目次

就活のスーツ、何色を選ぶべき?

近年、就職活動において最もポピュラーなカラーであり、男女問わず就活生に愛用されているのが、「黒色」のスーツになります。実業、企業側から見たときにも無難な色として映り、悪い印象を与えることは有りません。就活生としてして、まず一着持っている間違いは無理です。

今日のサラリーマンにとって真っ黒の無地のスーツというような、メリットとして通して、無駄な色である為、就活生まれ、企業側へ悪印象を与えることも有りませんが、強くデメリットを言うのであれば、今日のサラリーマンにとって真っ黒の無地のスーツとのはあまり着ることが無くもです。

そういう意味では没個性的な印象となってしまうことは否めず、通常の説明会などに足を運ぶ際には何ら問題有りませんが、周りとの差別化を図りたい際や、ここぞという時には、少し差別化で出来るような色の方が良いでしょう。

 

ネイビー

実は企業側への共感も得やすく、就職活動において最も好印象を得やすいのは、ネイビーのスーツです。大学のキャリアセンター等によっては、リクルートスーツは黒が基本、黒以外は失礼、というご意見を仰っているところも有りますが、何ら問題は有りません。

ネイビーのスーツは企業側の人事担当者にとっても、普段使いの色で慣れ親しんでいるカラーになりますし、見た目的にも周りと違って見えるものです。

常にネイビーを着ていく必要は有りませんが、バリエーションとして一つ抑えておくことで、ここぞという時に着ていけば、好印象間違いなしです。ぜひ、有効活用しましょう。

 

グレー

灰色のスーツは、勤勉さ、誠実さ、を示す色であり、業界で言えば、金融系などで好まれる色となります。カッチリした業界、企業へ受ける際には、オススメの色です。

ですが、グレーのスーツを購入する際には、就活用としてネイビーと同じく濃い色、ダークグレーのような色を選択するようにしましょう。昨今の就職活動では、グレーのスーツを着る方も増えてきたものの、とは言え、企業側の面接官世代では、就職活動は黒か濃紺が基本だ!と思っている方もいるかも知れません。

そういった目で見てくる面接官がいる可能性もゼロではないので、グレーを着る際もなるべく無難な濃い色にして、このようなことで揚げ足を取られないように気を付けましょう。

 

ストライブはあり?

ここまでスーツは黒、ネイビー、グレーが良く、しかも濃い色が望ましいということをお伝えしてきました。ですが、デザインとして無地が良いのか、それとも少し遊び心を加えてストライプも入れてよいか、ですが、答えは「無地が無難」です。

前述の通り、ストライプの入ったスーツというのは少し遊び心を感じさせるもので、入社後の中堅~上層部の社会人が着るのならまだしも、就職活動においてはメリットよりもデメリットの方が多いと言わざるを得ません。

と、ここまでデメリットについて書かせていただきましたが、ストライプスーツも全面否定されるべき物では有りません。

例えば、皆さんが金融業界、公共系、旧国営系などの、かなりカッチリした業界を受ける際に着ていくのであれば、自ら落ちに行くようなものですが、仮に志望している会社、業界が先進気鋭のいわゆるイケイケのベンチャー企業のようなところや、高いファッションセンスや感性が問われるようなアパレル業界を志望している方々は、ここぞというタイミングで着ていくことはプラスに働く可能性は有ります。

インターンシップなどでその企業の文化、雰囲気などを掴んでいる場合や、身近のOB・OG、知り合いで志望企業に勤務している人からドレスコードに関する方などは、ここぞというタイミングで着ていくことは、アリでしょう。

ですが、そういう知り合いも、情報も無く、なんとなくストライプで行ってみるか…くらいのジャッジで着てしまうのは危険な為、確証と覚悟を持った方以外は、やはり無地のスーツを着ていることが、就職活動においては無難なのです。

就活スーツ、何着用意すればいい?

2着はあったほうがいい!

さて、就職活動にスーツは何着有った方が良いかですが、最低でも2着持っておくことをオススメします。たしかに、就職活動の序盤であれば、一着でも何となく事足りるものですが、中盤から特に後半に入っていくと、平日は毎日スーツを着て就活、なんて場面が出てくることでしょう。

そんな際にスーツが一着だけですと、後述もしますが、服のクリーニング(しわ取り、汚れ取り、などなど)をしている期間は、着ていく服が無くなってしまうなんて状況に陥ってしまいます。

学生の皆さんの中には、自分はそんなことは絶対に嫌だから、それじゃあ5着、いや10着持っておこう!という方もいらっしゃるかも知れませんが、それは極端なので、そこまでする必要はありません。

リクルートスーツというのは、基本的に入社してから少しの間は使ってあまり着なくなってしまうのが通例で、せっかく多く何着も買っても、大して使わず押入れの中にずっとしまって有る、なんてことになったら勿体無いです。

 

スーツは常に2着、可能であればもう1、2着くらい、無地で無難な色のバリエーションを持っておくようにして、かつ常に清潔にスーツを保つことを心がけるようにしましょう。

 

夏用スーツは必要か?

最近の就職活動は以前より面接の解禁時期が伸びたことも有り、必然的に面接の時期が夏になってしまっている、という方も多いかと思います。就職活動の説明会は冬の前後などから始まっていて、その際は冬用のリクルートスーツを着て活動をされることになるかと思いますが、改めて夏用のスーツは購入しておく必要が有るのでしょうか。

答えは、「必要」です。費用的にかさむことも有る為、出費が厳しいと思われる方も少なくないと思いますが、そもそものビジネスマンのスーツマナーとして、スーツは夏用と冬用の両方を持っておくものです。皆さんも就活生とは言え、立派なビジネスマンになる為の登竜門に居る、とも置き換えられる為、ここはビジネスマナーを踏まえて夏用スーツを用意しておくことが無難です。

でも、気温30度を超える街中を、夏にスーツを着て歩き回るというのは地獄なのでは、と想像される方も少なくないと思いますが、最近の夏スーツというのは通気性および冷却性ともになかなかに快適です。さすがに室外では暑いかと思いますが、冷房の効いた室内に入れば、スーツを着ていることがそこまで不快に感じることはないでしょう。

あとは、説明会、面接までの移動中にはスーツを脱いで手に持っておき、志望企業の会場に入る直前にスーツを着るというスタイルにしておけば、体感温度は相当変わりますので、覚えておきましょう。(男性の方は、ネクタイを取っておくのもOKです)

就活スーツのトラブル対策

しわ

スーツを着ているとどうしても出来てしまうのが、「服のしわ」ですが、ある程度までは許容されるものの、著しくしわが有るスーツを着ていると、なかなか見苦しくなってしまいますので、注意です。

日頃のケアはどうするべきかと言うと、一番楽なのはクリーニングへ出すことですが、忙しい就活性の皆さんがご自分でやる場合で簡単に出来るのは、しわ取りスプレーです。しわの有るポイントへさっと吹きかけることで、簡単にしわが伸び、そして臭い対策にもなる為、ぜひご活用下さい。

 

日々の就職活動をしていると、天気の悪い時も出てくるものです。とは言え、自然現象なので致し方無いと割り切り、事前に対策をしておくことで、雨も乗り切ってしまいましょう。

日頃からバッグの中には折りたたみ傘を入れておくようにし、傘に付属しているタイプの袋だけでなく、一枚ビニール袋を持っておくとベターです。というのも、皆さんが持ち歩くバッグの中には履歴書、エントリーシートなどの大切な書類が入っているはずで、濡れた傘の水分が書類に付いてしまうと、台無しになってしまいますので、気を付けましょう。

 

シミ・食べこぼし

あまり想定したくは無いことかと思いますが、就職活動のOB・OG訪問時のランチなどのタイミングで食事を摂った時に、食べこぼしが服に付いてしまうということも想定出来るでしょう。

スーツならともかく、シャツなどに付いてしまうと、食材によっては汚れが取れにくくなってしまうことも有りますが、何はともあれウェットティッシュで一度綺麗に拭いておくことで、完璧とは言わないまでもそれなりに綺麗になるものです。

シミ、食べこぼし以外にも、何かを拭きとらなければいけない…という場面は就職活動において無きにしも有らずである為、そういった場面を想定してウェットティッシュを常備しておくようにしましょう。

選び方のポイント

値段

学生の皆さんの中には、「スーツって高いのでは、バイト代だけで払えるのかな」と心配している方もいらっしゃるかも知れませんがご安心下さい、昨今ではそこまで高い買い物では有りません。

某大手紳士服などで、2着で2万円という物も少なくありませんので、費用感的にはそこまで高いお買いものでは無いのです、ご安心下さい

 

サイズ

服のサイズ感ですが、きつ過ぎず、緩すぎず、ピッタリめが良いでしょう。ですが、就職活動は長期戦になりますので、季節の移り変わりもあることで、多少なりとも体形が変わることは想定できます。

その為、あまりにもキツキツのサイズ感は、もしかすると買い直さなければいけない、もしくは直しをしなければいけない、なんて事態にも陥りかねませんので、気を付けましょう。

 

ネクタイ

就職活動のネクタイはなるべく濃い色で、柄なども激しくは入っていないような、シックなデザインを選ぶように心がけましょう。

オススメとしては、例えばネイビーのスーツを着ていく時にはスーツの色と合わせてネクタイも青系の色にしてみたり、黒色のスーツを着ていく時には周りの就活生との対比で少々没個性的になってしまうことを気にされる方は、濃い赤、黄色ベースのネクタイを付けるのも良し、です。

着るときのポイント

ポケット

スーツを購入すると、左右の腰についているフタが付いたようなポケットが気になる方もいらっしゃるかと思いますが、これは「フラップ」と言います。これを外に出すか、中にしまうか、人によっては悩み所かも知れませんが、就職活動の際には中に入れておくことが基本的なマナーとなります。

こういった所を統一してスーツを着こなせていないと、だらしない印象を先方へ伝えてしまいかねませんので、気を付けましょう。

 

ベルトと靴の色を合わせる

就活スーツを購入する際に、必然的に靴とベルトも購入することになるかと思いますが、その際に例えば黒の革靴と茶色のベルト、とちぐはぐになってしまうことは見た目的にも良くない為、そうならないように気を付けましょう。

基本的には黒の革靴、ベルトがオーソドックスですが、バリエーションの一つとして濃い委茶色の靴、同系色(出来れば同じブランドが望ましいです)で固めるようにしましょう。

 

ボタンのかけ方

皆さんが就活用に購入されるスーツは基本的にシングルであると思いますが、その中でも2ボタンのタイプと、3ボタンのタイプが有るかと思います。

それぞれの正しい留め方を就活性はもちろん、実は社会人でも出来ていない方は少なく無いので、きっちりとマスターしておきましょう。まず、2ボタンは上のボタンだけを留めるようにして、3ボタンは真ん中だけ留めるようにしておきます。

そして、面接や説明会などで座席へ座る際にはボタンを外すようにし、また立ち上がる時にはボタンを留め直すようにしましょう。面倒臭いと思われる方も少なく無いとは思います。

ですが、どこで企業の社員、人事担当があなたのことを評価しているかは分かりませんので、マイナス要素を少しでも無くし、むしろプラスに第一印象を捉えてくれるよう、身だしなみには十分注意し、憧れの企業への第一歩を歩みだしましょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る