目次

インターン後にお礼メールは必要?

就職活動を取り組んでいる方の中には、インターンシップへ行く機会が出てくる方は少ししかないでしょう。

本当にインテルに行った会社へ、入社できるか、出来ないか、そもそもそうでないかどうかはさておき、礼儀としてお礼メールを送るようにそれは必須であり、すごい期間に関わらず、インテル当日にお世話になった担当者に対してはメールを送るようにしましょう。

お礼メールを送るタイミングは? 

で、いつメールを送るのが良いかと思い、当日の夜か、遅くても次の日までは、送っているようにしましょう。

企業の人事担当者は、採用業務に留まらず、さまざまな業務へ従事していることが考えられる為、なるべく先方が皆さんに対して記憶が新鮮な内に一筆お礼を送っておくことが、就活戦略的にも、礼儀作法的にも無難と言えます。

ぜひ、なるべく早めに先方へメールを送れるように心がけておくこととしましょう。

お礼メールの内容は?

メールを書くとなったものの、ではどんな内容を書けば良いのか、と思う方もいらっしゃるかと思います。たしかに、インターン終わりにはきちんとメールを送るケアも大事ではありますが、ただ漫然と中身の無いメールを送るのも、先方に対して失礼です。

インターンの内容に絡めて、きちんと先方へ気持ちを伝えることが重要な為、まずそこを前提に伝えるようにしましょう。

 

感謝の気持ち

まずは、先方へ感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。具体的には、「インターンシップの際には大変お世話になり、誠にありがとうございます」のようなことを、メール本文に盛り込むようにしましょう。

そして、お礼の気持ちを伝えるのも大事ですが、具体的なエピソードも伝えることで、より感謝の気持ちが伝えられる為、意識するようにしましょう。

 

‐インターンで学んだこと

インターンシップの期間は1日から数か月のものと、期間は様々では有りますが、皆さんによって学ぶことは必ず有るでしょう。そういった学びを素直な気持ちで伝えることが、企業側に対しての誠意になりますし、皆さんの評価を上げることとなります

 

一通のメールにつき、最低1~2つは軽くエピソードも交えた学びを書くようにし、先方にとっても皆さんとインターンシップをやれて良かったな、という印象を与えられるようにしましょう。

 

インターンでのエピソード

では、具体的なエピソードとは、どのような話題を書けば良いかですが、多くのインターンシップでは、期間中にグループワークや、プレゼンなどを実施する機会が有るかと思います。

そういった取り組みは、先方にとって、皆さんにとっても、インターン中のシンボリックな出来事として、記憶に新しいでしょう。そういったイベントの中からトピックスを選び、なるべく共感を得られるような自身の学びを書くようにしましょう。

 

企業側も業務とは言え、インターンシップ中は皆さんとどう向き合うか、真剣に考えています。会社・業種にも寄りますが、全体傾向として新卒採用において評価されるのは、業務能力だけでなく、人間性も評価されます。

採用後は、皆さんと一緒に働く可能性も大いに有る為、人として好印象を持ってもらうことは、内定が近づくと言っても過言では有りません。媚びるわけではなく、誠意を持って相手と接していくことで、自然と皆さんの評価は上がっていきます。

 

企業への印象・思いの変化

インターンを通して、その企業の魅力的な点、会社的な課題と感じた点、色々な感想が皆さんの中に生まれてくることでしょう。

基本的にはお礼のメールなので、魅力と思ったことを正直に伝えることがベターです。インターンを通して、志望度がより上がったような印象を伝えてあげることは、企業側の人事担当者も決して悪い気はしません。

とは言え、ほめ過ぎるのも不自然なので、サラッとスマートにコメントをしておくぐらいに留めておきましょう。

お礼メールのポイント

件名は簡潔に

就職活動の時期は、企業の人事担当者は大変多忙な生活を送っていることが想定される為、皆さんのメールが目に留まるよう、件名は「15字前後」で分かりやすく伝わる内容にしましょう。

例えば、インターンのお礼に関して、企業側へメールをする場合は「インターンシップ参加のお礼」と送れば、一見して用件が分かります。

伝わりやすい書き方を意識し、相手が読もうと思わせられるような件名の書き方を意識しましょう。

 

一番伝えたいことは前半に

巷でもよく「結論は最初に」なんて言われますが、メールでも同じです。伝えたいことは前半に書き、何を言いたいかを最初にハッキリさせておきましょう。

結論が後の方に書いてあると、読む気力が失せてしまうことは往々にして有る為、「結論→その説明」という流れでメール本文を構成しましょう。

 

内容は簡潔にまとめる

上記までに書いてあることを網羅しておけば、もう就活メールの書き方はほとんど問題有りませんが、文章量が多すぎるのも考えものです。

署名を除いて、文章量は300~400字くらいで収まるよう、書くことを心がけましょう。そして、改行もキッチリして、句読点も頻繁に使うようにし、文章を見やすくするよう工夫うしましょう。

お礼メールの例文

最後に、お礼メールの例文を参考までに載せておきます。下記のメールを内容だけ変えて使っても構いませんが、出来ればどんな構成で書かれているかを考え、なるべくゼロベースでメールを作れるようにしておきましょう。

 

◆例文①

[件名] インターンシップ参加のお礼

 

○○株式会社 ○○部 ○○様

 

○○大学○○学部○○学科の○○○○です。

 

インターンシップでお世話になった○○です。

 

今回のインターンシップでは、大変お世話になりました。

 

○○にて、○○様から伺った企業理念のお話は、貴社への志望理由を

深めるにあたって、大変有意義なものでした。

 

この度のインターンシップを通じて、貴社の考え方に触れながら、様々な業務を

経験させていただいたことで、成長をすることができたと感じております。

 

お陰様で貴重な体験をさせていただき、本当に感謝しております。

 

取り急ぎメールでもお礼の言葉を伝えたく、ご連絡いたしました。

 

この度はご指導ご鞭撻いただき、誠にありがとうございました。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

=============================================

○○ ○○(氏名)

○○大学○○学部○○学科

 

〒○○○○-○○○

東京都○○区○○○丁目○番○号

電話:○○-○○○○-○○○○

携帯:○○○-○○○○-○○○○

Mail:○○○○○@○○○.ac.jp

=============================================

 

◆例文②

[件名]インターンシップ参加のお礼【○○大学 ○○○○】

 

○○株式会社 ○○部 ○○様

 

○○大学○○学部○○学科の○○○○です。

 

貴社のインターンシップに参加した、○○大学の○○です。

 

先日はお忙しい中、インターンシップにてご指導をいただき、

誠にありがとうございます。

 

幼い頃から興味と関心を抱いていた、貴社のインターンシップという

ことも有り、 大変緊張もありました。

 

ですが、○○様を含む社員の皆さまの温かいご指導によって、今後の

キャリアビジョンを考えるうえで重要な「働くとは何か」を考える

ことができました。

 

仕事のノウハウだけではなく、社会人の先輩としてさまざまなアドバイスを

していただいたことに 大変感謝をしております。

 

今後の就職活動において、このインターンシップで培った経験を活かせるよう、

精一杯取り組んで参りたい所存です。

 

末筆ながら貴社のなお一層のご繁栄と、皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

=============================================

○○ ○○(氏名)

○○大学○○学部○○学科

 

〒○○○○-○○○

東京都○○区○○○丁目○番○号

電話:○○-○○○○-○○○○

携帯:○○○-○○○○-○○○○

Mail:○○○○○@○○○.ac.jp

=============================================

【インターン・エントリー会】エントリーシートの書き方から企業選び、応募までを徹底サポート!

リービング長期インターン紹介ページ

インターンをする学生は、年々増えています。あなたにオススメのインターン先を、数々のインターンを知り尽くしたリービングのメンターがご紹介します。

リービング長期インターン紹介

関連するインターンコラムコラム一覧を見る