目次

就活中の男性の髪型のポイント

とにかく爽やかか清潔感を大切に

就活で、身だしなみは基本で、その間でも「髪型」は、就職活動では非常に重要な要素であると意識しておきましょう。身だしなみをきちんとしておいしいことは、アピール先の企業に対して「誠意」の現れであるからです。

では、どんなのにも点に留意して髪型をセッティングするばかり良いかなように、第一に「清潔感」です。清潔感の定義とは何と言えば、理想としては社会人の10人が見て10人が好印象を持つように、男性であらば「黒髪」「短髪」が前提になってくると考えました。

学生の皆さんの中には、染髪している、髪の毛を伸ばしている、そういう方も少なく無いとは思いますが、就職活動を始めるということは、社会人の一員として認められる作業とも置き換えられます。

志望する企業へ、まずは見た目から高評価を得るためにも、身だしなみは清潔に心がけましょう。

 

前髪は上げておでこを見せる

先ほど、髪形は黒髪で、「短髪」と申し上げましたが、短髪でも前髪はなるべく上げる、少なくともおでこを見せるように心がけましょう。先方からの第一印象に関わる話になりますが、同じ髪形でも前髪を上げている、下げているでは、前者はオープンに見えるものの、後者は少し身構えたような印象を与えてしまいます。

その為、前髪は上げておでこを見せることで、快活な印象を企業側の担当者へ与えることが出来ます。人によっては、髪の毛をワックスで立たせたい方や、普段はツンツンにしている方もいるかと思いますが、就職活動の際には控え、ナチュラルにしておくのが無難ですので、覚えておくようにしましょう。

 

襟足・耳回りは短めに

襟足は襟にかからないようにしておくのが良く、揉み上げも耳にかからないように短く切り揃えておくのが、就職活動においては無難です。

では、襟足にかからなければ良いなら、激しいツーブロックのようなヘアースタイルが良いかというと答えはNOで、誠実な印象を相手に与えることが難しくなることが有りますので、就職活動の際には控えるようにしましょう。

具体的にどのような髪形にすれば良いか分からないという方は、書店に行けば就活に関するヘアースタイルを掲載した本が有るかと思いますので、それを美容院、床屋に持っていき、髪形を整えておくようにしましょう。

これはNG!避けるべき髪型

ここまでは髪形のセッティングに必要なポイントをお伝えしてきましたが、ここからは就活生の方が陥ってしまいかねないNGパターンを、具体的に伝えていきましょう。

 

パーマやくせ毛風セット

皆さんの中には、生まれつき天然パーマの方や、お洒落で美容院などでパーマをかけていただいている方もいらっしゃるかと思いますが、就職活動においてはどちらも好ましくありません。

前者、後者ともに、髪形をセッティングする際にはくせを落とし、髪の毛が流れるようにセッティングをするようにしましょう。

なぜなら、皆さんがお会いする企業側の担当者は多くがその会社のエース級、ベテラン層であり、業界にも寄るとは思いますが、大多数は無難で清潔感の有る髪形にしていることが考えられます。

そういった方々から「清潔感が無いな」「なんか親近感が湧かない髪形だ」などと思われることは、せっかく良い面接内容であったとしても、最初の第一印象が足を引っ張ることは往々にしてあります。

相手に見た目で偏見を与えてしまい、せっかくの皆さんの中身まで偏見を与えないように、注意をするようにしましょう。

 

茶髪

これは皆さまもお察しかと思いますが、冒頭でもお伝えしたとおり髪形は黒髪にしておくのがセオリーです。現在、染髪している方は黒髪に戻し、さわやかに面接へ臨むようにしましょう。

ですが、皆さんの中には、例えば地毛が元々茶色の方などいらっしゃるかと思いますが、とは言え、いくら地毛でも、事情を知らない企業の人事担当者の方からファーストインプレッションが「この人、もしかして染髪しているかも…?」と思われてしまいますと損をしてしまいかねません。

そういう方は黒髪へ染髪をするのがマストでは有りませんが、例えば企業側から質問されたタイミングで地毛について軽く説明するなどのケアが必要で、そもそもそういったことがわずらわしければ、黒髪に染髪しておくのがベターです。

 

長すぎる髪型

こちらも皆さんならもうお分かりかと思いますが、男性で長すぎる髪の毛というのは、就職活動においてはそもそもNGです。

ファッション、軽音などで髪の毛を伸ばしている学生の方々は少なく有りませんが、アパレル系、ベンチャーなど、見た目も自由闊達を好むような業界で無いと、男性のロングヘアは就職活動において、足きりになる可能性が有ると、考えておいた方が良いでしょう。

上記の業界、業種をお考えの方以外は、就職活動には清潔な短髪で臨むように心がけましょう。

就活中におすすめの男性の髪型

最後に、これから就職活動を男性の皆さんにオススメの髪形をご紹介します。就職活動で髪形をセッティングする際に大事なのは、「自分をどういう風に相手へ演出したいか」を考えることです。

 

真面目にカッチリとした印象を与えたいのか、知的でスマートに見られたいのか、明朗快活で元気な印象を与えたいのか、第一志望群の企業に応じて髪形を考えていくのが無難な為、これらのことを意識してご覧下さい。

 

浅めのツーブロック

先ほど、ツーブロックはNGと書きましたが、それは極端なツーブロックの場合で有って、浅めのツーブロック、つまりあからさまに段差が出来ているような仕上がりになっていなければ、十分就職活動でも問題の無い髪形です。

むしろ、襟足、耳周りもスッキリして、そしておでこを見せるようなセットを出来れば、爽やかな印象を人事担当者へ与えることが出来るでしょう。

ただ普通の短髪と比べれば、少し周りとの差別化を図ることも出来る為、オススメのヘアースタイルの一つです。

 

ベリーショート

昭和、平成、と就職活動において最も無難でポピュラーな髪形が、ベリーショートです。この髪形であれば、国内だけでなく、万国共通どこの会社へ面接に行っても、悪印象を与えることが無いと言い切れます。

どういう髪形にしようか、と迷っている方がいれば、まずは無難にベリーショートにしてみるのはいかがでしょうか。

ワックスを普段お使いになられない方が、分量をちょっと誤って髪の毛に付けても、突拍子も無い髪形になることは有りません。特段こだわりが無ければオススメの髪形で、とりわけ金融系、公共系などカッチリとした業界にはオススメなので、そういった業界を志望する方はご参考下さい。

 

ソフトモヒカン

こちらも基本的にはベリーショートとそこまで変わらない髪形では有りますが、トップに少し長さを持ち、髪の毛を立たせるようにセッティングをするのが特徴です。

ソフトモヒカンは、相手へ活発で快活な印象を与えることが出来るので、例えば営業系の職種、会社を志望されている方は、第一印象を前向きに演出するのに効果的でしょう。

ですが、普段からワックスをあまりご利用されない方は、最初のセッティングがちょっと難しく感じるかも知れませんので、そういった方はまず美容院でお手本を見せてもらって、覚えていくのが良いでしょう。

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る