状態にある場合には、その日のうちに内定辞退の申し出をしてしまいましょう。どんなに忙しくても、5日以内に意向を伝えるようにしましょう。

また、「もう自分には関係ないから連絡しなくても良い」という考え方はタブーです。同じ業界内で悪い噂として広がる可能性が高く、就活を進める上で絶対に悪影響となりますので、必ず内定辞退の意向は伝えましょう。

それぞれの企業は内定辞退者が出た分、その人数を補うために新たに採用活動を行います。企業の人事担当者としては極力早めに新しいアクションを起こす必要があるため、内定辞退の申告は早いほうが助かるとも言えます。このような理由で、内定辞退をすることが決まっているのであれば、「いつまでにすべきか?」と悩まず、その日のうちがベストと言えるでしょう。

まとめ

それぞれの就活生が置かれている状況で、「いつまでに内定辞退をすべき?」という答えも違ってくると言えます。しかし、いずれも「せっかくもらった内定だからキープしておきたい」という本音だけでなく、企業の人事担当者の立場を考慮する必要があるという点では変わりありません。本当に悩んでしまい、時間が必要な場合にはまず相談してみましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る